« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

【Venue 8 Pro】 スリープ死の原因(今さら感ぱなぃ)

良くVenue 8 Proの欠点の一つとして挙げられる「スリープ死」。
読んで字の如く、スリープボタン押しても復帰しなくなるってやつです。
こうなったら最後、電源長押しで再起動するしかありません。
ウチの子も購入当時から稀に起きていましたが、WWANカードをHuawei ME906Jに変更してから9割方発生する様になり、困り果てました。

スリープ死はVenue 8 Proに限った話ではなく、Miix 2 8でも多数発生しているようですし、それ以外のタブレット、果てはノートPCやデスクトップPCでの発生例も見ます。
そしてその全てに共通しているキーワードは「Win8」(Win8.1)。

解決策として、ネットワークカードの「電源の節約のために~」のチェックを外したり、セレクティブサスペンドを無効にすると良いと聞きますが、ウチの子はそのどちらもダメでした。
ドライバを最新化してもダメ。BIOSを最新化してもダメ。
完全に手詰まりに感じ、最後はスリープボタンにシャットダウンを割り振り、スリープそのものをオミットしてみたり・・・w

スリープボタンでシャットダウンはスリープ死は防ぐ分には良いのですが、次に使うときいちいち再起動ってのはさすがにねぇ。
更なる試行錯誤の結果、ようやくスリープ死の原因を見つけました。

20150630_01

「Intel(R) USB3.0 eXtensible Host Controller」が犯人でした。
こいつの「電源の節約のために~」を外したら、それまでのスリープ死が嘘の様に発生しなくなりましたヽ(´ー`)ノ
それから半年経ちますが、その後も発生していません。

稀にスリープボタンを押してからしばらく後(数秒)に復帰することもありますが、それはご愛敬と言うことでw

ちなみに、WLANとWWANの設定は以下の通りです。
見ての通りデフォルト設定ですが、「Intel(R) USB3.0 eXtensible Host Controller」の設定も併せて、スリープ死が発生しない一例と言うことで。

■Huawei ME906J■

20150630_02

20150630_03_2

■Dell Wireless 15.8 802.11 a/g/n■

20150630_04

20150630_05

20150630_06

20150630_08

20150630_07

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

【艦これ】 新海域6-3

6-2以来、久々の通常海域が実装されました。
イベント海域ではないし、マンスリーでもないので急ぐ必要は無いのですが、未クリアの海域がそこにあることが納得できないという理由でとっととクリアしました。

まず削り時の編成です。

Kancolle_20150626_01

3戦ルート(道中2戦)固定となる軽1、駆4、水1としました。
途中で軽3、駆1、水2の4戦ルートも試しましたが、どうも上手く行かないので止めました(結局は運でしょうけど)

Kancolle_20150626_02

装備は道中の安定とボス昼戦での被害を最小限に留めるべく、回避重視にしました。

が、

Kancolle_20150626_03

それでもCマス梯形の雷撃戦で大破を食らったり、

Kancolle_20150626_04

Eマス単縦ツ級にワンパン貰ったりするので、結局は運ゲーなんですけどね。

そしてそれ以上に極悪な運ゲーがボスです。

Kancolle_20150626_05

こっちが重巡すら出せないことを良しとし、これでもかとフラタとわるさめが大暴れです。
リ級までもがワンパンを狙ってくるから嫌になります。

対してこちらの攻撃はボフボフボフ。
雷撃戦までに随伴艦を減らして欲しいのに、わるさめとフラタばかり狙ってボフボフボフ。
とりあえず駆逐艦を狙いなさいよ、と言いたくなります。

Kancolle_20150626_06

昼戦がそんなだから夜戦も安定しません。

Kancolle_20150626_07

面白いようにボスを倒し損ねます。

この海域、イベント海域のようにゲージをじわじわ削っていくことが不可能です。
旗艦を撃破して初めてゲージが削れます。
ですから旗艦を撃破し損ねることは、無駄に損害を増やすことに繋がります。

色々と理不尽すぎ(´・ω・`)

Kancolle_20150626_08

それでも何とかラストダンスまでこぎ着け、

Kancolle_20150626_09

Kancolle_20150626_10

雪風旗艦スナイプ仕様に変更して挑んだ、ラストダンス1戦目。

Kancolle_20150626_11

昼戦で見事なまでにボコボコにされ、もう一回遊べるドン!な空気が漂い始めた次の瞬間、

Kancolle_20150626_12

雪風のカットインが発動し、

Kancolle_20150626_13

ゴオオオォォォォル!!

泥沼化しなくて良かったわ-。

この攻略中に、

Kancolle_20150626_14

春雨(4隻目)をゲットしました。
本音は2隻目の大淀が欲しかっただなんて贅沢は言わないんだからね。

ちなみにゲージ撃破後は、

Kancolle_20150626_20

Kancolle_20150626_21

ボス艦隊がゲージ削り中の艦隊構成へ戻ります。
それでも周回する気にならないのは事実ですけどね。

しかし、「やっと秋津洲と大艇ちゃんの出番かも!」とも取れる運営のアナウンスから、いざ蓋を開けてみれば結局ちとちよ安定というこの現実を、当の秋津洲はどう思っているのでしょうね?
Wikiにまで「秋津洲は足手まとい」と書かれ、いよいよ使えない子確定でしょうか?

ま、秋津洲は可愛いことこそが正義なので、俺提督的にはそんなのどうでも良いことですけどねw

■戦果■
 ACEGHJ A勝利(ボス撃破)
 ACEGHJ A勝利
 ACEGHJ D敗北
 ---水2、軽3、駆1を試行---
 ACE 大破撤退
 ACEFHJ D敗北
 ---水1、軽1、駆4へ戻す---
 ACE 大破撤退
 ACEGHJ C敗北
 ---大淀を川内型に変更---
 ACEFHI(索敵値29未満のため逸れ)
 ACEFHI(索敵値29未満のため逸れ)
 ACEGHJ A勝利
 AC 大破撤退
 ACEGHJ S勝利(ボス撃破)
 ACEGHJ A勝利
 AC 大破撤退
 ACEGHJ S勝利(ボス撃破。春雨ドロップ)
 ---ラストダンス---
 ACEGHJ A勝利(ボス撃破)

■消費資源■
 燃料 1500
 弾薬 1200
 鋼鉄 1700
 ボーキ 200
 バケツ 55

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

【艦これ】 資源に余裕が出てきたので

Kancolle_20150623_01

4-5をやってみました。
といってもしばらく前の話ですが。

Kancolle_20150623_02

編成はこれにして、

Kancolle_20150623_03

「中央」ルートでゲージを削ります。

Kancolle_20150623_04

ここのボスは港湾棲姫です。
第十一号作戦(2015春イベ)の延長らしいですね。

Kancolle_20150623_05

ゲージ削りは順調に進み、

Kancolle_20150623_06

ほぼ労せずラストダンスに突入です。

あれ?
4-5ってこの程度?(・∀・)

Kancolle_20150623_07

ここからは戦4空2のゴリ押し編成にします。
これにより侵攻ルートも必然的に中央南ルートへと変わります。

この重編成だから大丈夫だろうと高括ってかかったら、

Kancolle_20150623_08

行けそうな状況から

Kancolle_20150623_09

撃ち漏らしたり、

Kancolle_20150623_10

思わぬフルボッコで敗北したりでもう大変(ノ∀`)
「4-5ってこの程度?」とか言って正直すまんかった。

泥沼にハマる予感がし始めたので、ここでテコ入れをします。
中央4戦ルートによる、ボス戦での火力ダウンも原因かな?と思い、

Kancolle_20150623_11

航戦をごっそりパスタ艦級に替え、加賀さんを烈風キャリアにし、赤城さんを潜水艦に。
これで夜戦込みの南ルートを侵攻します。

このルート、初マスの夜戦がやや運任せですが、そこさえ突破してしまえば、

Kancolle_20150623_12

次の軽巡棲鬼は大して驚異ではなく、

Kancolle_20150623_13

ほぼ無傷&最大火力でボスに挑める場合もあります。
この周回がまさにそれです。

Kancolle_20150623_14

勢いそのままに昼戦を突破し、

Kancolle_20150623_15

ようやくゲージ破壊完了!
それにしてもラストダンスで想像以上に苦戦しましたわ。

Kancolle_20150623_16

来月以降はちょっと考えよう(´・ω・`)

■戦果■
 BCFJM S勝利
 BCFJ 大破撤退
 BCFJM S勝利
 BCFJM S勝利
 BCFJM S勝利
 -ラストダンス突入(戦4空2)-
 BC 大破撤退
 BCFHM A勝利
 BC 大破撤退
 BCFH 大破撤退
 BC 大破撤退
 -南ルート(戦4空1潜1)-
 BEHM B敗北
 BE 大破撤退
 BE 大破撤退
 BEHM S勝利

■消費資源■
 燃料 13000
 弾薬 6000
 鋼鉄 15000
 ボーキ 3000
 バケツ 50

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

【艦これ】 この価格帯まで来ると怖いものなし

大和改 重兵装版が届きましたヽ(´ー`)ノ

Img_1287_r

それにしても箱がデカイことデカイこと。

どのくらい大きいかって、

Img_1292_r

500mlのペットボトルと比べるとこの大きさです。

16本は入ろうかという容積ですね。

Img_1288_r_2

しかも箱にエンボス加工がされていたりで高級感がぱないです。

Img_1293_r

うお!?

なんか神々しいまでのオーラを感じる!

Img_1294_r

クオリティがすげえええ!

これぞ2万円の、って

Img_1295_r

左の測距儀の下の飾りが無いorz

初期不良引いた_(:3」∠)_

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

【艦これ】 2時間半

それだけ掛かってようやく注文完了>艦これサントラ2
クレジット情報入力後にトドメの500エラーが出た時は一瞬固まりましたわ・・・

最初から受注生産で良かったのになぁ、と(;´Д`)

ところで、注文開始からしばらく後、ツイッターが急に重くなったと思ったら、

20150609_01

サーバ障害が起きていたんですね。
まさかTVアニメ『艦これ』公式が影響していた・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

【艦これ】 計算ミスは誰にでもある

金剛四姉妹をあと30程度で99という状態まで持っていき

Kancolle_20150607_01_2

さあ揃って99だ!とその瞬間を待った結果、

Kancolle_20150607_02_2

「1」残ったwwwww

Kancolle_20150607_03_2

Kancolle_20150607_04_2

Kancolle_20150607_05_2

Kancolle_20150607_06_2

うーん。
そろそろ変な拘りを捨てて、ジュウコンカッコカリすべき時期なのかも知れませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

【ThinkPad】 大改造!!劇的ビフォーアフター ~X240FHD改~

■タッチパネルAssy■

Img_1253_r

Img_1255_r

Img_1256_r

購入したのはFRU「00HM111」です。

購入はAliExpressの業者さんから。
込み込みで約22,000円。
レノボの見積もりが約80,000円なので、1/4程度ですね。

安っ!

今回タッチパネルAssyを購入するにあたり、苦労した点を簡単に書いておきます。
今後購入される方の参考になれば幸いです。

今回私がlenovoから受理した見積もり書には、「FRU 00HN747へ交換」と書かれていました。
そこでまず、このFRU「00HN747」をネット上で探してみたのですが、在庫終了なのか一般流通されていないのか、ほとんど見かけません。

やむなく互換品を探すに至ったわけですが、ヤフオクやeBayで見かける「X240用タッチパネル」は、

00hm745_2

ほとんどがこの形状のものばかり(FRU「00HM745」と読み取れる)

FRU「00HM745」はX250パーツリストに掲載されていますし、X250とほぼパーツの互換性のあるX240でも使えないわけが無いと思いがちですが、実はそこに落とし穴があります。
この画像はX240用ではなく、Yoga S1用のタッチパネルなんですよ。
しかもAssyに含まれるはずのタッチパネルPCBすら見当たらないと来たもんだ。

商品説明に「X240用」と明記されていても、送られてくるものが画像と同一のものであるなら、当然X240では使用できません。
画像は単なる使い回しで、実際はX240用を送ってくれることが保障されるのであれば良いのですが、個人販売はその辺がイマイチ信用できません。

じゃあ、そもそもどれを買えば正解なのさー?

X240とX250のパーツリストとネットで販売されているものをにらめっこした結果、

 ・FRU「00NM111」
  X240パーツリストに記載あり。
  ウチのX240FHDに実装されていたのはこれ。

 ・FRU「00HN747」
  X240パーツリストに記載あり。
  入手困難?

 ・FRU「00HN748」
  X240パーツリストに記載あり。

 ・FRU「00HM745」
  X250パーツリストに記載あり。
  ヤフオクやeBayで良く見かける。

こんな感じにまとまりました。

FRU「00HN747」はほとんど見かけない。
FRU「00HM745」は商品画像がYoga S1用なのでちょっと避けたい。
そんなこんなで最終的に購入となったのが、AliExpressで売られているものだったわけです。

購入の決め手は、画像的にX240用タッチパネルであること、商品説明にもX240と書かれていること、且つFRU「00HN748」はX240パーツリストにも掲載されていることでした。
さらに販売者からも使用中の機種を聞かれたので、これでX240用タッチパネルが届かなかったら何かの悪い冗談ですw

そして届いたものは此方が求めるものでした。
画像通りにタッチパネルPCBも付属していますし、形状もX240のそれです。
細かいことを言えば、届いたものはFRU「00HM745」ではなくFRU「00HM111」だったことくらいかな?

いよいよ交換作業ですが、保守マニュアルに従って分解・組立をするだけです。
ええ、ホントそれだけですw
上半身を外すこと無く交換することも可能なので、配線類を取ったり付けたりが面倒な人は挑戦してみても良いかも知れません(ソースは私)

分解にあたっては、保守マニュアルに記載されていない手順が必要になります。

まず一つ目。
タッチパネルPCBに接続されているコネクタを外す必要があります。

Img_1261_r

コネクタは↑の赤丸部分に接続されています。
実はこれ、X250の保守マニュアルには記載されているのですが、何故かX240のものには記載がありません。

二つ目。
取り外したタッチパネルAssyから、金属製のステーを取り外す必要があります。

Img_1262_r

↑の赤丸部分の両面テープで固定されているので、ステーを変形させないように丁寧に剥がします。
外したステーは新しいタッチパネルで再利用します。

■フロントストラップベゼル■

Img_1273_r

FRU「04X4004」です。

このパーツは一体何ものか?ですが、タッチパネルAssyの裏に貼り付け、液晶カバーにタッチパネルAssyを固定するためのものです。
非タッチパネル搭載モデルの、フロントベゼルに相当するパーツと考えればOKです。

両面テープが再利用不可能のため、保守マニュアルでも新品への交換を要求しています。
まあ実際のところ、代替両面テープさえ何とかなれば再利用できるんですけどね。
テープの強度とか厚さとか考えるのが面倒だったので、大人しく購入しました。

レノボパーツセンターで購入しました。
込み込み約4,700円也。

高っ!

つか、レノボパーツセンターは送料手数料をボッタ過ぎ。1,600円って・・・

Img_1275_r

タッチパネルAssyにベタっと貼り付けて作業完了です。

補足すると、保守マニュアル上はこれともう一つ、「I字型ベゼル」(FRU「04X5362」)の交換も必要と書かれています。
しかしパーツセンターにも既に在庫が無いらしく、交換したくても購入が不可能という現実です。
とはいえ、交換が必要になる理由ってのが固定用の両面テープにあり、そもそもこのパーツ自体が爪でちゃんと固定されるものなので、実際は再利用可能でしたとさ。

■WWANカード■

N5321

購入したのは「Ericsson N5321」です。
以前購入した「GOBI5000」はNGでしたが、今回は大丈夫でしょう(技適マークもあるし)

購入元はこれまたAliExpressの業者さんで、込み込みで約5,500円也。
「GOBI5000」の時の半値以下だよ、こりゃ・・・

取り付けですが、ボトムカバーを外せばM.2スロットが目に飛び込むので、そこにカードを挿したら赤と青のアンテナ線を接続して終了です。
(既にアンテナ線があること前提)

Img_1278_r

こんな感じに。

あとはSystemUpdateで自動的にドライバが適用され、問題無く電波を掴むはずです。

■独立3ボタン式トラックパッド■

Img_1265_r

Img_1267_r

左がそれ、右がパコパコパッドです。

eBayやAliExpressでも良かったのですが、他のパーツに比べて発注タイミングが遅くなり、送料とか到着日数とか考えたらヤフオクでもいいんじゃないの?と妥協しました。
込み込みで約9,000円。
妥協したので高くも安くもなく。

ネットでは、キーボードまで分解してからの作業を推奨している方もいれば、ボトムカバーとフロントバッテリーのみ外して交換に成功している方も見受けます。
私は基本めんどくさがりな人間ので、とりあえず後者で試行し、ダメなら前者という方針にしました。

結果、
 ①ボトムカバーを外す
 ②フロントバッテリーを取り去る
 ③ロールケージの黒いフィルムを剥がす
 ④さらにもう一枚黒いフィルムを剥がす
 ⑤フレキをコネクタから外す
 ⑥キーボードとパッドの間のパームレストを指で押さえる
 ⑦⑥と同時に内側からパコパコパッドを押し上げる
 ⑧出来た隙間に何か(指でOK)を突っ込む
 ⑨ゆっくりとパコパコパッドをパームレストから剥がす
 ⑩新しいトラックパッドにフレキを接続する
 ⑪両面テープでパームレストに固定する
 ⑫元通りに組み立てる
で行けました。

Img_1279_r

組み付け完了の図。

注意すべきは③④を慎重に行うこと、⑥を忘れないこと、フレキの扱い(破損注意!)くらいかな?
⑩はコツさえ掴めば簡単です。
とにかくイライラしないことが大切。

⑪で両面テープを貼る場所ですが、パームレストの形状(凹)とパッド底面形状(凸)が結構異なるため、元の位置に貼ってもイマイチ安定しません。
どれくらい違うかというと、

X240_x250

これだけ違います。

そこでパームレストの凹の平面部分に、すこし厚めの両面テープを貼り付けると良いでしょう(パームレストをパッド底面形状に合わせて削るとか、いっそX250のパームレストに交換するとベストなんでしょうけど)

Img_1267_r_2

このあたりに来るように貼る感じで。

あと、⑨でベキベキッ!と剥がさなければ、破壊することなく取り外せます。
勿論再利用も可能です(再利用するとは言ってない)

Img_1283_r

外観はこんな感じです。

ドライバはこちらを適用しました。
マウスのプロパティに

Trackpad

こんなタブが表示されていたら成功。
これで独立した3ボタンとパッドが全て使用可能になります。

いや、ホント、マジで独立ボタン最高です(*´∀`)
これでこそThinkPadです。

■おまけ■

どうせ捨てるからと、壊れたタッチパネルのフィルムを剥がしてみたら、

Img_1284

光沢パネルが出てきた。
保護フィルムで非光沢にしていたのね。

剥がし方のコツですが、カッターなどの鋭利な刃で角を浮かせ、後はゆっくり引っ張って行けば剥がせます。
力を入れるとタッチパネルを割ったり、タッチパネルと液晶パネルを剥離させかねないので注意を。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

【ThinkPad】 X240FHD復活、そして”改”へ

タッチパネルAssyの交換がきっかけとなったX240FHD”改”化ですが、

20150604_01

先程無事完了しました。

タッチパネルは勿論のこと、

20150604_02

X250のトラックパッドも

20150604_03

3G通信もキッチリ動作します。

これだけやっても総額にして約40,000円。
タッチパネルAssyの交換のみで約100,000円掛かることを考えれば、半値以下でプラスαは大きいです。

ビバDIY!

購入パーツや交換作業についての詳しい話は後日書きます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

【艦これ】 づほ

マンスリー任務消化中の2-5で、

Kancolle_20150601_01

11人目の嫁をお迎えしました。

Kancolle_20150601_02

Kancolle_20150601_03

卵焼き生産量UP!

ここまで来たらどこまで貯められるか挑戦だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

【雑談】 新潟・佐渡旅行~第4弾~ 5日目(新潟市内)

新潟・佐渡旅行~第4弾~もいよいよ最終日です。
「新潟・佐渡旅行」と言いつつも、その比率が2:8な時点で、「佐渡・新潟旅行」と言うべきなのかも知れませんがw

この日もやはり、汗もが痒くて目が覚めました。
しかも寝ている間にボリボリ掻きむしっていたようで、痒いのと痛いのが合体してもう大変(;´Д`)
そんな状態なのでやはり弥彦に行くのは止め、白山神社と信濃川だけ回り、早々に東京へ帰ることにしました。

新潟駅から越後線に乗り、白山駅で降りてみると、

Img_1183_r

「え?ここどこ?」

白山駅はすっかり様変わりしていました。

Img_1185_r

連絡通路は地下に移動&エスカレータ完備、

Img_1186_r

改札口も地下に移動し、

Img_1187_r

駅の出口すら地下です。

Img_1190_r

その上、駅前(ロータリー)や、

Img_1192_r

その横のテナント、

Img_1194_r

さらには近くの道路や交差点に至るまで整備されていました。

ちなみに、一昨年訪れた時の駅前(ロータリー)の様子は↓

Img_2001_r

ね?全然違うでしょ?

個人的にはこっちの駅前、駅舎の方が趣があって好きだったので、ここまでガラリと改修されるとちょっと複雑な心境(´・ω・`)

続きを読む "【雑談】 新潟・佐渡旅行~第4弾~ 5日目(新潟市内)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »