« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

【トイガン】 久々のお買い物

引っ越しとコミケで散財してしまって、トイガンからしばらく離れていた私ですが、久々にトイガン買いましたよーヾ(*'ω'*)ノ

Oasis_01_2

SOCOM GEAR製GEMTECH OASIS PISTOLです。
なんか長い名前ですが、早い話、サプレッサーメーカーであるGEMTECHが、スタームルガーMkIにカスタムバレルを装着してOASIS PISTOLとして販売した実銃を、SOCOM GEARがガスガン化した、というわけです。

ちっとも早くねぇ・・・w

スタームルガーと言えば、未だにブローバックガスガンが発売されていない事で有名(?)ですが、これもご多分に漏れず固定ガスガンです。

うーむ、残念(´・ω・`)

が、その性能たるや・・・それは後ほどということで、まず左の外観から見ていきましょう。

Oasis_02_2

まーったく刻印がありません。
まっ黒です。
スタームルガーの刻印すらありません。
まさに、驚きの黒さです(゚∀゚)

Oasis_03_2

セーフティはグリップ後方の、ここにあります。
この状態でセーフティOFFで、

Oasis_04

この状態でONです。

Oasis_05_2

次に右側です。

Oasis_06

右側のグリップにのみ、GEMTECHのメダリオンが埋め込まれています。

Oasis_07

この銃で唯一の刻印とも言えるのが、バレル部の刻印。
GEMTECHのサプレッサーの刻印を、見事に再現しています。
バレルの質感もいいですね(*´∀`)

Oasis_08

リアサイトはウィンテージ、エレベーション共に調整可能です。
なお、クリック感はありません。

Oasis_09

マガジンは、元々22口径の銃ということもあり、厚さはかなーり薄いです。
9mmサイズのマガジンに慣れてしまうと、あまりの薄さに「おもちゃか!?」と思ってしまいます。
ま、おもちゃですけどねw

ちなみに、KJワークスが過去販売していた、スタームルガーのものと共通だそうです。

続きを読む "【トイガン】 久々のお買い物"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

【IS11S】 なるほど、そういうことでしたか

またまたLink2SDのお話しです。

マウントエラーの件、あれこれ試してみましたが、どれも特効薬ではありませんでした。
今でも数回に一度、マウントエラーor一部アプリだけ消えるという現象が起こっています(´・ω・`)
ネット上で同じような現象に悩まされている人は何人も居るのに、これと言った対策が書かれていないまま、お蔵入りのような状態です。

そんな時。
acroとは全く無関係のページで、興味深い記事を発見しました。
それによれば、Xperia系カーネルはext3のマウントに不具合を抱えていて、ext3でマウントしたパーティションが、動作不安定になる、と。

ほほー(゚∀゚)

なるほど。
Link2SDの紹介記事で、ext2でフォーマットしろと書いてあるページの意味が、これで納得行きました。
まあ、今までext3で問題なく動いていたウチのacroが、ある日を境に不安定になった原因までは、ここからは証明不可能なんですけどね。

何はともあれ、原因がほぼそれだとわかったのなら、次は対策です。
なになに?
「カスタムカーネルへの書き換えが必要」と。

acroは無理・・・(ノ∀`)

となれば、ext2でマウントする以外に方法はありませんが、幸いにもext3領域をext2としてマウントすることは可能らしいのでLink2SDで、ext2としてマウントスクリプトを再生成すれば、事は簡単かも知れません。
早速試してみると・・・

ダメ。エラーになる(´・ω・`)

じゃあこうしましょう。
既存のマウントスクリプトを直接書き換えて、ext2としてマウントさせれば或いは?
と思った直後、「ext2領域は1G未満で」という記事を発見。

あー・・・

ウチのext3は、ほぼキッチリ1Gなのよね(´;ω;`)

というわけで、大人しくext2でフォーマットし直しますorz
丁度今使っているSDカード(上海問屋のClass10)に不安を感じ始めたので、サムソン製Class10に買い替えるとしますか。

今度こそビンゴだといいなぁ・゜・(ノ∀`)・゜・


【12/8/26追記】

結果から言いますと、「ビンゴ」でしたヽ(´ー`)ノ

1G未満のext2パーティションであれば、起動時にマウントに失敗することは無さそうです。
再起動を何度か試しましたが、全くミスることなく、キッチリ起動しています。

何はともあれ、原因がハッキリして良かった(;゚∀゚)=3

さて。
ここからは次回のセットアップに備えた、自分自身への覚え書きです。

■Link2SD用「/data/sdext2/dalvik」について■
SDカードの中身をごっそりコピーしても、このディレクトリだけはコピーされない。
つまり、新しいSDカードでディレクトリを作り直し、再起動をする必要がある。
これを怠ると、dalvik-cacheはぜーんぶ本体に保存されてしまい、Titanium Backupからの復元中、あっと言う間に容量不足エラー発生orz

■au Marketアプリについて■
これ、Titanium Backupでバックアップを取ることが不可能。
よって、au Market経由でのインストールし直しか、「data/app」配下の「com.kddi.market-2.apk」からのインストールし直しが必要となる。

もしau Market経由でDLする場合、当然root解除が必要になるから、インストール時はLink2SDが無効になっていることに注意。
何も考えずに再起動すると・・・(((( ;゜Д゜))))

ちなみに、au Market経由でのインストールには、何故か本体ストレージの空き容量が60M必要のご様子。
au Marketアプリって3M無いんだけど・・・(´・ω・`)

■Eメールアプリ(キャリアの方)について■
これもTitanium Backupでのバックアップが不可能(データのみバックアップされる。データのバックアップなら、Eメールアプリのバックアップ機能で十分)
au Market経由でインストールし直すか、「data/app-private」配下の「com.kddi.android.email-1.apk」からインストールし直し。

ちなみにこいつのインストールには、何故か内蔵ストレージの空き容量が100M必要。
まったくもって意味不明・・・

■SDカード交換時の作業フロー■
①Titanium Backupでフルバックアップ
②EメールアプリのデータをSDカードにバックアップ
③本体にESファイルエクスプローラ、Titanium Backupが存在することを確認
④新しいSDカードを端末でフォーマット
⑤PCで新しいSDカードにext2パーティション作成
⑥旧SDカードのFAT32領域を、新SDカードにコピー
⑦新SDカードを端末に挿して、端末再起動
⑧Link2SDでマウントスクリプトの再生成実行
⑨link2sdに「/data/sdext2/dalvik」関係の文を追記
⑩link2sdのパーミッションを777に変更
⑪ディレクトリ「/data/sdext2/dalvik」を作成
⑫ディレクトリ「/data/dalvik-cache」の中を全削除
⑬端末再起動
⑭au MarketアプリとEメールアプリをインストールし直し
⑮メールデータを②から復元
⑯Titanium Backupで各アプリを復元

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

【IS11S】 やっぱダメっぽい

頻度はけして高くはありませんが、やっぱり再起動時にSDカードのマウントにミスるようです。
sleep 5でもsleep 10でも同じ。
なるものはなります。
install_recovery.shに、su権限だのboot権限だの付与してもダメ(´・ω・`)

こりゃそろそろ手詰まり&端末再起動がトラウマになっちまうってことで、ネットをあちこち調べてみました。
すると、init.d配下にマウントスクリプトを置くことが、改善策として有効そうなことがわかりました。
とはいえ、以前の書き込みで私が「無い無い」言ってたように、IS11Sはデフォで「/etc/init.d」が存在しません。
ですからあえて作らなければいけません。

これを実現してくれるのが、「2011 xperia用 Tweaks &modules installer」です。

http://thjap.org/android/xperia-series/2011-xperia/291.html

うーむ・・・
コメントを見ていると、「起動しなくなった」「一定時間で再起動する」とか、インストールにちょっと勇気が必要ですね・・・
というわけで、Titanium Backupで全バックアップを取ったら、レッツトライ!

===============
■2011 xperia用 Tweaks &modules installer v1.6■
1.IS11SをPCに繋いで、「install.cmd」を実行

2.途中エンターキーを1回叩くと、端末側でSuperuserの許可を求められるので、これを許可

3.エンターキーをもう一回叩いて終了

4.端末再起動

※ この時点で「/data/sdext2/dalvik-cache」へのリンクが切れて、
  「/data/dalvik-cache」に新たにdalvik-cacheが作られている。
  要は「/data/sdext2/dalvik-cache」と「/data/dalvik-cache」が
  ダブっている状態(´・ω・`)

■Link2SDのマウントスクリプトを再生成■
1.アプリ管理画面からLink2SDのデータを削除

01

2.「/etc/install_recovery.sh」を削除

02

3.Link2SDでマウントスクリプトの再生成を実行

03

4.「/etc/init.d」配下に「11link2sd」が作られた事を確認

04_2

5.アプリの強制終了メッセージがうるさいので端末再起動(´・ω・`)

■ついでに端末再起動時のdalvik-cacheのリンク切れ対策も■
1.「/data/sdext2/dalvik」フォルダ作成

05

2.「/etc/init.d/11link2sd」の末尾に以下追加

mount -o bind /data/sdext2/dalvik /data/dalvik-cache
chown 1000:1000 /data/dalvik-cache
chmod 0777 /data/dalvik-cache

06

3.「/etc/init.d/11link2sd」のパーミッションを777に変更

07


08

4.「/data/dalvik-cache」の中身を削除

09

5.「/data/sdext2/dalvik-cache」の中身も削除

10

6.速攻で端末再起動(もたもたしてたら「/data/dalvik-cache」が復活しちゃうw)
===============

理屈がわからないままやると怖いので、自分のためにも補足しておきます。
↑の3行は、マウント済みの「/data/dalvik-cache」を、「/data/sdext2/dalvik」に再マウントさせるための3行です。
アニメのセルに例えると、背景セル(「/data/dalvik-cache」)の上に人物セル(「/data/sdext2/dalvik」)を重ねて、背景セルに木(ファイル)を書き込んだつもりでも、実は人物セルに木が書き込まれている、という状態。

気を付ける点としては、スクリプトが有効の間は、本来の「/data/dalvik-cache」が見えないこと。
見た目は「/data/dalvik-cache」の中を表示しているように見えるけど、実は見えているのは「/data/sdext2/dalvik」の中。
ということは、本来の「/data/dalvik-cache」のファイルを削除してからスクリプトを有効にしないと、いくら「/data/dalvik-cache」の中身を消したところで、実際に消えているのは「/data/sdext2/dalvik」の中。
つまり、内蔵ストレージの容量を減らすことができません( ゚Д゚)y-~~

もしヤッチマッたら、↑の3行が無い11link2sdを使って端末再起動し、「/data/dalvik-cache」を全削除すればOKです。

効果の程はというと、端末再起動時のdalvik-cacheリンク切れ問題は解決したけど、再起動時のマウントの失敗は直っていませんorz
正しくは、完全なマウントの失敗って訳じゃなくて、幾つかアプリが消えるって感じですね。
一回、正常マウント時のログと、異常マウント時のログを追ってみますか・・・

ここからは別件。
acroってホーム画面の表示の時に、アイコンの表示にもたつくこと多いですよね?
これってAndroid2.3からの機能である、アプリ起動時のホーム画面のkillが原因であることは既知のこと。
とはいえあのもっさり感は、急いで操作したい時に、イライラするだけです。

これに対する解決策として、ホーム画面をkillさせないという手段があるようです。
というか、そんな方法があるなんて今知った!

===============
■ホーム画面をkillさせない■
1.「/system/build.prop」に、以下3行を追記

ro.HOME_APP_ADJ=1
ro.HOME_APP_MIN_ADJ=0
ro.HOME_APP_MAX_ADJ=1

11

2.端末再起動

3.Autokiller Memory Optimizerなどでプロセスを確認し、oom値(※)が「1」になっていれば成功

12

※ Out of Memory値:メモリが一杯になった時、killする優先度。1が最も優先度が低く、数字が大きくなるごとに優先度が高くなる
===============

これすごいです!。
ホーム画面がスパッと表示されます!
気持ちよいほど、スパスパ表示されますw
Tweaksも合わせると、今までのもっさり感はなんだったんだろうと思うほど、快適になります(*´∀`)

さらについでに、プリインストールアプリを幾つか消しました。
systemを圧迫するからねぇ(´・ω・`)

以下が消したアプリの一覧。

 Androidライブ壁紙
 Eメール
 Music Likes
 Play on Device
 PO Box touch
 Sakura
 Video Unlimited
 Woody
 アナログ時計
 オンオフウィジェット
 カレンダー
 カレンダー(ウィジェット)
 サウンドビジュアル壁紙
 ステータススイッチ
 セットアップガイド
 デジタル時計
 デジタル時計(ウィジェット)
 ニュースと天気
 ビデオプレーヤー
 ビデオ編集
 マジックスモーク壁紙
 ミュージック
 ミュージックプレーヤー
 外国語キーボード
 取扱説明書IS11S
 世界時計
 中国語キーボード
 定型文
 友達のゲームとアプリケーション
 友達の音楽と動画

これだけでも、「/system」に60M程度の空きが出来ますヽ(´ー`)ノ
facebook関係を全デリすると更に良いんでしょうけど、facebookは地味に使っているから残し対象に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

【IS11S】 やっぱりおかしい

以前、Link2SDのマウントエラーから始まった一連のトラブルが解決したー的な記事を書きましたが、やっぱりまだおかしい感じです。
端末を再起動すると、数回に一回、SDカードのマウントに失敗します。
そんな時はまた再起動し直せば良いんですが、マウントに失敗する度にホーム画面のウィジェットやショートカットが消え去るため、いちいち再配置しなくてはいけません。

これが、結構苦痛('A`)ノ
しかも再起動すらためらうようになっちゃうという・・・(ノ∀`)

そこで本腰を入れて色々調べてみると、マウントスクリプト中に、「sleep 2」を追加するのが特効薬っぽいですね。
早速やってみようと思ったのですが、そのマウントスクリプトである「11link2sd.ini」どころか、格納ディレクトリである「/system/etc/init.d」がどこにもありゃーしません(´・ω・`)

はて・・・?

さらに調べていくと、どうやら↓がソレのようです。

 /sysytem/etc/install_recovery.sh

早速、マウント(mount)の前に、以下を追記します。

 sleep 2

そして、wktkしつつ端末を再起動してみるも、速攻でNGorz
うーむw

そこで今度は、「sleep 5」で再挑戦です。
2秒がダメなら5秒でどうだ!という単純な理屈(`・ω・´)

とりあえず今度は大丈夫のようで、再起動を10回ほど試してみましたが、マウントの失敗はゼロでしたヽ(´ー`)ノ
しばらくこれで様子見ですね。

↓こんな感じ

01

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

【雑談】 京浜東北線めえええええ

今朝京急蒲田駅に行くと、何やらすごい混雑ぶり。
どうやら京急線で、大きな遅延が発生している模様。

何かと思ったら、京浜東北線が大宮駅の信号確認の影響で運転中止になり、京急は振替輸送の影響で、駅も電車もパニック状態らしい。

クソ・・・
蒲田に引っ越してから2週間。
出社時、ギューギュー詰めの電車とは無縁の生活をエンジョイしていたというのに、早々に地獄到来ですか('A`)ノ

京浜東北も京浜東北ですなぁ。
問題は大宮じゃん?
何故大船から全線運転見合わせにするかな?
大宮手前までのピストン輸送なりの手段はいくらでもあるのに、どんだけ殿様商売だ、JR東日本は。

こっちは汗でビッチョビチョのオヤヂや、ワキガくせーオヤヂと密着させられて、朝から気分最悪だっつーのヽ(`Д´)ノ
つか、ワキガくせー奴、マヂ消えてくれ。
環境汚染甚だしい・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »