« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

【艦これ】 そこはデリケートですぅ~

風邪こじらせるわ、仲間内での忘年会だわ、冬の祭典だわと慌ただしい数日間が終わったので、近況報告をちょろっと。

秋イベ以来の新艦娘である山雲ですが、

20141230_01

実装当日にドロップ・・・って、おいいいいいいぃぃぃぃ!

タブレット(3G回線)でプレイしている時はこういうのって当然のように起きるんですが、まさかデスクトップ機で起きるなんて・・・

あと、

20141230_02

餓狼伝説の改ニへの改修も完了です。
初期装備が2号砲の論者積みでワラタwww

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

【RO】 CrossFire環境のフルスクリーンプレイで画面の下がちらつく

数年ぶりのROネタ!?
といっても、プレイがどうこうと言う話ではありませんが。

サブPCをHD4770 CrossFire(以下CF)環境にしてから、ROをフルスクリーンで起動した場合、画面の下あたりがちらつく様になりました。
Windowモードだと問題が無いのでHD4770が壊れているとか、CFが正しく動いていない訳では無さそう。
色々調べていくと、CFってフルスクリーン時のみとかなんとか・・・

あー、そういうことか(゚∀゚)

早速CCCから、

01

アプリケーションプロファイルとやらを設定してみました。
ポイントは「Ragexe.exe」と「CrossFireXモード=無効」。

これでフルスクリーンでもちらつかなくなりましたとさ。
めでたしめでたし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

【PC】 メインPC更改完了

定格4Gの4790Kを以て、そろそろi7も熟成した感があります。
数年前のi7ならQ6600からの乗り換えは考えこそすれど実行にまで至りませんしたが、Haswell、特にDevil's Canyonには食指を動かされました。

ここで組まなければいつ組むの?いm

ということで、6年の歳月を共にしたQ6600に別れを告げ、ついにi7への移行を決断しました。
テーマは「至高の艦これ専用マシン」(震え声)

■スペック■
 CPU         Core i7 4790K(+Scythe APSALUS3 120)
 M/B         Asus Z97-PRO GAMER
 MEM        CFD W3U1600HQ-8G(16G)
 V/B         ZOTAC STRIX-GTX970-DC2OC-4GD5
 SSD         Intel 520 120G
 SSD(M.2)  Transcend TS64GMTS400
 HDD         WD WD10EZEX(RAID1・現メインPCのもの)
 BD           Pionner BDR-209JBK
 CASE       Antec P100
 P/U         Scythe 鎌力ゴールド プラグイン 750W

パーツも一通り揃ったので、前回の日曜日に一気に組み上げました。
さくっと組み上げて、さくっと起動して、さくっとOS乗せて、トータル4時間程度でした。
その内の1時間は裏配線の配置で、あーでもないこーでもないそーでもないといぢり回していた時間なので、実質3時間でWin7が立ち上がったことになります。

普段は組んだら組んだで起動しないわ、OSを乗せたら乗せたで挙動がおかしいわと、一回は何かしらのトラブルに見舞われていたのですが、今回なんて完全にポン付け終了です。
何事も順調に越したことはありませんが、これはこれで何だか拍子抜け・・・
あとはこのまま故障が発生しないことを祈るのみです。

水冷クーラーのAPSALUSですが、想像以上に良く冷えてくれます。
Q6600なんてケース背面から暖かい空気がバンバン出ているのに、こっちは暖かさも感じない冷風です。
ベンチをグリグリ動かしても50°(室温24°)に達しませんでした。
今回は定格で使うこと前提ですから、必要十分な冷却性能です。
定格で使うのにZ97+4790Kは宝の持ち腐れでしょー!というツッコミは無しで。

今回購入したマザーにはM.2スロットが搭載されています。
「空きスロットは埋められる時を待っている」と考える私は、そこにSSDを搭載しました。
これでISRTこと、Intel スマート・レスポンス・テクノロジーが試せるって寸法です。
(IRST=ラピッド・ストレージ・テクノロジーと区別が付かんw)

04

UEFIでM.2スロットをSATAに設定し、ラピッドストレージマネージャーでISRTを有効にしたら完了です。

その効果ですが、素の状態のWD10EZEXは

02

このくらいの数値ですが、ISRTが有効の場合は

03

なんだこれwwwwwと、リアルに変な笑いが出るほどです。

データをそこそこ突っ込んだ後も、

06

07

この数値ですから驚愕です。
書き込み全般はSSDに及ばないにしろ、70MB/s以上出るなら支障全く無しです。

そしてシステムドライブのIntel  520は

05

このくらい叩き出しています。

旧メインPCに搭載していたIntel 330が

10

このくらいでしたから、私にしてみりゃ異次元レベル!

今度のメインPCはドライブ関係だけが速いわけではありません。
総合性能で勝負です。

20141227_102946_r

ゆめりあ(1280×960 最高)でも

20

FF14ベンチでも高いスコアを拝めます。
Q6600@3G+HD4770の頃と雲泥の差www

これだけの性能のPCなのに、遊ぶゲームは艦これとRO

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

【PC】 P5K-EとWD10EZEX(Western Digital)とRAID1

1年ほど前のこと。
メインPCのデータ保存ドライブ(RAID1)をHGST製HDDから、WD製WD10EZEXに変更しました。
選択基準は「安い!容量大きい!」です。

後になって知ったことですが、実はこのHDD、WD公式ではRAID非推奨のようです。
WDがRAID推奨としているのはRedシリーズ。
で、WD10EZEXはBlueシリーズ。
でも「RAIDが不可能」とは言っていませんし、ま、動けばいいんですw

最近になり、ふとそのドライブからの読み込みが遅く感じ始めました。
そこで試しにベンチ(CrystalDiskMark)を回してみると、

20141217_01_2

あらま、シーケンシャルREADの転送速度が「40MB/s」程度しかありませんw

そりゃ遅いわけです。

早速、原因の切り分けのためにRAIDを崩し、HDDを1台ずつベンチに掛けてみました。
すると驚いたことに、どちらのHDDも「40MB/s」程度ではありませんか。
SATAケーブルを交換しても、マザボの他のポートに挿しても、2台ともこのあたりの数字のまま。

ダメ元でデフラグを実施したところ、

20141217_02_3

やや上がったかな?
それでもまだATA66に毛が生えたレベルですね。

さすがに2台同時クラッシュは認めたくないので、今度はドライバを疑い始めます。
するとメインPCのマザーであるP5K-E搭載のRAIDコントローラ(ICH9R)はIntel RST(ラピッド・ストレージ・テクノロジー)ではサポート対象外で、その前身であるIntel MSM(マトリクス・ストレージ・マネージャー)までという情報を得ました。
そこで、早速ICH9R対応とされる最終バージョン(10.8.0.1003)のIntel MSMをインストールし、改めてベンチを回しましたが・・・何も変わらねぇorz

最後の悪あがきとして、今度はWD10EZEXをケーブルごとそっくりそのままサブPCに移設し、ベンチを回すことにしました。
ちなみに、サブPCはギガバイトのP35マザーのため、同じくICH9Rな上、RSTも最新版が乗っています。
原因究明には適切な環境です。

ベンチの結果は

20141217_03

っておいwww

結論。
P5K-EとWD10EZEXの相性は悪かった。以上!

残る問題としては、最初から遅かったのか?それとも何かをトリガーに遅くなったのか?ですが、それを追究するつもりはありません。
何故なら、年内にメインPCをi7 4790K+Z97+GTX970に更改し、そこにWD10EZEXを移設するからです。

ごめん、嘘言った。
単にめんどくさいからw

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

【PC】 K480のダメなところ

到着直後は概ね満足でしたが、数日経つと致命的な部分が見つかりました。
それは、デフォルトでF1~F12キーに、にショートカットが割り付けられていること。
通常のファンクションキーとして認識させるには、[Fn]キーの同時押しが必要です。

これ、ネトゲやる上で物凄い不便なんです。
仕事で使おうと思ったら、さらに不便です。
ショートカットがデフォルトとか、激しく余計なお世話。

で。実はこれ、Logicool Optionsなるソフトウェアで変更可能で、それにより[Fn]キーを押さなくても、通常のファンクションキーとして認識させることが可能になります。
が、そのLogicool Optionsもまた使えないヤツで、少なくとも以下の事象を確認しました。

 1:インストール時にK480が接続されていないと以後一切認識せず
   →逆に一回認識してしまえば、切断状態でも設定は変更できる

 2:OS起動直後に設定がデフォルト値に戻される
   →UI画面を開くと設定が反映される

 3:電源ON→OFFやCHを切り替えた後も設定がデフォルトに
   →2同様、UI画面を開くと設定が反映される

なーんか使えないアプリですねぇ(´・ω・`)
1はインストール時に気を付ければ良いだけですが、問題は2、3です。
いちいちUI画面開くとか、めんどくさいったらありゃしません。

色々突き詰めていくと、UI画面を開かずとも「LogiOptionsMgr.exe」(プロセス)を再起動すれば良さげなので、K480との接続確立でそれを自動的に再起動するような仕組みでも考えますか。
ま、暇とやる気があれば、ですが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

【PC】 K480が届いた

20141211_01

質感も思ったほど安っぽくないし、想像以上にキーのタッチ感も良いし、コストパフォーマンスに優れたキーボードだと思います。
何よりダイアル一つで接続機器を変えられる点が◎

K480の購入にあたり私が最も気にしていたのは、CPU切替器に挿したUSBドングルで、K480を複数のPCで共有可能か?でした。
そして答は”NO”でした。
というのも、K480はMACアドレス基準でリンクキーを記憶しているようで、同じUSBドングルでペアリングを行うと、その都度リンクキーの上書きが発生しているからです。

例えば、機器切り替えダイアルを「1」にしてPC1でペアリングした後、PC1のドングルをPC2に挿し直してからダイアル「2」でペアリングをすると、PC1のペアリング情報(=ダイアル「1」)が消されてしまいます。
これってつまり、リンクキー保存時の追加・更新の判定が、

 ①「ダイアル位置」
 ②「MACアドレス」

ではなく、

 ①「MACアドレス」
 ②「ダイアル位置」

で行われているということ。
MACアドレスで一意性を持っているんでしょうね。

結局、CPU切替器でUSBドングルを共有する夢は潰え、各PCにUSBドングルを挿さなければいけないのが現実、と(ノ∀`)
とはいえど、いちいちペアリングをし直す必要が無く、ダイアル一つで各PCへ瞬時に繋がる利便性は侮れません。
CPU切替器の操作以外に、K480のダイアル操作をするだけですしね。

あと、

20141211_02

こんなことが出来るのも◎
大きさ的にモバイル用途には不向きですが、そこはポケモンキーボードで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

【PC】 BluetoothのドングルとCPU切替器と東芝スタック

久々のPCネタは「Bluetooth」です。

①BluetoothのUSBドングルはCPU切替器でも使用可能か?

答はYES。
例えばCPU切替器に挿したUSBドングルとBluetoothキーボードをペアリングすれば、切り替えたPCでそのキーボードは問題無く認識します。
ただしこの場合、切り替えの度にペアリングし直しになり、ものすごーくめんどくさいです。

②東芝スタックを試用版から正規版にする方法は?

東芝スタックが付属していないドングルで使用する場合、試用版(30日)になってしまいますよね?
限りなく黒に近いグレーな方法ですが、

20141209_01_2

この状態で、ク○ック版「TosBtChk.dll」を上書きしてやれば、

20141209_02_2

ほ~ら正規版に変わったw

ク○ック版「TosBtChk.dll」は↓
http://tehnikpc.net/ftp/drivers/Toshiba%20Bluetooth%20Stack%209.10.11T/Cracked-dll-x64/
http://tehnikpc.net/ftp/drivers/Toshiba%20Bluetooth%20Stack%209.10.11T/Cracked-dll-x86/

③Bluetoothキーボードで「ようこそ画面」(ログイン画面)のパスワード入力は可能か?

東芝スタックではOKでした。
対してBluesoleilはアウトでした(どうやら東芝スタック以外はダメらしい)
BIOSは言うまでも無く、Bluetoothキーボードでは操作できませんのでご注意を。

なんで突然こんなネタかと言うと、サブPC用キーボードの傍に一時的に立て掛けておいたM4A1(ガスライフル)がキーボードの上に思い切りバキッ!っと倒れ、USBコネクタがひん曲がった挙げ句にキーが幾つか死んでしまいまして・・・
これはもう買い替えだなと思い、どうせならBluetoothキーボードにしたいけどCPU切替器は?MDR-ZX750BNも使うのに最適なスタックは?と調べ始めたことがきっかけです。

これで心置きなくロジのK480が買えますヽ(´ー`)ノ


【12/14追記】

東芝スタックでは、AVRCPの操作対象プレーヤーとしてWindows Media Player、iTunes、Windows Media Centerが選択可能です。
WMPは問題無くリモコン操作できるのですが、iTunes12は何故かリモコン操作ができません。

あれこれ試行した結果、出た答え。

iTunes12が最前面だとNG。

んなバカなw

| | コメント (13) | トラックバック (0)
|

【艦これ】 秋イベ後の近況

■資材■

消費が2万程度で済んだので、

Kancolle_20141209_01

秋イベ前の状態まで戻りました。
バケツが少ないのは、5-5を除くEO海域を全てクリアした後なので。

なんかあれですよ。
資材が100Kを越えた頃から如何に温存するか?を重要視するようになり、今では数字が上がっていくことに喜びすら感じますわw
各資材200K突破まであと少し!

■改装■

まず秋イベで拾った艦娘ですが、

Kancolle_20141209_02

Kancolle_20141209_03

Kancolle_20141209_04

Kancolle_20141209_05

言うまでも無く全員改装完了しています。

次に12/1までに実装された改ニですが、

Kancolle_20141209_06

Kancolle_20141209_07

こちらも完了しています。

元々90を越えていた山城とは違い、古鷹は拾うところから始めた(秋イベで空き枠の関係で手放した)ので、結構しんどかったですけどね。

続きを読む "【艦これ】 秋イベ後の近況"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »