« 【雑談】 「しらせ」南極へ向け出港 | トップページ | 【雑談】 横須賀弾丸ツアー 第二弾 ~その2~ »

【雑談】 横須賀弾丸ツアー 第二弾 ~その1~

代休を取得したこの日、横須賀(弾丸)ツアー第二弾を決行しました。
この前行ったばかりじゃんって?
確かに前回から1ヶ月も間が空いていませんが、嗜好に素直な行動を起こす場合、そういうことは気にしたらダメです。

今回の目的は大まかに3つ。
1つ目は軍港めぐり。
前回は見積もりが甘かったがために、二階オープンデッキの後端に追いやられ、素直に楽しめなかったことに対するリベンジです。

2つ目は記念艦「三笠」。
前回は後部区画の見学が巻き進行になってしまったことに対するリベンジと、宮武一貴原画展を華麗にスルーしていたことに対するリベンジです。

3つ目は比叡慰霊碑。
軍艦関係の慰霊碑巡りがライフワークになりつつある私としては、横須賀から少し足を伸ばせば行ける距離にあるこの慰霊碑は、是非参拝しておきたいわけです。

まずは1つ目の目的から。
前回の教訓から、1時間くらい前に並べば一等賞取れるんでね??と考えた私は、

Img_2093_r

出発の1時間前に汐入へやって来ました。
これで1等賞取れなかったら、上には上がいると素直に諦めるしかありません。

まあ、

Img_2095_r

全然余裕で一等賞だったんですけどねw

Img_2098_r

今日は「いずも」が停泊しておらず、代わりに「しらせ」が停泊していますね。

Img_2099_r

その向こうは補給艦「ときわ」が停泊しています。

Img_2106_r

潜水艦も今日は1隻のみ。
陣取るのは右舷か左舷かで思案のしどころですが、「いずも」がいないのであれば右舷で良いでしょう。

Img_2096_r

時間もまだ早いので、周辺を散策します。

Img_2101_r

ということで、旧横須賀海軍工廠のガントリークレーン跡に来ました。
前回帰宅してからそういう歴史のある場所と知ったのがここです。

この先に米軍基地のゲートがあるそうですが、そこまで行ってる暇もない(あまりのんびりしていると折角の一等賞が台無しになる)ので、ここでUターンして桟橋へと戻ります。

Img_2107_r

イッチバーン!

Img_2113_r

Img_2115_r

Img_2105_r

あっちキョロキョロ、こっちキョロキョロしながら待つこと50分。

Img_2121_r

10時の便が戻ってきました。
いよいよ乗船開始です。

Img_2123_r

当然のように二階オープンデッキには誰もおらず、

Img_2124_r

二階オープンデッキの右舷先頭を確保!

Img_2125_r

さあ、クルージングスタートです。

Img_2129_r

何故かこの日のクルーズ船は、

Img_2138_r

海自の潜水艦前を回り込むように徐行しています。

Img_2139_r

それどころか、潜水艦側に船首を向けてかなり接近したりも。

Img_2142_r

その理由は「しらせ」にありました。

Img_2144_r

実は南極へ向けて横須賀を出る、まさにその瞬間が”今”だったんですよ。
それでクルーズ船がしばらく徐行していたわけです。

ちなみに私、まさかそんな一大イベントを間近で見られるだなんて、この日のこの便を予約した時点で全く知りもしません。
大体この便を予約したのだって、単純に30席近く空いていたからなんですよね。

Img_2150_r

Img_2153_r

Img_2178_r

いってらっしゃーい!と、航海の無事を祈りつつ見送る私でした。

Img_2154_r

Img_2152_r

Img_2165_r

「しらせ」を前方に見つつ、船は米横須賀基地前を通過します。
イージス艦は前回同様に見られましたが、ロナルド・レーガンは今回も見られませんでした。

そのロナルド・レーガンですが、前回は入港日を「横須賀のお店の人からこっそり聞くしかない」と書きましたが、その後町田市のHPで情報を公開していることを知りました。
直接の理由は空母の入港ではなく、その艦載機が厚木の米空軍基地に飛来することによる、周辺住民への騒音に対する注意喚起が目的ですけどね。

Img_2166_r

ロナルド・レーガンが停泊する場所にあるあの2基のクレーン、

Img_2168_r

手前は「YOKOZUNA」、奥は「OZEKI」と言うそうです。

アメリカ人らしいセンスですね。

Img_2166

そのクレーンの向こう側。
山陰に2基のクレーンがありますよね?
そのクレーンに囲まれた部分が、信濃を建造した6号ドックです。

以後、前回の投稿では端折った写真をメインに紹介して行きます。

Img_2179_r

まず住友重機械工業のクレーンが見えて来ます。

Img_2184_r

次に日産の工場、

Img_2185_r

横須賀ゴミ処理場、

Img_2186_r

トヨタなどの工場地帯と続き、

Img_2192_r

長浦港の艦隊司令部が見えて来ます。

Img_2194_r

Img_2205_r

船は長浦港をぐるーっと旋回し、

Img_2211_r

Img_2212_r

横須賀本港に向かう水路へ。

水路の左側は吾妻島と言うそうです。
元々は左側と陸続きでしたが、明治時代に船の通行のために水路を設け、今のような島となったとか。
なんでも旧海軍時代は貯油所、火薬庫などがあり、野口英世がコレラの研究をしていたのもこの島だそうです。

Img_2218_r

Img_2220_r

その吾妻島、今は米軍の燃料基地です。

Img_2227_r

Img_2231_r

Img_2239_r

Img_2242_r

Img_2249_r

横須賀基地前を抜け、

Img_2258_r

ヴェルニー公園の横を通り過ぎ、

Img_2261_r

クルーズ終了です。
前回より良い席で見学できたこともあり、充実した45分でした。

そういえば公式HPにも案内看板にも、

Img_2108_r

こう進むと記されていますが、前回も今回も、

Img_2108_1

こう進んでいました(青破線)
つまり長浦港で「Uターン」するのではなく、「αターン」をした形です。
これから乗る方は参考にどうぞ(今後もそうかは不明ですが)

話は脱線しますが、近くの土産物屋にて。

Img_2262_r

どこかで見たロゴがw

Img_2264_r

Img_2265_r

Img_2266_r

Img_2277_r

Img_2284_r

軽くヴェルニー公園を散策し、

Img_2291_r

Img_2293_r

記念艦「三笠」へと来ました。

外観は前回来た時にこれでもかと撮影したので、今回は三笠の奥を散策します。
いわゆる「三笠ゲート」側です。

-つづく-

|
|

« 【雑談】 「しらせ」南極へ向け出港 | トップページ | 【雑談】 横須賀弾丸ツアー 第二弾 ~その2~ »

横須賀」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109943/62698895

この記事へのトラックバック一覧です: 【雑談】 横須賀弾丸ツアー 第二弾 ~その1~:

« 【雑談】 「しらせ」南極へ向け出港 | トップページ | 【雑談】 横須賀弾丸ツアー 第二弾 ~その2~ »