« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

色々雑記

【Logicool MX1100】

http://www.logicool.co.jp/index.cfm/mice_pointers/mice/devices/4676&cl=jp,ja


現在、自宅でMX5500およびMX-R、会社でMX5500を常用している私ですが、やはりMX1000の後継たるこのマウスは非常に気になる存在です。
で、店頭で実際に触ってみました。
MX1000同様、日本人の手には少し大きめとも言えるサイズなのに、使っている内に何故かしっくりくるあたりはMX1000譲りでしょうね。
今やロジの十八番とも言える「ギュイーーン」ホイールも健在。
言うなれば、「MX1000の感触」に「MX-Rの感覚」が融合された感じ?
MX1000を過去の神マウス、MX-Rを現在の神マウスとする私にしてみれば、こいつぁは至高の一台になるかも知れないぜよ。
あえて難点を挙げるとするなら、MX1000とMX-Rを足して2で割ったようなデザイン。
特にマウスのクリックボタンの所。もうちょっと何とかならなかったのかなぁ。
あとはBluetoothじゃないことかな?
この辺りが購入を躊躇させています。
うーん・・・買おうかやめようか・・・

MX5500とかMX-Rとか常用してるのに、あえて新しくマウスを購入する必要はないだろって話もありますががが(笑)


【今更ですが、X40にBluetoothを内蔵しました】

数日前。
最も到着に時間の掛かったLCONプレートの本体への貼り付けを以て、我が家のX40 Bluetooth内蔵計画は、無事完了しました。
Bluetoothがオプション設定されていない日本国内仕様のX40のくせに、Bluetoothの動作ランプが点灯している様を見ると、何故かめちゃくちゃ嬉しくなりますね(笑)
これで、EM・ONEαをX40のBluetoothモデムとして使うことも、X40にBluetoothヘッドセットを接続することも、さらにはW54TとBluetoothでファイル転送することも可能になりました。
次なる野望は、Bluetooth GPSレシーバー。
これ買ってGoogleマップで遊ぶねん!
Bluetooth GPSレシーバーはEM・ONEαでも使えるしね!

さて。
今回Bluetoothアンテナを搭載するため、X40をある程度バラバラにしました。
バラしたと言ってもキーボード、上部ケース、液晶パネルを外した程度で、キーボードはネジ6個外してコネクタを外すだけだし、上部ケースもネジ5個とコネクタ2個外すだけだし、液晶パネルも本体固定部(ヒンジ)のネジ4個と液晶ベゼル固定のネジ8個を外すだけだし、造作もない作業でしたけどね。

折角なので、保守マニュアルを見てもイマイチ解りづらい、Bluetoothアンテナの取り付けに関してのポイントを残しておきます。

・Bluetoothアンテナは、液晶パネルと天板の隙間に挟み込むようにセットする
・この時、天板側の凸部と、アンテナ基部の凹部をきっちり合わせること(綺麗に固定されます)
・アンテナ線は、無線LANアンテナ線と同様に、液晶パネルのヒンジの中を通し、本体に引き込む
・あとはそれをメンテナンスハッチ内に引き込むだけ

本当は写真でもあれば良いのですが、最初、Bluetoothアンテナを取り付けるだけなら液晶ベゼルだけ外せば何とかなるんじゃね?と物ぐさぶっこいて液晶パネルも上部ケースも固定したままベゼルだけを外し、いざアンテナ線を本体に引き込む段階で何故か上手く引き込めずに苦戦し、そんなことしている内にLCDケーブルの付け根(?)に付いている保護パーツが外れてはめられなくなり、結局、上部ケースの一部を浮かせた上で液晶パネルを外してそのパーツをはめ込んで・・・
よって、写真を撮る余裕なんか微塵も無かった、と(ノ∀`)


【X40の無線LANをSuper A/Gで】

X40にBluetoothを内蔵したついでに、X40の無線LANのリミッターを解除しました。

X40搭載の無線LANカード(11a/b/g Wireless LAN Mini PCI Adapter II)は、Atheros製AR5004Xチップが搭載されていて、本来はSuper A/Gに対応しているそうです。
ところが、IBMのAccess Connectionでは、Super A/GのONOFFができません。
勿体ない話です。
そこでSuper A/GをONにし、無線LANをもう少し快適にしたいわけです。
やることは至って簡単。
Access Connectionをアンインストールし、その辺から拾ってきたACU(私は富士通のHPから拾って来ました)をインストールします。
ACUにはSuper A/Gの設定があるので、これをONにするだけ。
これで無線LANの速度が上がります。

もっとも、カスペ7.0のMP1を使っていたり、AvastのWebシールドをONにしている限り、Super A/GをONにしようがMTU/RWINを調整しようが、結局遅いんですけどね(笑)


【そのカスペですが】

2009の試用版の配布が始まりましたね。
60日も使えて、しばらくウィルス対策の製品版を買わずに済みそうで、私は万々歳(笑)
で、早速デスクトップ2台、ノートPC2台にインストールしたわけですが、カスペ7.0 MP1で見受けられた回線速度の激遅現象もなく、良い感じです。
ユーザインターフェースがころっと変わってしまい、しかも設定らしい設定もしていないのにちゃんと動いているっぽいから、結構拍子抜けしましたけどね。
フルスキャンも一瞬で終わり、逆に何か不安になって来ました。
無線LAN経由で自宅LAN内の他PCに全く繋がらず、しばらく悩まされましたけどね。
ま、繋がったので良し。

この2009、我が家ではいくつか不都合が起きています。
まず一つ目。
Windows DefenderやSpybotが共存できないこと。
2009インストール時、この辺りを勝手にアンインストールしやがります。
次、マウスの反応が鈍くなったこと。
ROプレイ中、マウスのサイドボタンを押してもすぐに反応せず、一瞬ためらった後反応します。
右クリック・左クリックは問題ないのですが、サイドボタンやホイールの左右チルトで、この現象が起こっています。
お陰様で、サイドボタンに割り振ったスキルを連打すると押した回数分のスキルが遅れて発動し続け、もう必要ないって時にまだスキルが出続けている・・・という迷惑な状態に(笑)
7.0ではこんなこと無かったんですけどね。

試用期間はまだ残っていますが、ここらでカスペには見切りを付ける予定です。
理由は前述のRO問題。
ネトゲ程度でイライラしたくないですしね。
良かったら製品版の購入も考えていただけに、ちょっと残念。
しばらく、気に入ったウィルス対策を見つけるまで、試用版を転々としてみようかと思います。
まずはESET。その次はノートン2009ってとこかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

EM・ONEαだのX40だの

【EM・ONEα】

・JAJAH Phone使ってみたぜ

常にToday画面にあって、いつも誤クリックしてしまうJAJAH Phone。
新規登録(IP電話番号の購入)から2ヶ月は月額料金無料で、300円分のチャージが無料で行われるということで、ちょっくら使ってみました。

使ってみた感想・・・まあこんなもんでしょうか(笑)

音質は固定電話と同等かそれ以下で、携帯の音質に慣れてしまうとちょっと不満気味。。
イヤホンマイクかヘッドセットの使用が前提なので、いちいちセッティングするのがちょっとめんどい(ウチはBluetoothヘッドセットなので、まだマシかも)
しかもEM・ONEαのバッテリーの持続時間では、一日中待ち受け状態を維持することは不可能。
結果、JAJAH Phoneを使うには、EM・ONEαの立ち上げからになるわけで・・・
でも携帯電話として見れば、破格の料金体系が魅力なんですよねぇ。
JAJAH Phoneの使い道は、携帯も公衆電話もない場合の緊急用と割り切るべきなんでしょうね。

あと、こいつにはちょっとばかり変な所があって、どうも無線LAN経由では接続できないっぽいんですよねぇ。
HSDPA経由でないと、JAJAH Phone起動時にハングったようにダンマリになります。
無線LAN経由の場合、ルータのポートを開けなければいけないのかも知れませんが、そのポートがわからんわけですよ(ノ∀`)
しかもありがた迷惑な事に、初期登録誤(IP電話番号購入後)はちゃっかりスタートアップに登録されるので、ウチのように常に無線LAN=ON、HSDPA=OFFな環境下では、EM・ONEα起動後に毎回ハングっぽい状態が・・・
とっととスタートアップから消し去りました(笑)


・大容量バッテリーとmicro SDHC(8G)を買ったぜ

有楽町のビックカメラで7777円(5%ポイント還元)にて購入しました。
大容量バッテリー用のバッテリーカバーを付けた時、どの程度EM・ONEαの厚みが増すのかが気になっていましたが、実際に付けてみると結構気にならない厚みで安心しました。
むしろ、インプットスタイルでは本体とこのバッテリーカバーの段差に指を掛けられるので、標準バッテリー時よりもキーボードでの入力がラクチンです。
標準バッテリー時には、EM・ONEαと充電クレイドルの間に微妙な隙間が生まれる充電クレイドルも、大容量バッテリー時は隙間なくピッタリはまってなんか安心。

最初はこちらのサイト様のようにSDカードスロットを付けようと思ったんですが、バッテリーカバーを削る勇気が無くて断念しました(´・ω・`)
私って貧乏性なので、買ったばかりのものに”メス”を入れられないのです。
代わりに東芝製の8G microSDHC(クラス4)を3000円で購入。
いずれ16GのmicroSDHC(クラス4、6)も出てくるでしょうしね(SanDiskは既に発表済みっぽい)
しかし8Gで3000円って、少し前では考えられない安値ですよね。


【X40】

・Bluetooth内蔵計画 その後なのだ

ヤフオクで購入したBluetoothコンボカードと液晶ベゼルのねじ穴隠しシールが届き、IBMパーツセンターからもBluetoothアンテナが届きました。
あとは海外取り寄せとなるLCONプレートのみですが、これは液晶ベゼルに貼り付けるだけなので後回しでOK。
よって、今週末にでも内蔵しちゃいます。
ついにBluetooth内蔵か~。
これでEM・ONEαをBluetoothモデムとして使用することが可能になりますな~。


・16G SDHCを買ったのだ

「X40のSDカードスロットはSDHC未対応。しかしSP3適用済みのWinXPではSDHCが使える」
この情報を鵜呑みにして、トランセンドの16G(USBリーダー付き)のを買ってみました。
確かに、問題なく認識しますな~。
読み書きも問題なし。
早速、お気に入りの動画ファイルをどさどさーっと放り込んでおきました。
で、iTuneライブラリ(10G分ほど)はX40の内蔵HDDに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今更ながら、P5K-EのBIOSをアップデートしてみた

何となく暇だったので、1013から1102にアップデートしてみました。
勿論、USB周りのバグフィックスに期待してです。

結果として、USB周りは全く直っていません(´・ω・`)
リアUSBにMX5500のレシーバーを挿すと、期待通り(?)USBコントローラの初期化で止まりました。
しかもBIOSのUSBコンフィグ画面での、USBデバイスを抜き差しした回数に応じて認識デバイス数がどんどん増える現象もまだ起きています。
USB絡みのバグフィックスに期待して1102にすることは、正直無意味&時間の無駄。
まあでも1013に戻すのも面倒だし、このまま1102で行きますよ。

で、ここからは今回のBIOSアップデートにおける、ちっとも笑えない話。
1102へのアップデートが無事に終わり、OCの設定をこちょこちょいじって、さあリスタートって段階で、何故かBIOS画面で「オーバークロックに失敗したぞ」なメッセージが。
確かに、見ればクロックが定格2.4Gになってる・・・
でもBIOS設定画面を見ると、ちゃんと333×9、FSBも800MHz。
でも定格2.4GHz表示・・・
何度か電源入れ直してごちょごちょやってる間に、ちゃんと3GHzに。
意味わかんねー!とXPを立ち上げれば、RAID設定忘れてIDEモードでの起動。
当然、RAID情報破壊。
RAIDに設定し直してリスタートすれば、今度はXPが起動しなくなり・・・
あれー?あれー?とRAIDユーティリティに入り、おもむろにBIOS設定画面に戻ってみれば、あり?SATAドライブ見あたらないwww
やべー!1002にした時の二の舞かよ!
結局、RAIDの再構築で元に戻ったんですけどね(笑)

USB周りが直ってるといいな~程度で始めた作業が、1時間に渡る大騒動に。
むー、疲れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

Kaspersky2009試用版は9/25から

よーしよしよし。
これで11末まで7.0試用版を使い倒して、その後さらに1ヶ月・・・
おお!ちょうど冬のボーナスあたり!
いやマテ。

> 「ウイルス掃討大作戦 Kaspersky 2009試用版ダウンロードキャンペーン」
> 期間中、試用期間が60日間の「Kaspersky Internet Security 2009 60日試用版」を提供します。

http://www.justsystems.com/jp/news/2008l/news/j09101.html

1月末まで製品版買わずに済みそうじゃんwww
って、どんだけセコイよ俺www

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

Kaspersky7の試用版を使い倒す

単に、アンインストしてレジストリの掃除をするだけなのでブラックとは言えないけど、ちょっとグレーなので小声で(笑)

ルーレットで90日試用版を貰ったのが今年の4月頃。
6月に新しいPCを組んだとき、メインPCは元よりサブPCも一緒にXPのクリーンインストールしたことで、そこからさらに3ヶ月。
述べ6ヶ月この試用版を使い続けて来たわけですが、さすがにそろそろ期限切れということで、2ユーザーライセンス版でも買ってやろうかと考えていました。
が、X40だのEM・ONEαだのに投資したがため、カスペの2ユーザー版の購入はもう少し延ばしたいなぁなんて思うわけです。
しかもどうやら10月頃に2009(カスペ8)が発売されるらしいし、もうちょっと試用版でなんとかして、2009をきっちり1年使いたい!
ということで、試用版の期限を延長しちゃうのだ!
限りなく黒に近いグレーなネタですな。

2

見ての通り、ウチのカスペ、あと数日もすれば有効期限切れです。
そこで、

1.カスペ(ウチのは7.0.1.325)をアンインストール
2.PCを再起動
3.残骸っぽいフォルダがあったら消す
  (例えば \All users\Application data 配下とか)
4.Wise Registry Cleanerとかを使って、レジストリを掃除
5.メモ帳あたりで↓を保存し、実行。

[-HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\SystemCertificates\SPC\Certificates]
[-HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\KasperskyLab\LicStorage]
[-HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Cryptography\RNG]

6.カスペ(7.0.1.325)をインストール・・・すると。

3

7.ヽ(´ー`)ノ

聞くところでは、この試用版は11月末までしか使えないとのことで、きっちり有効期限が「11/28 8:59:59」になっています。
まあ、それより先に2009が発売されることでしょうから、ちゃんと買うぞwww

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

リモートデスクトップにチャレンジ!

ROが絶賛メンテ延期中ということもあり、暇潰しにリモートデスクトップに挑戦してみました。


【下ごしらえ(やられる側)】

1.「システムのプロパティ」→「リモート」タブ→「このコンピュータにユーザがリモート~」にチェック入れる

01

2.レジストリエディタを起動し、
   \SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Terminal Server\WinStations\RDP-Tcp
  の「PortNumber」に任意の数字を入れる(開けたいポート。画像の場合17390)

02

3.PCを再起動

4.念のため、コマンドプロンプトで netstat -an -p tcp と入力し、2 のポートが開いているかを確認

03

5.そのPCのグローバルIPを確認

※ ルータ経由の場合、IPマスカレード設定(ポートマッピングともいう)で、2 のポートにアクセスしてきたらこのPC(ローカルIP)に振る!という設定をお忘れ無く。あとファイアウォールの設定も


【下ごしらえ(やる側)】

1.WindowsMobileのリモートデスクトップを起動し、オプションを設定

1

2

2.コンピュータ名 :やられる側のIP(グローバルIP)と開けたポート番号
  ユーザー名 : やられる側のログインアカウント名
  パスワード : やられる側のログインパスワード
  ドメイン名 : あるなら入れる、無いなら空欄

3_2

3.「接続」タップ!


で、実際に繋げたのが下の画像。

4

見事にウチのメインPCのデスクトップ(笑)
解像度が違うので、画面一面がアイコンで埋まっていますが・・・
ちなみにこれ、普通に操作できます。
アイコンをクリックすればアプリは起動しますし、IEだってほら。

5


ま、”起動”と”動作”は別問題ですけどね。
EM・ONEα、触れば触るほど楽しすぎて笑えるわ~(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

EM・ONEα買った!

昨年。X30を失ってすぐ。
モバイルPCを接続することを目的としたデータ通信端末の必要性が無くなり、それまで数年モバイルの友であったWILLCOMを解約したのですが、X40を入手してからというもの、沸々とデータ通信端末もしくはモデムとして機能するPDAが欲しくなって来ました。
とはいえW-ZERO3[es]は既に売却済みだし、WILLCOMの回線速度の遅さはたまにしか使わない環境でもちょっとアレだしということで、新規契約を前提に、まずその候補に挙がったのがauのW05Kでした。
しかし色々調べていく内に、auのデータ通信は混雑時のトラフィックの問題やパケット量がある数値を超えると途端に速度が落ちることなどがネックらしく、早々に候補から脱落。
au以外ではDoCoMo、ソフバン、イーモバ、あとビーモバ(端末を購入すると、150時間使い放題)あたり。
しかし、DoCoMoやソフバンと新規契約するのは個人的にイヤ(なんかね(笑))だし、ビーモバは150時間超過しなくても約1年半で自動的に使用不能(チャージ可能になるらしいけど)になるしで、必然的にイーモバになったわけです。

狙うはスーパーデータライトプラン+にねんMAX。
ちょうど某ショップで、

 ・EM・ONEαが0円!
 ・充電クレイドル付き!
 ・トランセンドのmicroSD 2G付き! (ショップ特典)

というのを見てしまい、光の速さで契約しました(笑)

契約2年縛りかつ月額基本料2900円を安いと見るか高いと見るかは人それぞれですが、W05Kのフルサポートプラン(こっちも2年縛り)でも月額基本料で約2900円(今はキャンペーンで1900円らしい)掛かること、滅多に使わないモデム機能のために月3000円払うことを考えれば、端末単体で色々遊べてこの価格なら、私的に”安い”もんです。
しかも、外出の新しいお供であるX40とBluetooth経由でデータの送受信が出来、しかもBluetooth経由でモデム接続まで出来るとなれば、これ以上ないくらいに大満足です。
EMONSTERもありかな?と思ったんですが、画面の大きさ的にEM・ONEαより小さいのでパス。
この先どーにも欲しくなったら、白ロム買えばいいですしね。

契約にあたって、にねんMAXはクレジットカード限定プランとのことでしたが、現金派の私はそんなもの持ち合わせておらず、ダメ元で手持ちのスルガ銀行VISAデビットで申し込んでみたらこれがあっさり審査通過(笑)
まあ、デビットと言ってもクレカ決済だから当然なんでしょうけど。
ちなみに店頭でイーモバのスタッフに話を聞いた時、「VISAデビットは無理ですねぇ」と言われましたが、はて?

さてさて。
EM・ONEαを使い始めて、今日で4日目になります。
こいつの”癖”が少しずつ見えてきました。
特に悪い”癖”に思えたのが、Bluetooth経由のActiveSync接続。
繋がるようになるまでに3時間くらい悪戦苦闘でしたよ。
というのは、EM・ONE側のパートナーシップの設定で、どんなに頑張っても「ActiveSync」のサービスが出ないからです。
最初なんか「シリアルポート」すら出なかったくらい。
これじゃなんともなりません。
「Blue SoleilではActiveSyncが動かない」のような情報を見たのでBlue Soleilをアンインストしたり、ActiveSyncをインストし直したり、USBドングル(PLANEX BT-MicroEDR1)を抜き差ししたり、ペアリングし直したり、あーでもないこーでもないとそれから数時間。
WinXP標準のBluetoothスタックでもなんともならんってことで、Blue Soleilをインストし直し、ペアリングしたらあっさりEM・ONE側に「シリアルポート」が(笑)
「これはいける!」と思いきや、今度はサービスに「ActiveSync」がちっとも出てこない(´・ω・`)
この状態で悩むこと、さらに1時間あまり。
物は試しと、パートナーシップの設定も途中に母艦側のActiveSyncを起動し、そのままの状態でペアリングし直したら、なんと「ActiveSync」デター!!
やっとBluetooth経由でActiveSync繋がりましたよ(*´∀`)
他にも自宅の無線LANに繋がらずに、1時間近く悩んだ(どうもセキュリティキーが間違えていたっぽいけど、その時は「接続状態」だった)りもしましたね。
ホント、素直じゃない端末ですねぇ(笑)
これってもしやツンデレ?

今後のいぢくり計画としては、

 ・大容量バッテリーの購入
 ・miniSDスロットのSDスロット化&16G SDHCカード装着
 ・リモートデスクトップで遊んじゃうぞ!

といったところ。
大容量バッテリーについては、miniSDスロットのSDスロット化にも繋がることなので、早急に購入したいところです。
なんで16G SDHCを装着したいかと言いますと、X40用iTunesライブラリ保管庫である16G SDHCをEM・ONEαでも共有したいから。
まあそれだけなんですけどね。

いや~。
X40も含めて、しばらく色々遊べちゃうでございますねヽ(´ー`)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ThinkPad X40にBluetooth内蔵しちゃうぜ!

先日購入した、中古のX40。
購入時の状態があまりに新品に近い状態だったこともあり、まるで10万以上出して購入した新品の如く、それはそれは大事に扱っております。

むしろ愛でている!!

キーボードは相変わらず絶妙なタッチで気持ちいいし、Pen-M 1.4Gはモバイル用途では十分な速度だし、無線LANは11a/11b/11g対応だし、最初から大容量バッテリー装備だし、あああんもう!(*´∀`)
私的には”こんな最高のモバイルPCねーべ!”と大満足です。
唯一不満点を挙げるとするなら、1.8インチHDDのアクセスの遅さですね。
噂通り、スっゴイ遅い・・・
いっそSSDに換装すればいいんでしょうけど、32Gクラスでも未だに50Kとかアリエネー値段だし、”CFによる疑似SSD化”ってのも容量的にどうなんだろうって思うし。
そんなわけで、Bluetooth搭載計画なわけです(脈絡ねえええwww)

搭載と言ってもUSBドングルを差し込むとかではなく、X40用Bluetoothの純正パーツを集めまくって、サクッと内蔵しちゃうわけです。
用意するのは以下のパーツ(価格はすべて9/2時点のIBM価格)

 P/N 27R1880 BMDC2      9330円
 P/N 13N5329 BT ANTENNA  1580円
 P/N 13N5330 ICON PLATE  1250円
 (あと、LCDベゼルのネジ隠しシールがあると幸せ)

BMDC2に関してはそこらの通販で4000円くらいで売ってるし、某オクでは3000円以下の中古も出回っているので、わざわざ9000円も出す必要はないっすね。
他の2つに関しては、下手すると何故か通販の方が高かったり、そもそも扱ってるショップ自体あまり見かけないので、IBM部品センター(03-5445-0365) にて注文がよろしいかと。
発注書をFAXか郵送で送って貰い、商品代金の振り込み用紙コピーとと共に返送すれば、無事注文完了です。
ちなみに、Bluetoothアンテナは在庫があるらしいのですが、アイコンプレートは海外からの取り寄せになるらしく、少し日数が掛かるそうです。
今の私、部品の到着をwktkして待っている最中ヽ(´ー`)ノ

ネット上を色々調べていると、X40に関して面白い記事が見つかります。
今回のBluetooth搭載もそうですし、本来はSDHC非対応のSDメモリカードスロットでSDHC16Gが認識出来るようになるとか、前述の”CFによる疑似SSD化”、東芝製1.8インチHDDを装着とか。
とりあえずBluetooth搭載が済んだら、16GのこのSDHCでも買おうかと計画中。
で、メインPCのiTunesの中身をドサーっと乗っけたいわけですな。
あと、来るべきSSD時代の為に、秋葉原行ったついでにこういうモノを買ってきました。
こう言うとき、首都在住は直接買いに行けるから便利やね(笑)


それはそうと。
昨年10月に水濡れによりキーボードが死亡したため、いずれジャンク扱いでヤフオクに出してやろうと考えていた我が家の小錦ノート(めちゃくちゃ重いんで(笑))ことInspiron8100さん。
先日、ようやく出品しようと思い立ち、同型機のヤフオク価格を調査していると、Inspiron8100 Moblie Pen-III 1.2Gモデルのジャンク品を発見しました。
メモリ、HDD、光学ドライブ無し。外装は傷だらけ。キートップにはテカリと文字かすれが多し。
まさにジャンクです。
これを3600円で落札し、使えそうなパーツを我が家の8100に移植しました。

 ・CPUを交換 (866MHz→1.2GHz)
 ・キーボードを交換 (キートップは我が家の8100のを移植)
 ・システムバックアップ電池を交換 (ウチのは電池切れだった)

結果、完全復活を遂げてしまいましたよ(笑)
ラッキーだったのは、ジャンク8100に付いていたSXGA+の液晶パネルが、ドット欠け・バックライト異常などが一切ない完全動作品だったこと。
お陰様で、ヤフオクで2000円で売れましたよ。
実質1600円でリフレッシュできたわけですな~。
惜しむらくは、ジャンク8100のビデオボードがGeForce GO 32Mじゃなかったことと、バッテリーが充電不可能だったことくらいですか。



【参考になるサイト様】

 『ThinkPad X40のSSD化@ウィキ』(pen4様)             
 『ThinkPad X60s/X40/X31 メモ』(EMO様)      
 『ThinkPad X40のBluetoothの内蔵』(新バーン・ティントン 2.0様)     
 『X40とSD,SDHC』(かねみきのうふふ o(^-^)o様)       
 『ThinkPad X40にZIF接続のHDDを内臓する』(KNOnline.NET様) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »