« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

【雑談】 スパム晒し

久々に来ましたよー( ´,_ゝ`)

=====
差出人:sirkw268@docomo.ne.jp
件名:
=====
【株】白川総合調査
TEL03-4212-8400
担当の中西と申します。

この度、お客様の携帯電話が迷惑メール拒否の設定をされている為、サイト運営会社から再三の催促のメールが届かないということで弊社が依頼を受けまして、ご連絡をさせていただきました。

お客様がご使用中の携帯電話の端末認証記録により、(有料複合サイト)の利用《着メロ・天気・懸賞・ニュース・ギャンブル・出会い・動画》等のコンテンツの登録があり、月額料金等の長期滞納が続いてるとの事です。

今後は個体識別番号から追跡し、身元調査をおこない、損害賠償等を求める民事裁判(民事訴訟)となります。

通信記録という証拠を提出したうえの裁判であるため、誤っての登録であっても支払い命令が下されます。

訴訟差し止め、退会処理希望の方は本日中に大至急ご連絡下さい。

株)白川総合調査
TEL 03-4212-8400
担当 中西覚
代表取締役 白川直道
認可番号:1422361
受付時間
平日 9時~19時迄
土曜、日曜は休日となります。
※メールでの返答には対応できませんので、ご了承下さい。
=====

こういうのって、ホントつくづくバカwwwww
大体、「退会処理希望の方」って時点で、不特定多数へのテンプレメールであることがバレバレwwwww
もう少し頭使いな、能無しめwwwww

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

【おもちゃ】 DX超合金 YF-29 デュランダルバルキリー(早乙女アルト機)

Yf29_01_2

到着!ヽ(´ー`)ノ

Yf29_02

開封!(;゚∀゚)=3

Yf29_03

ガーン!(´;ω;`)

栃木(バンダイサポセン)に送るの、これで何回目だろう?
最初がS.I.C レンゲルの肘関節破壊。
2回目がROBOT魂 ダブルオーライザー(粒子貯蔵タンク型)の、GNソード一本不足。
3回目がROBOT魂 ストライクI.W.S.P.の、つま先が反り返って真っ直ぐにならず。
そして4回目が今回、頭部の右アンテナ欠損かorz

中国のおばちゃん、マジたのんます・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

【雑談】 新潟・佐渡、原点回帰の旅(その4)

【前回までのあらすじ】

-第1部 完-
あきちんの次回作にご期待下さい。

【5月2日(旅行3日目)】

今日は、小学校一年まで過ごした入船町(実は私、東京生まれ)を散策します。
今回の旅の内、目的の6割はこの散策でしたので、非常に楽しみでありますヽ(´ー`)ノ

朝10時。
ホテルをチェックアウトし、新潟駅のコインロッカーに荷物を預け、バス乗り場へ向かいます。

3rd_001

運悪く、入船町二丁目に停まるバスが丁度出た後だったため、バス乗り場の人に聞き、入船町二丁目の近くの附船町で降りることにしました。

ん?
附船町?
私が住んでいた時代に、そんな町あったっけ?(´・ω・`)

3rd_002

バスに揺られること20分ほど。
附船町の停留所に到着です。

あんれぇ?
どこだここ?(´・ω・`)

そりゃあ3X年前の記憶しかないわけだし、今の景色で何かがわかるはずがありませんw

3rd_003

む!?
もしやこのT字路・・・

3rd_003_01

ああああ!!

3rd_004

入舟小学校ぢゃん!!
やっぱりさっきのT字路は、私の記憶に残っている、入舟小学校の前のT字路だ!
そのT字路の左側には、大きなガスタンクがあったはず!

なるほど。
附船町の停留場って、入舟小学校を通過した先にあるんですね。
バスに乗ってる間、ずっと進行方向の左側ばかり見ていたから、入舟小学校に気付きませんでした(ノ∀`)

3rd_005

実をいうと、入舟小学校自体の記憶って、ほとんど無いんですよねぇw
何しろ小学校1年の2学期途中までしか通っていなかったので。

あるとすれば、

3rd_006

そう、この道路。

ここを道なりに歩いていくとバス通りに行き当たり、そこを左に曲がると、昔住んでいたアパートがあった場所なんです。
それはハッキリと憶えています。

ん?

3rd_007

おおおお!?

このお店!
私が仮面ライダースナックやパイゲンCを買った、3X年前からあるお店ですよ!

あまりの懐かしさと感動に、お店のおばさんと30分ほど話をしてしまいました。
バス通りの角にあった床屋のこと。
その向かい側にあった文房具屋のこと。
そして、入船町二丁目のアパートのこと。
私がおぼろげにしか憶えていないことを、お店のおばさんは、事細かに教えてくれました。

感極まって、思わず泣けてきた・・・(´;ω;`)

3rd_008

さっきの道路を進み、バス通りに出ました。
十字路の向こうに見えるのが入舟小学校で、十字路左の自販機のある家が、昔文房具屋だった所です。

昔ここでえんぴつ買って、ドリフターズの「首チョンパ」を貰ったっけなぁw

3rd_009

そこから少し歩くと、入船町二丁目の停留所があります。

この停留所の前の、

3rd_010

この辺りが、昔住んでいたアパートのあった所です。

さすがにもうその面影すらありませんけどね。

3rd_011

先ほどの十字路を、信濃川に向かって歩いてみます。

昔、この道を母に連れられ、信濃川を見に行ったっけなー。

3rd_012

おおお!

って、実はその「おおお!」は昔の記憶が蘇ったのではなく、向こうに佐渡汽船ターミナルが見えるからなんですけどw

母が言うには、昔のフェリー乗り場はこの岸壁をさらに右に行ったところにあったそうで、今で言うと「みなとぴあ」の辺りじゃないかな?とのことでした。

うーん。ごめん。
ちっとも憶えてない・・・(´・ω・`)

ん?

3rd_013_2

カーフェリーが接近してくるじゃないですか!

3rd_014

昨日乗ったおけさ丸だ!(*´Д`)

3rd_015

と、つい接岸まで見入ってしまいましたw

それでは、その「みなとぴあ」に行ってみましょう。

3rd_016

「みなとぴあ」は、入船町二丁目から歩いて、ものの数分の所にあります。

3rd_017

迷うことなくあっさり到着(*´∀`)

3rd_018

「みなとぴあ」はいわゆる博物館とのことです。
私ってこういう所を見て回るのが、本当に好きなんですよ。

3rd_019

これは石庫(いしぐら)と言うそうです。

「新潟運上所の保税倉庫として建てられた建物。初代の建物は昭和38年まで存続していたが、老朽化が進み、復元を前提に解体された。現在の建物は昭和56年から昭和57年にかけて復元されたもの。」だそうです。

母や祖父、祖母は、きっと実物を見たことがあるんでしょうね。
ちなみに、中に入ることは出来ません。

3rd_020

旧新潟税関庁舎だそうです。

此方は中に入ることができました。

3rd_020_01_2

「六灯ランプ」(新潟市指定有形文化財だそうです)や、

3rd_020_02

実際にこの建物で使われていた瓦などが展示されていました。

3rd_021

休憩できる場所もありました。

雰囲気いいですねーヽ(´ー`)ノ

3rd_022

表側には桜も咲いていました(*´∀`)

3rd_023

モダンな雰囲気の博物館本館です。
折角なので、後で実際に入ってみます。

3rd_024

旧第四銀行住吉町支店だそうです。
1Fはレストランになっています。

時間があればお茶でもと思いましたが、

3rd_025

こいつのせいで、それどころじゃ無くなりましたw

いやだってね、佐渡汽船の時刻表を確認したところ、もうすぐジェットフォイルが入港してきて、さらにカーフェリーの出航時刻も迫っているんですよ?
乗り物スキーな私としては、ジェットフォイルが疾走している様をカメラに収めたいし、この位置からおけさ丸が回頭する様を動画に収めたいわけですよwww

佐渡汽船ターミナルを一望できる、こんなベストコンディション・・・って、あー、そういうことかー。
ここが初日におおさど丸の船上から見た、

1st_030

この景色なわけですね。

そんなこんなで、ベンチに座って待つこと数分。
ついにヤツが来た!

3rd_026

ジェットフォイルが!

水しぶき上げて信濃川を疾走してるうううぅぅ!
マヂかっけええええぇぇぇ!(;゚∀゚)=3

3rd_027

ぜってぇ次回の佐渡渡航時に乗ってやる!!

と、一人興奮していると、

3rd_028

おや!?おけさ丸のようすが・・・!

こ、これわ!?
いよいよ出航か!?

よし、ガッツリ収めてやったwww

3rd_029_00

興奮も冷めやらぬ内に、そのままのテンションで博物館も見てしまいましょうw

3rd_029

3rd_030

3rd_031

3rd_032

3rd_033

3rd_034

ここでは、新潟の歴史とその時代に縁のある展示物を、時系列に従って見ることができます。
展示数がハンパ無いので、真剣に見ていたら、1時間や2時間掛かると思います。

え?私?
ジェットフォイルとおけさ丸の撮影に時間を掛けてしまった関係で、そんな余裕が無くなってしまったんですよねぇ・・・
やむなく、この場はデジカメに収めて、後でゆっくり見る作戦に出たわけですが、なんと途中でバッテリー切れ(´・ω・`)
しかも予備バッテリーは、新潟駅のコインロッカーの中という、お馬鹿加減w

佐渡金山での失敗、再び!

時間もないバッテリーもないということで、巻きに巻いて博物館を撤収(ノ∀`)

そして、時間に余裕が無いことは覚悟の上で、

3rd_035

入舟保育園までダッシュ!!

実はここ、私が通っていた保育園なんですよ。
今の今まで、ここを見ることをスポーンと忘れていましたw

時間に余裕は無かったけど、最後の最後に何とか見られて良かった~(*´∀`)
(実は、記憶には残っていないんですけどねw)

この後新潟駅に戻り、上越新幹線で東京に戻りました。
東京は大雨で、傘を持っていなかった私はずぶ濡れ(´;ω;`)

以上で、今回の旅のお話しは、終了です。
今回の旅を終えて思ったことは、本当に行って良かったなーと言うこと。
東京では普段得られない気持ちを、新潟と佐渡から沢山貰った気がします。
幼い頃の記憶も、沢山蘇りましたしね。

今回得た”新しい記憶”が覚めない内に、もう一度、新潟・佐渡へ行ってみようと思います。
新潟は記憶に残る最も古い土地で、佐渡は記憶に残る最も古い旅先ですから、何度でも見たいんですよ(*´∀`)

って、あれ・・・?
旅のきっかけとなった、レインボータワーの写真が・・・一枚も無いぞ・・・?

あれあれ・・・?(´;ω;`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

【おもちゃ】 DX超合金 YF-29 デュランダルバルキリー

予約先ショップ(stale)からこんなメールが届きました。

=====
大変お世話になっております。
この度は当店をご利用いただきまして誠にありがとうございます。
また、発送日時のお問い合わせ頂きありがとうございます。

御注文を頂いております「DX超合金 YF‐29 デュランダルバルキリー(早乙女アルト機)(再販)」ですが、
先日各取引先問屋様からの入荷数のご解答を頂きました。
入荷数は当店全発注数の9%未満と大幅に削減され、
極少量の納品となってしまいました。

大変申し訳ございませんがホームページ上のご利用案内にある、「人気商品や限定商品につきましては、十分な数を発注しておりますが、
メーカー都合により入荷数を変更された場合は、誠に勝手ながらご予約先着順にて販売をさせて頂きます。」と記載通り、
申し訳ございませんがご予約順にて商品はご用意させて頂きますので
ご理解の程宜しくお願い致します。

つきましては、誠に申し訳ございませんが、今回ご注文をいただきました
「DX超合金 YF‐29 デュランダルバルキリー(早乙女アルト機)(再販)」はご用意することができません。
せっかくのご注文にお答えできず、誠に申し訳ございませんがご了承いただけますよう宜しくお願い申し上げます。

この度はご迷惑をお掛けしてしまい誠に申し訳ございません。
謹んでお詫び申し上げます。
今後とも、ご愛顧の程宜しくお願い致します。
=====

バーカ!バーカ!ヽ(`Д´)ノ

ま、こうなる事は、何とな~く予想していたんですよねぇ。
大手ショップではないあたり、入荷数は知れていますから・・・

今ならヤフオクで19000円で買えるっぽいけど、転売屋に貢ぐのはシャクですし、5/26(土)の発売日に秋葉原のヨドバシにでも行くしか・・・
と考え始めた矢先、偶然にもAmazonで数回に渡り、定価での予約販売が復活しているのを見たので、速攻でポチってやりましたヽ(´ー`)ノ
入荷数を見込んでの販売だとは思いますが・・・まだ安心は出来ませんね。

YF-29の再販があるなら、次はルシファーバルキリーの再販に期待かな。
中古・新品共にプレミア価格になってしまっているので、現状のままではとてもじゃないけど手が出せません(´・ω・`)
貧乏な私でも買えるように、是非w

ちなみに、7月発売の「DX超合金 VF-171EX ナイトメアプラス」の方は、2つ予約しているので恐らく安泰です。
もっとも、その内のAmazon予約分は、近々キャンセルしようと思っていますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

【雑談】 新潟・佐渡、原点回帰の旅(その3)

【前回までのあらすじ】

> 5/1分の記事は写真枚数があまりに多いので、一旦ここで切ることにします。

そして、俺たちの戦いは始まった!

【5月1日(旅行2日目)-続き-】

入崎を出てしばらく走り、

2bd_042

ついに尖閣湾!(;゚∀゚)=3

2bd_043

わー!すごい!すごすぎる!

切り立った岩も凄いけど、海が綺麗な青色ってのもすごい!
こういう風景、なんか感動しますね(*´∀`)

あまりに感動してしまったので、

2bd_044

予定外に、透視船(遊覧船)にも乗ることにしましたw

透視船は15分程度で尖閣湾を一周します。
透視船というくらいなので、

2bd_050

海の中が見えます。

それでは、いざ出港!

2bd_045

2bd_046

2bd_047

2bd_048

2bd_049

いやー。
船に乗っている間、感動しっぱなしでしたよw

ちなみに、乗船券の半券は「お土産10%OFF」券にもなっているので、ここで佐渡のお土産を買えば、かなりお財布に優しくなります(*´∀`)
それも踏まえると、透視船+展望台で1000円は、十分にお得感があります。

透視船の後、展望台へ行きました。

2bd_051_2

展望台からの景色を眺めつつ・・・

2bd_052

キコキコキーン!

「コシヒカリモナカ~!」

なんとこれ、

2bd_053

「新潟産コシヒカリ米を使用したアイスです。」ということで、アイスの中に、コシヒカリの米粒が入っているんです。
これがまた絶妙な食感で、私的には「かなりアリ」な美味しさでした(*´Д`)

ちなみにここは、

2bd_054

灯台があったり、

2bd_055

2bd_056

幾つもの記念碑があったり、

528_01

謎の戦隊モノの顔出し看板があったり、

2bd_057

たらい舟体験があったりと、何時間でも遊べそうな所です(・∀・)
他にも水族館(?)もありましたが、写真忘れ・・・orz

と、ここで時間を確認すると、既に14時半。
ナビによれば、ここから佐渡奉行所、佐渡金山まで10分程度らしいのですが、問題はそれぞれの施設をガッツリ見学することが出来るのか?ということです。
レンタカーは17時半に返さなきゃいけないし、ガソリンスタンドに寄ってからレンタカー屋に移動することを考えると、佐渡金山だけ立ち寄り、佐渡奉行所とトキの森公園は諦めるしか無さそうです。

残念・・・(´・ω・`)
それらはまた次の機会にでも。

2bd_058

佐渡金山の中です。

え?いきなりすぎるって?
時間があまりないから、呑気に写真撮ってる場合じゃないんですよwww

2bd_059

中はかなり寒かったですね。
入った瞬間、思わず「さむっ!」と言ってしまいました。

2bd_060

出たああああ!

佐渡金山名物、動く等身大人形!

ここ、この人形が終始動いているんですよ?
音声やSE付きで。

そのあまりのリアルさと、周囲の寒さが相まって、少し不気味です(((( ;゜Д゜))))

2bd_061

2bd_062

2bd_063

昔の人は、こんなところで働いていたんですね。
外光の入らない薄暗く、狭い場所で、何時間も延々と働かされるなんて、無茶苦茶ですなぁ・・・

一応、交代制にはなっていたそうですが、労働条件の過酷さから、金穿大工は短命だったそうです。

2bd_064

2bd_065

2bd_066

先ほども書きましたが、これらの人形は全て等身大です。
当時の様子が再現されている場面も全てがリアルサイズで、見上げる場所はトコトン高く、見下ろす場所はトコトン低いわけです。
周囲が薄暗いこともあり、かなりの迫力ですよ(゚∀゚)

順路に従って進むと、

2bd_067

ジオラマが展示されている施設に行き着きます。

2bd_068

ここでは、当時の金山の様子を・・・って、なんとここでデジカメが電池切れ(´;ω;`)
しかも予備バッテリーは車の中に忘れてきたという、愚かっぷり発揮( ´,_ゝ`)

時間に余裕が無いから見学も早歩きだわ、最後の最後にデジカメの電池切らせるわと、全く何やってんだろうなぁw
いずれもう一度来て、今日のリベンジをしたいところです。
佐渡奉行所、トキの森公園、あと島の南半分の周遊も含めて。

19時半両津港発のフェリーで、一路新潟に向かいます。
帰りのフェリーは「おけさ丸」でした。

「おけさ丸」の一等船室(イス)は、

2bd_069

まるで電気売り場に並ぶ、マッサージチェアのようにも見えますw
こういう形状のイスは、如何にも「寝て下さい」と言ってるようなものです。

2bd_070

19時半。
フェリーが両津港を出ました。

2bd_071

遠くの街の明かりを見ていると、なんだかしんみりして来ます。
マヂで近々、もう一回来よう(*´∀`)

2bd_072

姫崎灯台も、今度は是非陸側から見たいですね。

新潟港まで2時間半。
この時のために、予めacroに放り込んでおいた「うぽって!!」を見て、暇でも潰しますかー。

ま、1話見始めてすぐ、寝落ちしたんだけどね(´・ω・`)

フェリーは定刻通り新潟港に到着しました。
え?写真がない?
んな余裕無かったんですよ。
なにしろ、新潟駅前まで行くバスの発車時間まで、5分しか余裕がないからwww

さて。
明日はいよいよ原点回帰の旅、最終日です。
入船町を中心に、記憶を辿りながら散策します。

楽しみだなー(*´∀`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

【雑談】 新潟・佐渡、原点回帰の旅(その2)

【前回までのあらすじ】

> ちなみに佐渡での予定ですが、今晩はホテル泊、明朝からレンタカーでドンデン山、二ツ亀、大野亀、尖閣湾、佐渡奉行所、佐渡金山、トキの森公園を巡り、夜19時半のフェリーで新潟へ戻ります。
> 要は、上半分を一日掛けて、走り回るわけです。

以上。

【5月1日(旅行2日目)】

なんと天気予報大当たり!
朝からピーカンですよ!ヾ(*'ω'*)ノ

2bd_001

こういう景色を見ていると、ますます気分が高揚してきますねヽ(´ー`)ノ

今日は朝9時からレンタカーの予約をしていますが、実はホテルからの送迎バスの時間の関係で、予定よりも早く両津港に着いてしまったんです(;´Д`)

そこで、

2bd_002

両津港の周辺を散策しているわけです(・∀・)

2bd_003

走行している車が少ないこともあって、空気が美味しいー(*´∀`)

そんなこんなしている間に8時45分。
レンタカーを受け取ったら、いざドンデン山にれつらごー!!

両津港から20分も車を走らせると、

2bd_004

そこはもう大自然です。

2bd_005

いくら平日とはいえ、一応今日はGWの真っ最中だというのに、すれ違う一般車はほぼ無し!
こうやって車を停めて撮影していても、通過した車はダンプカーだけ!

今日を佐渡周遊に選んで正解でしたねw

しばらく道なりに進んでいくと、

2bd_006

「青粘入口」に行き着きます。

ここから徒歩でドンデン山に昇れるそうですが、今回は車で一気に昇ります。
時間に追われている旅なので・・・(´・ω・`)

2bd_007_2

青粘入口を超えたら、

2bd_008

山道をズンズン登っていきます。

とはいえ、ただズンズン登るのでは芸が無さ過ぎなので、

2bd_009

途中で何度も車を停めちゃ、写真撮影します。

2bd_010

しかし、いくら何でもすれ違う車が全く無く、後から来る車も全く無いって、どうなんだろう・・・
実は道を間違えてるんじゃ?と、段々不安になってきました(´・ω・`)
朝が早いからなのか?カレンダー的に平日だからなのか?、その辺は謎ですが。

そんなこんなで、ナビや案内標示板を信じられなくなって来た辺りで、

2bd_011

無事ドンデン山荘に到着!

が、ドンデン山荘自体を撮影するのを忘れてた・・・

2bd_012

それにしても、自然だなーヽ(´ー`)ノ
東京では、こんな景色を拝むことすらできませんよね。

振り返ると、

2bd_013

雪!(;゚∀゚)=3

2bd_014

まぢで雪!(;゚∀゚)=3

売店で「スジャータソフトクリーム」でも買おうかと思ったら、開店は11時からということで、残念ながら諦めました。
実はまだ10時過ぎ・・・

売店もやってないし、そろそろ次の目的地である二ツ亀に向かうため、下山することにします。

2bd_015

なにこれ!
登るときには気付かなかった!

牛いるの?牛いるの?(゚∀゚)

2bd_016

うーん・・・いないね(´・ω・`)

2bd_017

ドンデン山を降りてからは、県道45号をひたすら上に進みます。

県道45号は2車線の広い部分もあれば、車一台がすれ違うのもキツイほどに狭い部分もあります。
今日は車がほとんど走っていなかったから良いのですが、もし観光バスや自家用車が多かったらと考えると・・・

今日が平日で良かったー(;´Д`)

2bd_018

二ツ亀に至る道のりで、弾崎灯台(佐渡の最北端の灯台)にも立ち寄れます。

2bd_019

なんでしょうね?これ。

その先には、

2bd_020

なにやら銅像が立っていました。
ここは映画「喜びも悲しみも幾年月」の舞台にもなった所らしく、その銅像とのことです。

有料のはじき野フィールドパークに行かないと、この銅像を正面から見ることができないわけですね?
じゃあいいやw

弾崎灯台から数分で、

2bd_021

二ツ亀に到着です・・・って、案内板がボッキリ折れてるし(´・ω・`)

案内板から少し歩くと、

2bd_022

おおおおおお!

これが二ツ亀か!(;゚∀゚)=3

2bd_023

なんかすげえええ!(*´Д`)

2bd_024

何やら看板があります。

2bd_025

ウラジオストクwww

2bd_026

怪しい案内板から、さらにズンズン下って行きます。

2bd_027

あの岩に登ってみてえええ!

あ、ちなみにここ、海水浴場なんです。
しかし、ちょっとありえないのは、

2bd_028

こんな坂道や、

2bd_029

こんな階段を、

2bd_030

これだけ下りなければいけないところです。

泳ぎ疲れてからこの標高差を登るだなんて、無謀にもほどがあるwww
せっかくシャワーで流した汗が、ここで再発してしまうwww

子供は良しとしても、パパやママには試練としか思えませんw
実際、私も登る特はひぃひぃ息を切らせながら、下まで降りたことを後悔しっぱなしでした・・・

二ツ亀を出るとすぐに、

2bd_032

大野亀が見えてきます。

本当は大野亀に登る予定でしたが、二ツ亀で予定以上の時間を掛けてしまったので、そのまま通過します(´・ω・`)

2bd_033

次回は是非登ろう!

大野亀からしばらく走ると、

2bd_034

海府大橋に行き着きます。

2bd_035

山側には、大ザレ川と滝が見えます。

2bd_036

海側はこんな感じです。

ちなみにこの橋は、新潟県下1位の高さだそうで、

2bd_037

下を撮るのもブルっちゃいます(((( ;゜Д゜))))
この怖さは、2次元の映像じゃ到底わかりません!

海府大橋をさらに走ると、

2bd_038

何やら、しめ縄で結ばれた、大きな岩が見えてきました。
予定には無い所ですが、折角なので寄ってみましょう。

2bd_039

岩に囲まれた場所に行くと、入崎弁天堂という社がありました。

2bd_040

下に行く階段があるので下りようと思ったんですが、「立ち入り禁止」の看板が、何故か地面に置かれていたので止めました。

2bd_041

岩ばかりの海岸って、これから向かう尖閣湾に通じるものがありますね(*´∀`)

さて。
5/1分の記事は、掲載する写真の枚数があまりに多いので、一旦ここで切ることにしましょう。

待て次号!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

【雑談】 新潟・佐渡、原点回帰の旅(その1)

「レインボータワーって、まだあるんだろうか?」

全てはここから始まりました。

レインボータワーとは、新潟市のバスターミナルにある、全高100メートルの昇降式展望台です。
私は、小学校一年まで新潟に住んでいて、愛知に引っ越してくる直前、一回だけレインボータワーを見上げた記憶があるんです。

調べてみると、レインボータワーは、昨年の東日本大震災の影響で営業停止になり、今年の2月に完全に営業終了になったとか(´・ω・`)
タワー自体はしばらく撤去されないそうですが、いつ撤去されるかは不明・・・

「じゃあ、撤去される前に、写真に残しておかないと!」

そして、急遽新潟に行くことにしたという、すげー単純な流れw

とはいえ、新潟だけではレインボータワー、白山神社、入舟小学校、入舟保育園くらいしか行きたい所が思い付かないので、佐渡島にも渡ることにしました。
実は佐渡は、保育園時代に一回渡ったっきりなんですよ。
しかもその時の記憶はといえば、海が大荒れでテラ船酔い、その後のバスでゲロゲロ~程度しかない(´・ω・`)

今度こそ、良い思い出を作るのダ!

【4月30日(旅行1日目)】
乗車する新幹線は、Maxとき313号(E4系)。

1st_001

この便は凄いっす。
なんと、東京-新潟ノンストップ運行です。
乗ったら、1時間半程度で新潟です。
ホントに早い!(;゚∀゚)=3

1st_002

関東圏は思いっ切り「曇り」です。
天気予報では、新潟は4/30~5/2と「晴れ」らしいので、大丈夫だとは思いますが・・・

1st_003

トンネルを幾つか抜けると、雪が積もった山が!
もう5月にもなるというのに、まさか雪山とわ・・・

1st_004

新潟駅まであと数分です。

って、思いっ切り曇ってるじゃん!
雨降らなければいいんですけどね・・・

1st_005

新潟駅に到着~ヽ(´ー`)ノ

隣のホームに、E4系8両編成の2連結車両が停車していたので、思わずパチり。

1st_006

こういう連結って、東海道新幹線じゃ見られない光景ですね。

1st_007

キャリーバッグをコインロッカーに預けたら、白山神社に向かいます。

白山神社には幼少の頃母に連れられ、何度か初詣に行ったことがある・・・はずなんですが、実は全く記憶にありませんorz

1st_008

それでは、いざ白山神社に出発!

ちなみにこの電車、

1st_009

「パシュッ」と少しだけ開き、あとは手動で開かなければいけません。
完全に開いて当然だと思っていると、「あれ?」となりますw

1st_010

新潟駅から4分で、白山駅に到着です。

ここから白山神社まで歩きます(`・ω・´)

1st_011

白山駅から歩くこと10分。

1st_012

白山神社に到着!ヽ(´ー`)ノ

※ ここから携帯カメラからデジカメに変えたので、画像サイズが変わります

1st_013

母はこの写真を見て、「懐かしい」と言っていましたが・・・
私は全く記憶にない・・・(´・ω・`)

フェリーの乗船時間まであまり余裕が無いため、参拝とお守りの購入を済ませ、白山神社を後にします。
時間があれば、白山公園も散策できたんですけどね。

そういえば、実は私が入ってきたのは、正門(?)ではありません。
正門から入ると、

1st_014

1st_015

1st_016

1st_017

こういった景色が楽しめます。

1st_018

白山公園内では、まだ桜も咲いていました(*´∀`)

さて、帰りはバスや電車を使わず、あえて新潟駅まで歩いてみます。
せっかくなので、信濃川の河川敷を歩いてみたい、というわけです。

県道164号をしばらく歩くと、信濃川が見えてきます。

1st_019

写真のやや左に見える、ヒョロっとした塔が、レインボータワーです。

1st_020

それにしても、桜が凄いですね(*´Д`)
この辺りの桜は、この時期で満開なんですね。

河川敷をしばらく歩くと、

1st_021

見えてきました!
万代橋!

1st_022

これや!これやがな!

と言いたいところですが、実はほとんど記憶にないというオチ・・・(´・ω・`)
そりゃあ、幼少時にガッツリじっくり眺めたわけでもないし、記憶に無くて当然ですネ。

1st_023

万代橋を渡り、一路新潟駅へ。

1st_024

万代シティを通り過ぎると、新潟駅が視界に入ってきました。
コインロッカーに預けた荷物を回収したら、バスで佐渡汽船ターミナルへ。

いよいよ佐渡汽船カーフェリーに乗ります(*´∀`)

1st_025

フェリーに乗るや否や、席を離れて甲板へ。

すげーなー、でけーなー、たけーなーw

1st_026

さあ!いよいよ出航ですYO!(;゚∀゚)=3

1st_027

新潟港から出るフェリーは、その場で180度回頭します。

1st_028

回頭中は朱鷺メッセや、

1st_029

万代橋や、

1st_030

みなとぴあを見ることができます。

1st_031

恐らくこの辺りが、昔住んでいたアパート(入船町二丁目)の近くの岸壁でしょう。
この辺りは明後日行きますよ!

しばらく信濃川を進んでいくと、

1st_032

カモメが併走し始めました。

あ!そうだった!
フェリーから投げ込まれるかっぱえびせん目当てで、カモメが寄ってくるんだった!

ぐあああ・・・
かっぱえびせん買ってくるのを忘れた・・・(´;ω;`)

1st_033

しかし、カモメってすごいですね。
上の甲板から投げ込まれるえびせんをダイレクトキャッチしたり、川に落ちたえびせんを確実にキャッチしたり、感動ですよ(*´Д`)

しばしカモメを眺めたら船室に戻り、一眠りZzz

目を覚ますと、

1st_034

おお!
佐渡だ!
佐渡の山々が見える!

1st_035

夕焼けが綺麗だよ!ヽ(´ー`)ノ

1st_036

姫崎灯台です。

この灯台は、鉄造灯台としては日本最古のものらしく、世界灯台100選に入っているそうです。
時間があれば行きたいところですが、多分無理でしょうねぇ(´・ω・`)

ちなみに佐渡での予定ですが、今晩はホテル泊、明朝からレンタカーでドンデン山、二ツ亀、大野亀、尖閣湾、佐渡奉行所、佐渡金山、トキの森公園を巡り、夜19時半のフェリーで新潟へ戻ります。
要は、上半分を一日掛けて、走り回るわけです。

本当は下半分も回りたいところですが、一日ではこれが精一杯でしょう。

1st_037

佐渡の山々に消えゆく夕陽を見つつ、ふとあることを思い出しました。

「あ、レインボータワーを撮ってなかった・・・」

そうです。
今回の旅のきっかけになったレインボータワーを、まだデジカメに収めていなかったのです(ノ∀`)

信濃川越しの遠目の写真は撮りましたが、それじゃあ無意味です。
明後日(5/2)こそ、間違いなく写真を撮らねば!

しばらくして、

1st_038

1st_039

1st_040

1st_041

両津港が近付いてきました。
2時間半の船旅も、あと少しで終わりですね。

1st_042

佐渡に到着ヽ(´ー`)ノ

1st_043

乗ってきた船をパチリ。

この「おおさど丸」の一等船室(イス)は、電車や観光バスのような2列リクライニングシートでしたが、「おけさ丸」は1列リクライニングシートで、しかも床は土足厳禁の絨毯敷きだそうです。

帰りは是非「おけさ丸」の方に乗ってみたいですねヽ(´ー`)ノ

1st_044

そんなことしてたら、あたりは段々薄暗く・・・
今から2キロほど離れたホテルまで歩くわけですが、真っ暗になるんじゃ?(´・ω・`)

5月1日(旅行2日目)の記事に、乞うご期待!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »