« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

青画面の結末

どうもここ数日、メインPCがやたら青画面(BAD_POOL_CALLERが多い)で落ちてたんですよ。
特に『空の軌跡SC』起動中に良く青画面に陥るので、てっきりそれが原因なのかと思っていたんですが、今日ついに決定的な原因を見つけました。
それは、Real Playerの自動アップデートが動き、Outpostが接続の可否を聞くダイアログを開いてきた時です。
「許可」を選び「OK」を押したその瞬間!

見事に青画面(´・ω・`)

しかもメインPCだけではなくサブPCにも同じことが起き、これは何かあるなぁとネットで調べてみると、どうやらOutpostの青画面はある種の病気みたいなもので、昔から一向に改善されないものであるとの情報を得ました。
もっとも、問題なく動作している環境もあるので、Outpostをインストした環境にもよるんでしょうけどね。
どちらにせよ、ウチのPCの環境には不適合確定です。
そこで早速この地雷を撤去し、別のFWをインストすることにしました。
フリーのFWではJeticoが良いとのことですが設定にかなり手間取る(メンドイらしい)らしく、そういうのが嫌いな私はZoneAlarm一択です(笑)
ZoneAlarmにしてから、今のところ青画面は発生していません。
Avast!4との相性問題もなさげですし、しばらくこのまま様子見ですね。
これでもダメなら、大人しくノートン先生2006買いますorz

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

ミクラスまで出た(笑)

『ウルトラマンメビウス』のOPの終わり部分で、「○○怪獣××登場」って出る部分でめっちゃ懐かしさを感じるのは私だけですか?(笑)
昔のウルトラマンってそうだったもんね。
そういえば、平成ウルトラマン(?)が総じてそうなのかも知れないけど、歴代ウルトラマンがちょくちょく出てくるんスね。
メビウスにも父母は元より、初代(新マン=ジャックかな?)、エース、タロウ、レオ、アストラあたりも顔を出していたしね。
とは言っても、私が見たのはプロローグのちょい役だったけど(笑)
あ、でも、劇場版『メビウス』には、普通にセブンとか出るっぽいですね。
同じく昭和から続く特撮モノとして仮面ライダーがありますが、こっちは世界観が毎回違い、今や歴代ライダーが一同に揃うことはありません。
まあ、『仮面ライダー(スカイライダー)』の時に、ラスボスを倒すために歴代ライダー全員が散ってるわけだし、揃うはずがないんですけどね(汗)
毎回違う世界観で展開する平成仮面ライダーと対極を成すのが、初代からの流れを汲み続ける平成ウルトラマン(って言うのかな?)ってとこでしょうか?

私のように、東映マンガまつりをリアルタイムで見ていた人間には、歴代ヒーローが一同に集結するのってワクワクします(笑)
実際、昔はそういうアニメや特撮が多かったんですよ。
マジンガーZとデビルマンが共闘したり、グレートマジンガー・ゲッターロボ・グレンダイザーが同じ世界に存在したり、歴代ライダーが集結して強大な敵に立ち向かったり、そういう作品を映画館で散々観ました。
だからかな?
今のウルトラマンって、妙に惹き付けられるものがあるんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

(今頃)『空の軌跡SC』はじめました

実はこれ、発売日に買ったっきりインストすらせず放置だったんですよ(笑)
せっかくFC(ファーストチャプター、つまり前作ね)のクリアデータもあることだし、このGWに一気に進めてしまおうと思ったわけです。

が!

戦闘シーンで出るわ出るわ青画面!
序章だけで既に4回(笑)
こまめにセーブしろってことですかい?
そんな、Excelじゃないんだから・・・
(Excelってすぐエラー吐いて落ちるんですよ。完成間近の仕様書が消えたり、4時間分の作業が水の泡になったりと泣かされています)
どうもATiのドライバが悪いっぽいんですが・・・
後でファルコムのHPに行って、修正パッチがあるか見てみよっと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ノートン先生の更新期限が過ぎちゃったので

新たにノートン先生2006版を買いま・・・せんでした!
というのは、今回からフリーソフトのアンチウィルスソフトとファイヤウォールを入れたからです。
インストしたアンチウィルスソフトは『Avast!4』、ファイヤウォールは『Outpost』と言います。
『Avast!4』は、市販品のようなタスクスケジューラ機能はありませんが、リアルタイムスキャン機能も搭載しており、しかもスクリーンセーバー作動中にスキャンをしてくれる機能や、定義ファイルのアップデートも自動でやってくれるというスグレモノ。
『Outpost』はフリーでは定番ソフトらしいので、言うまでもなしってとこですか。
ただこの二つには変な相性問題があり、『Avast!4』→『Outpost』の順でインストールすると、何故かネット(外部もローカルも)に繋がらなくなるんですよ。
しかも、『Outpost』→『Avast!4』の順でインストールすると、その問題が発生しないというオチ付き(笑)
ノートン先生の重さがイヤ~ンな人、無駄な機能満載で数千円もするウィルス対策はちょっとという人。
一度使ってみてちょ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

S-AFCのお話

前回の日記では、S-AFCの簡単な仕組みまで説明(なのか?)しました。
今回は、実際にS-AFCを使って燃調を取る方法を書くことにします。

ぶっちゃけ、A/F計がないと無理です。

いや、冗談抜きで本当の話(笑)
というのは、本当にベストな燃調を取るためには、”勘”ではダメなんです。
空燃比が最もバランス良いのは、14.7(これを理論空燃比と言います)とされています。
要は、この数値に近ければ近いほど良いわけですが、この数字を計測するのはA/F計が必要なんです。
そしてこのA/F計が高いこと高いこと。
簡易的な方法として、排気温度計を使う方法(ターボ車なら800~900度以内にするように)もありますが、これまたメーターだけでなくエキマニにタップ穴を開けたり溶接したりでお金が掛かっちゃう。
じゃあ私には無理じゃん!って話になるんですが、そこはそれ、実際に走行してセッティングしちゃえばいいんです。
つまり、実際に走行してみてアクセルのツキが良いセッティングにすれば、それは理論空燃比に近いと言えるわけですね。
幸いにもS-AFCには、基本となるセッティングデータがアペックスのHPにある・・・ある?・・・ないじゃん!
スズキの車というか、各社の軽全てにおいてセッティングデータがナッシング・・・
つまり一から自分でやれと?

・゜・(ノ∀`)・゜・

ま、でも、そんなに悲観的になることはありません。
何故かというと、わはー号を含めエンジンECUの空燃比算出に圧力センサを用いる車は、エアクリーナーやマフラーを交換しても一般的に燃調を取り直す必要がないからです。
理由を説明し出すと長くなるから省いて、つまりS-AFCの基本セッティングデータは、ALL0でOKなわけです。
ここから1%ずつ上げ下げして、アクセルのツキが良いセッティングを見つければいいんです。
ここでのポイントは、「燃料を濃くするとトルクが上がる。燃料を薄くするとパワーが上がる」です。
よって、低回転時は燃料を濃くする方に、中高回転は燃料を薄くする方にすると良いでしょう。
でも濃くし過ぎれば被って余計にもたつくし、薄くし過ぎればノッキング(車がガコガコ言うメカニカルノックではないです)が起こり、最悪エンジンを壊しかねないので、その辺の微妙なさじ加減でのセッティングになりますけどね

で、今まさにセッティングの最中ナリ~。
その内、わはー号のS-AFCセッティングデータを掲載してみようかと思っておりやす。

| | コメント (17) | トラックバック (0)
|

S-AFCとエアロミラー買っちゃった

【S-AFC】

チューニングパーツメーカーで有名なアペックスから発売されている、エアフローコンバータです。
エアフローコンバータって何ぞやを説明する前に、自動車が走る原理から説明しましょう。
自動車というのは、エアクリーナーから吸い込んだ空気とインジェクター(キャブレターの場合もアリ)から噴射されたガソリンを混合気にし、それをエンジン内に送り込んでプラグの火花で爆発させ、その爆発力を使い直線運動(ピストン)を回転運動(クランク)に換え、その回転運動が車軸を伝わってタイヤを回して走る、こういう原理になっています。
ここで、インジェクターから噴射されるガソリン量は、自動車の中枢を司るエンジンECUにより制御されるのですが、基本的にその量はエンジンECUに書き込まれた「燃調マップ」の設定に基づいて「この回転数の時はこのガソリン噴射量」と言った具合に決められ、その数字は書き換えることができません。
この数字は、あくまでも純正装着部品をベースに決められています。
ここで、エアクリーナーを吸気抵抗の少ない通称キノコ型に換えたとします。
吸気抵抗が少ない訳ですから、吸い込む空気の量が増加します。
しかしエンジンECU側では「この回転数の時はこのガソリン噴射量」と決めつけていますので、空気量が増加してもインジェクターから噴射されるガソリンの量は変わらず、結果的に「薄い混合気」となってしまいます。
ガソリン密度が薄い混合気はパワーダウンを引き起こすだけではなく、ノッキング(メカニカルノックではない)などを引き起こす原因にもなります。

ここで登場するのが、エアフローコンバータ。
これは、エンジンECUでは補えきれない、こういったガソリン噴射量の補正を行ってしまう装置なのです。
しくみを簡単に書くと、

  [エアフロ] 今の空気量は○○だぜ
    ↓
  [S-AFC] ちょwwwおまwwwww◎◎だってwwwww
    ↓
  [エンジンECU] 空気量◎◎だから噴射量△△だぜ
    ↓
  [インジェクター] △△で噴射~

とまあ、アバウトに書くとこんな感じです。
基本的にエンジンECU内のデータは安全マージンを取っているので、エアクリーナーを交換した程度ではガソリンの量が薄くなり過ぎることはほぼありません。
ただ、それはあくまでもエンジンECUのマージンに頼っているだけであり、本来必要とされるガソリン濃度とは違うのです。
ベストはエンジンECU内の燃調マップを書き換える(もしくはスポーツECUに換える)ことなんですが、ECUチューンって例外なく高価です。
大抵10万以上掛かります。
エアクリーナー、マフラー交換程度のチューンで、わざわざエンジンECUを書き換えるなんて愚の骨頂!
ってことで、燃調補正を安価に行ってしまおうというのが、この『S-AFC』なのです。
ちなみにこの『S-AFC』、最新バージョンの『S-AFC II』を新品で買うと30000円↑するのですが、今回ヤフオクで一世代前のを12600円にて購入しました。
『S-AFC II』よりこっちの方がデザイン的にも好きなので、余は満足♪

【エアロミラー】

芹香号に乗っていた頃から、ある意味夢だったパーツです(笑)
芹香号の頃は、着座位置などの関係で鏡面が少しでも大きい方が良かったのであえてエアロミラーを付けませんでしたが、わはー号は芹香号に比べて着座位置が高い(レカロ装備)だけではなく、軽であることの車体の小ささから後方視界が多少犠牲になっても大丈夫という状況なので、今回購入に踏み切りました。
此方もヤフオクで購入。
電動リモコン式で15800円なり。

【今後の改造計画】

・88Hours製 LOUD HIDキット(4500K)
・TAKE OFF製フロントバンパー
・15インチホイール&165/45R15タイヤ
・社外ショック&サス
・HKS製 ブローオフバルブ
・アペックス製 AVC-R(ブーストコントローラ)

※ いぢらないいぢらない言っておいて、絶好調にいぢってるやん自分(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

泣いて泣いてまた泣いて

りんが急にギルドを脱退した。
理由はわからない。
ケンカしたわけでもない、怒らせたわけでもない。
しかし、一つだけはっきりわかっていることはある。

「(ROが)もうできないの」

彼女が3日ぶりにログインし、私に突きつけたその現実。
それだけは、はっきりとわかっている。
後になって、彼女と親しいギルメンから、彼女が今の会社を辞めることを聞いた。
それこそが原因の一つであり、全てなんだろう。

彼女は、私にわざと嫌われるような態度を取っていた。
ログオフしようと思えばいつでもログオフできたのに、まるで私から嫌われるのを待つかのように私の話を聞き続けた。
それでも諦めない私に、彼女はギルド脱退という行動を取った。
そして、私の「話にならないね」と言う言葉を待っていたかのように、ログオフした。

悔しかった。
彼女を引き止められなかった自分が。
彼女を一人で悩ませていた自分が。
そして、彼女のことをもっと考えてあげられなかった自分が。
泣いた。
涙が枯れるほど泣いた。
今までの人生で、こんなにも泣いたことは無かった。
父と母が離婚した時も、祖父や祖母が他界した時も、これほどまでに泣いたことは無かった。
悔しい、辛い、苦しい、寂しい。
そう言った感情が一気に押し寄せて来て、一晩明けた次の日も泣いていた。

彼女の名前は、もうギルドメンバーリストには無い。
しかし、結婚指輪はまだある。
友だちリストに彼女の名前はまだある。
彼女と撮ったスクリーンショットと共に、彼女との思い出はまだある。
私は諦めない。
彼女が戻ってきてくれることを信じている。
私にとってのりんは、ROなんてちっぽけ世界では収まりきらないほど、大きな存在なのだから。
必ず、彼女を呼び戻す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

抜歯・ザ・ブラックナイト

私、実はこれまで歯医者で抜歯したことがありません。
正しくは「永久歯になってから」かな?
なので歯医者で抜歯することに対する恐怖は未知数です。
そして私が抱く恐怖は、他の人から聞いた知識によって形作られています。

実は数日前から、右上の親不知が痛み出しました。
まさに虫歯ですね。
とは言え突然虫歯になったわけではなく、数年前にこの親不知の一部がボロっと崩れ落ち、それからどんどんボロボロになって行くのを放置していたわけなので、いつかはこうなるだろうことは予想出来たことなんですけどね(笑)
まあそんなわけで、夜中に起こされるほどの痛みになって来たので、いよいよこれは限界だと思い歯医者に行ったんですよ。
神経抜いて埋めれば済むんだろうなって考えつつ(それすら未知数の恐怖(笑))、診察台の上で聞いた先生の言葉は、

「大分進んでますね。よし、取りましょう」

取る?(*´∀`)
一抹の不安を抱えつつ、私は「親不知をですか?」と聞いてみると、

「そうです」

Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)

いかん!
一番恐れていた言葉が!
やばい!やばすぎる!
どうする俺!?どうするよ!?
とまあジタバタしたところでもう遅いわけで、心の中で「チビ人間、とっとと抜きやがれですぅ」と強がってみる私(笑)

『これは、3X歳にして初めて抜歯の恐怖を味わった一人の男の物語である』

◎一回目の麻酔

正直、恐怖のために何がどうしてどうなったのか憶えていません(笑)
何やら口の中(親不知の近くの頬の裏あたり)に機械っぽいものを押し付けられて、それが終わったら感覚がマヒしていた、そんな感じです。
頬の裏あたりがマヒしているから、口をだらしなく開けているような変な感覚が(笑)

◎レントゲン

「教えつつでもいいですか?」
はて?なんのことでしょうね?
その答は、新人スタッフにレントゲン装置の操作を教えつつと言うことでした。
あ~でもないこ~でもないと先輩(?)に教わりながら、慣れない手つきで装置を操作する新人さん。
なんでもいいけどさ、ただでさえ恐怖と戦っているんだから、変に時間を掛けないでちょ~だい(笑)
「それでは撮影します」
ウイ~~~~~ン・・・
うはwww何このウルトラサイバーマシンwwwww
ウイ~~~~~ン・・・
顔の周りを回転してるwwwww
ウイ~~~~~ン・・・
いかん。鏡に映る私の顔が、レントゲン装置のあまりの格好良さに喜んでいる(笑)

◎二回目の麻酔

歯茎二ヶ所に注射されました。
いや、されたんだと思う。
見事なまでに、一回目の麻酔でラリホー状態に陥ってますね(笑)

◎抜歯

診察台の上で、麻酔が効いているとは言え痛かったらイヤだなぁとガクブルの私。
「ガリガリ言って変な感じだけど、我慢してね」
ガリガリ?
幼少の記憶では、ペンチみたいなもので引っこ抜くイメージgぎゃああああああああ!!
痛くはない!!痛くはないけどっ!!
何この、歯に固い何かを引っかけて、そのままぐいぐい押し上げられるような感覚わ!!
いや違う!!
無理矢理「歯を崩している」ような感じだ!!
つか、ガリガリゴリゴリが脳にまで響く(笑)
何が起こってるーーーー!?
「あがっ!」
思わず声に出す私。
「痛いですか?」
「ひえ(訳:いえ)」
ガリガリ・・・ゴリゴリ・・・
「あがっ!」
「痛いですか?」
「ひえ(訳:いえ)」
ん?ガリガリゴリゴリがしなくなった。
「これしばらく噛んでいて下さい」
んん?
「抜きましたんでね」
んんん?
噂ではめちゃくちゃ痛いと聞いていたのに、全然イタクナイーイ。

◎お会計

多分そうなるとは思っていました。
ガーゼを噛んでいる間、そのガーゼに舌が触るたびに「オェ」(笑)
いっそガーゼを取ってしまいたいけど「オェ」(笑)
「○西さん」
「はーい、オェ」(笑)
オェオェ言ってたからすっかり涙目の私。
会計に居たスタッフには、こいついい歳して泣いてやがるwwwwって思われたかも。

◎2時間後

麻酔切れたらきっと激痛が襲ってくるとばかり思っていたんですが、全然そんなことは無かったです。
まあでも歯を抜いたんですから、全く痛くないと言えば嘘になりますけどね。
でも普通にしていれば痛みは殆どないですし、その日の内にご飯もスナック菓子も食べられました。
なんだ~、この程度なら怖くもなんともないわ~♪

「次回、左上の親不知も抜いてしまいましょう」

Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)

新しい虫歯が見付かったぜ_| ̄|○

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »