« 「ぱんつはいてない」のあの人か! | トップページ | 忘年会とか »

ノロさん

昨日の昼頃。
部屋でゴロゴロしてると、突然胃のあたりに変な痛みが走り、立っていられない状態に陥りました。
しばらく横になっても胃のあたりの痛みは消えず、痛みどころか今度は吐き気が。
こりゃ食中毒かも知れない、と胃腸薬を飲んで布団で寝ていると、今度は悪寒と発熱が。
私は過去に一度、こういう症状に陥ったことがあり、その時は刈谷から豊橋までフラフラしながら帰ったもんです。
今回は幸い家の中ということで助かったわけですが・・・
で、メル友が「ノロじゃないの?」とか言い出すもんだから、ちょっとノロウィルスのことを調べて見ました。
(以下、ノロウィルスWikipediaより)

【症状】

嘔吐・下痢・発熱を主たる症状とする。

症状の始まりは突発的に起こることが多く、夜に床につくと突然腹の底からこみ上げてくるような感触と吐き気を催し、吐いてしまうことが多い。それも一度で終わらず何度も激しい吐き気が起り、吐くためにトイレのそばを離れられないほどである。無理に横になろうとしても気持ち悪くて横になれず、吐き気が治まった後は、急激且つ激しい悪寒が続き、さらに発熱を伴うこともある。これらの症状は通常、1、2日で治癒し、後遺症が残ることもない。ただし、免疫力の低下した老人や乳幼児では長引くことがあり、死亡した例(吐いたものを喉に詰まらせることによる窒息、誤嚥性肺炎による死亡転帰)も報告されている。

また感染しても発症しないまま終わる場合(不顕性感染)や、風邪と同様の症状が現れるのみの場合もある。よく、「嘔吐、下痢、腹痛を伴う風邪」という表現があるが、それはノロウイルスなどによる感染症である可能性も低くなく(エンテロウイルス等の他の原因もある)、単なる風邪ではない場合がある。ただし、これらの人でもウイルスによる感染は成立しており、糞便中にはウイルス粒子が排出されている。

うはwwwまんまそれぢゃんwww
しかも、

【感染型食中毒】

ノロウイルスによる食中毒は、カキやアサリ、シジミなどの二枚貝によるものが最も多いと言われてきた。日本では主として秋から冬場に発症する例が多いが、これは、カキを生食する機会が冬場が多いからではないかと考えられている。

ノロウイルスは貝類自体には感染しないと考えられている。すなわち、これらの貝の体内でノロウイルスが直接に増殖することはないとされる。しかしこれらの貝では消化器官、特に食物の細胞内消化を行う中腸腺に、生物濃縮によって海水中から濾過摂食されたノロウイルスが蓄積することが知られており、このことが食中毒の原因だと考えられている。

しかし、ノロウイルスの原因食材がカキと特定される割合は年々低下しており、2006年後半にはカキが食材と特定された集団食中毒は発生しなかった。原因不明、カキ以外の食材、あるいは感染性胃腸炎であることが圧倒的である。二枚貝に蓄積したウイルスの知識が浸透し、その対策もとられたことによると考えられる。

元々私って貝類が全くダメなので、アサリやカキからの感染はありえない・・・と思ったんですが、実は木曜日の忘年会ではお好み焼きの具にアサリが、金曜日の忘年会ではしょっつる鍋に貝類が、それぞれ入っていたんですよ。
特にお好み焼き屋では「まだ生焼けだぞ?」なことがありまして、感染経路はその辺りではないかと・・・
それまでに食したものと一緒に胃腸薬を戻したあと、風邪だと思って風邪薬飲んだけど、とんだお門違いかも。

で。
吐き気と胃痛は消えたものの、未だに熱っぽくてやっとれん私がここに・・・
うー・・・しんどい・・・

|
|

« 「ぱんつはいてない」のあの人か! | トップページ | 忘年会とか »

雑談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109943/17450076

この記事へのトラックバック一覧です: ノロさん:

« 「ぱんつはいてない」のあの人か! | トップページ | 忘年会とか »