« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

【艦これ】 ぶっちゃけ現在も旅先(佐渡)ですが

Kancolle_20150430

寝る前に春イベントを進めているなんて言えないw

タブレット以外にX240FHD持ってきて良かったーw

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

【雑談】 今年の新潟・佐渡旅行の日程

ここ数日、天気予報ばかり気にしていたのですが、

20150425_01

全日程晴れがほぼ確定したのでテンションMAX!!

これだけ気持ちよく晴れが続くなら、今まで曇りで泣きを見たところに行きまくれるじゃないっすか-。
ということで、今年こそは太陽の光に彩られた佐渡の大自然をカメラに収めるぞい。

以下、日程です(★=初)

■1日目(4/27)■
  ★東京→上越妙高 北陸新幹線
  ★上越妙高→直江津 えちごトキめき鉄道
  ★直江津港→小木港 佐渡汽船フェリー「あかね」
  ★城山公園
  ★西三川ゴールドパーク
  トキの森公園

■2日目(4/28)■
  姫崎灯台(★朝日見物)
  津神島
  赤亀岩
  風島弁天
  ★養老の滝
  ★松ヶ崎ヒストリーパーク
  鰐清水
  赤泊周辺散策(★あかどまり港史跡公園)
  矢島・経島
  千石船展示館
  琴浦龍宮殿
  宿根木(遊歩道)
  長者ヶ橋
  ★深浦集落
  沢崎灯台
  神子岩
  「飛べ!ダコタ」オープンセット
  ★小泊白山神社
  ★十郎滝
  ★鍋倉の滝

■3日目(4/29)■
  弾崎灯台
  二ツ亀
  大野亀(今回も登頂)
  舟隠し岩
  山居の池
  大ザレの滝(勿論滝壺まで行く)
  海府大橋
  入崎観音堂
  平根崎波蝕甌穴群
  尖閣湾
  姫津大橋
  弁慶のはさみ石
  ★千畳敷
  夫婦岩(夕日見物)

■4日目(4/30)■
  ★二ツ岩大明神
  ★百足山神社
  佐渡金山(★山師体験コース・★産業遺産コース)
  大佐渡スカイライン
  ドンデン山荘
  ★あいぽーと佐渡
  両津港→新潟港 佐渡汽船フェリー「おけさ丸」

■5日目(5/1)■
  信濃川河川敷散策
  白山神社
  弥彦神社
  弥彦山
  新潟→東京 上越新幹線

で。どこに行っても艦これだけは捨てない私ですが、さすがにタブレットでの春イベント攻略はちょっとねぇw
ということで、春イベントは帰宅後ゆっくりやることにします。
2015冬のようなラストダンスで泥沼ってのだけはありませんように・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

【艦これ】 あれ?

Kancolle_20150423_01_2

Kancolle_20150423_02

23日のオンメンテって「0時」からなのかwww
風呂出てログインしてびっくりしましたわwww

ということはですね、

Kancolle_20150423_03

睦月の改ニもキテタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

Kancolle_20150423_04

では早速。

Kancolle_20150423_05

Kancolle_20150423_07

勇ましくなっとるじゃないですかー!

Kancolle_20150423_08

Kancolle_20150423_09

続いて、如月も改ニにします!

Kancolle_20150423_10_2

Kancolle_20150423_11

Kancolle_20150423_12

かわいくなっとるじゃないですかー!

ちなみに今回の改ニ実装、珍しく短期集中育成をせずに済みました。
睦月も如月も初期からの遠征組で、最近それだけで65になっていましたから。
逆に皐月、長月、三日月、文月、霞、大潮、曙、子日、霰、深雪、初雪、白雪、敷波の改ニが来たら大慌て・・・

ともかくこれで無駄な改修や解体をせずに済みます。
実はここしばらく、空母以外は近代化改修の餌にすることさえできず、戦艦や重巡すら解体をしていたほどです(ノ∀`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

【雑談】 運気上昇傾向!?

ダメ元で申し込んだ「第二回 艦これ観艦式」の先行抽選ですが、

20150422_01

見事に当選!

が、これまでに艦これ関係のイベントと夜勤がバッティングすることが多かったので、この日もまだ安心は出来ないんですけどね・・・

話は変わって、来る4月27日(月)~5月1日(金)に、「新潟・佐渡の旅 ~第四弾~」を予定しています。
その内、4月27(月)~4月30日(木)は佐渡に滞在することになるのですが、気になるお天気はというと、

20150422_02

見事に晴れ!

過去3回の旅行では、佐渡滞在期間中に必ず1日は晴れマークでは無かったので、ここまで晴れマークが並ぶと妙にテンションが上がりますw
これで「姫崎灯台で拝む朝日」と、「真野湾で拝む夕日」のリベンジを果たせそうですヽ(´ー`)ノ

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

【艦これ】 春イベを控えた俺鎮守府の近況

■資材■

Kancolle_20150413_01

冬イベで大量消費(なんて生やさしいレベルじゃないけどw)した各資材が、ようやく(ほぼ)冬イベ開始前の状態まで戻りました。
2ヶ月で10万も不可能じゃないんだなぁと実感。

■育成■

Kancolle_20150413_02

「雲が付く駆逐艦」と発表されてから慌てて育成を始めた叢雲ですが、演習旗艦と1-5周回で集中育成し、

Kancolle_20150413_03

無事改ニになりました。
駆逐70が割とあっさり達成できるなんて、良い時代になったもんです。

■攻略■

Kancolle_20150413_04

新海域の1-6ですが、

Kancolle_20150413_05

対空カットインに

Kancolle_20150413_06

夜戦カットインにと、一人で大活躍のばりぃさんのお陰で

Kancolle_20150413_07

あっさり終了w

とまあ、イベント前にやることはやったし、あとは待つだけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

【雑談】 巷で”紐”が流行っているので

閃いた(;゚∀゚)

20150412_111234_r

ヘスティア、目標を駆逐する!

20150412_111323_r

俺は、神様になれない・・・

20150412_111340_r

胸の出っ張り動くこととか、紐を通すに相応しい二の腕の粒子供給コードとか、背中のGNドライブとか、期待させてくれる要素は沢山あるんだけども。

とまあ、”エクシア”と”ヘスティア”が語呂的に似ていt

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

【PC】 神マウス降臨!

予約解禁と同時にポチったアイツが、今日降臨しました。

Mx2000_01

MX MASTER(MX2000)!

シンプルでも高級感の漂うパッケージですね。

Mx2000_02

MX-Rのパッケージ同様、フタがパカっと開きます。
これぞ高級マウスの証w

Mx2000_03

内容物は至ってシンプル。
本体、ナノレシーバー、USBケーブル、ドキュメントのみ。

プリスターの右の丸い金属は、フタを固定するための磁石です。

Mx2000_04

愛機MX-Rとの比較です。

第一印象。
例えるならMX-Rがバーチャファイター2で、MX2000がバーチャファイターw

MX2000の本体の黒い部分は滑り止め効果の高いマット塗装です。
クリックボタンの部分は別パーツで、こちらは本体と異なるすべすべのマット塗装です。
この高級感、さすが12000円のマウスだな-w

プレシジョンスクロールホイールの中央部分は、MX-Rのようなゴム製のリングではなく、プラスチック製のリングです。
深めの横みぞがあるため、回したときに指が滑ることはありません。

Mx2000_05

横から。
MX-Rはなだらかに盛り上がるのに対し、MX2000はスッと盛り上がっています。

私の手のサイズ且つマウスの握り方では、断然MX-Rの方がしっくり来ます。
MX2000は外人の手に合わせて設計されているのか、やや日本人の手には余る大きさです。

Mx2000_06

前から。

Mx2000_07

後から。

親指を添える窪み部分が、絶妙なラインで◎
MX-Rのように親指の根本部分が一瞬引っ掛かることもなく、スッと握ることができます。

Mx2000_08

底面。

なんか某国の双胴ステルス艦っぽいwww
上から電源ボタン、connectボタン、レーザー照射部分、接続先切り替えボタンが並んでいます。

なんとこやつ、接続先を3箇所まで切り替えることができるんです。
たまげたなぁ。

Mx2000_09

付属のナノレシーバーとK800(右)付属のもの。

Mx2000_10

カスタマイズ可能なボタンは全部で6つあります。
それぞれカスタマイズの幅が広い反面、アプリケーション毎の割り振りができないという最大の欠点が。

何故無くしたし・・・(´・ω・`)

MX-Rと大きく異なる部分は、ホイール自体に横スクロール機能が無いことです。
代わりにサムホイールに横スクロール機能がデフォルトで割り振られています。
これ慣れるまでに時間は掛かりそうです。

進む/戻るボタンはどちらもMX-Rより押しやすい位置にあります。
MX-Rでは進むボタンを押す際に手のポジションをずらしていましたが、その必要が無い点が◎
ただし独特のボタン形状のため、慣れるまでに時間が掛かりそうですね。

何が嬉しいかって、MX-RではSetpoint 6以降で封印されてしまった、プレシジョンスクロールとスクロールモードシフトの共存の復活です。
普段はプレシジョンスクロールにしておき、必要に応じてクリックトゥクリックとフリースピンを手動で切り替える。
それって凄く便利なんですよねー。

Mx2000_12

ジェスチャーボタンにはクリックだけではなく、押し続け+マウス動作にも各種機能を割り振ることができます。
例えばクリック時にミュート、押し続け+マウス上でボリュームアップ、押し続け+マウス下でボリュームダウン、押し続け+マウス左で曲戻し、押し続け+マウス右で曲送りといった機能が割り振れます。
(ジェスチャーボタンを押し続けている間はマウスポインタは動きません)

ジェスチャーボタンに割り振ることが可能な機能は、

Mx2000_13

Mx2000_14

Mx2000_15_2

Mx2000_16

これだけありました。
カスタマイズの幅としては十分ですね。

とまあ、各ボタンへの割り振りに関しては文句は無いのですが、

Mx2000_11

如何せんSetpointよりカスタマイズの幅が無い!
こんな簡素でいいの!?と疑ってしまうほどです。

さらに、ポインタの移動速度を目一杯右にスライドさせても、MX-Rの時のような移動速度が出ないって何?
横配置のデュアルモニターの場合、小さい手の動きで左のモニターから右のモニターへ、スパッとマウスポインターが動いてナンボなのにー。

しばし悩んだ末、

Mx2000_17

マウスのプロパティとの併用で解決しました。

なんだかなぁ・・・(´・ω・`)

以上、MX2000でした。
やはりプレシジョンスクロールホイール搭載マウスは最高です。
これに慣れてしまったら非搭載マウスは使えません。
しかも手動/自動の任意切り替えも出来るのだから、これはもうマウスです!
あまりに気に入ったので、手持ちのMX-Rを全て入れ替えることにしました。

とはいえ、それを使いこなすためのソフトウェア(LogicoolOptions)がすぎます!
Setpointですら出来たことが出来ないって、一体何の冗談かと。
少なくともアプリケーション毎の機能割り振りを実装してくれないと、MX2000を80%も使いこなせていないと思うのですが。

バージョンUPはよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »