« 新しい生活のはじまり | トップページ | ご当地チェック »

アカウントハック

今朝のことだ。
目覚ましの音で目が覚め、そのまま朝のまどろみを満喫しつつボケーっとしていると、昨晩から繋ぎっぱだったROからチャット入室音が聞こえた。
入室して来たのはギルメン(仮にAとする)の一人。
こんな時間からご苦労様だなぁと思いつつ、Aが何を書くのか静観していると、

「ますたー大変です」

何が大変なんだろう?

「アイテムを全部盗まれました」

はあああああっ!?
何ですってええええっ!?
Aの話によれば、こうだ。

 ・Aは昨晩、いつものように寝露店を出した。
 ・今朝起きると、「同一IDでのログインがありました」とのメッセージ
 ・不審に思ってログインしてみると、装備中のものから倉庫のものまでごっそり・・・

+9ハイレベルサンダルも、転売用アイテムも、倉庫のカードも、所持していたゼニーも、その資産のほぼ全てが奪われたらしい。
Aは感情を見せないタイプなので、そんな状態でも怒りや悔しさを表には出さなかった。
しかし、やりきれない感情に支配されていることは確実だろう。
Aが心に負った傷の大きさは、そういった被害を受けたことのない私には判りかねるものだろう。
私がAに対して何をしてあげられるかはわからないが、出来る限り力になろうと思う。
ギルマスとしてではなく、ROの友人としてだ。
Aが”引退”を考えなければ良いのだが・・・

明らかに悪意としか受け取れないこういったアカウントハックも、ガンホーは注意を呼び掛けるだけで具体的な対策も保障もしない。
本来であればこれは立派な犯罪行為に値するのであるから、管理会社も断固たる態度で臨むべきなのである。
しかしガンホーは動かない。
Aにはガンホーへ被害報告をするよう指示しておいたが、今回の件も、恐らく「ゲーム内のアイテムやゼニーは保障しません。防衛は各自で行うように」で済まされてしまうだろう。
そういう管理会社としての責任感の薄さこそが、BOTを始めとするこういった犯罪を野放しにしてしまっているのだ。
アカウントハックをした奴の罪は重い。
しかし、管理会社であるガンホーの罪はもっと重いのだ。

|
|

« 新しい生活のはじまり | トップページ | ご当地チェック »

Ragnarok Online」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109943/10414235

この記事へのトラックバック一覧です: アカウントハック:

« 新しい生活のはじまり | トップページ | ご当地チェック »