« 【雑談】 ”耳貧乏”な私ですら抜け出せない罠 | トップページ | 【雑談】 出張がてらの呉、江田島、そして宮島(その2) »

【雑談】 出張がてらの呉、江田島、そして宮島(その1)

昨年の11/22~24、2年振りの呉・江田島へ行って来ました。
艦これの秋イベも仕事も一段落したので、記憶が新しい内(もう十分に薄れていますがw)に記事にしておきます。

言うまでも無く今回も出張”ついで”です。
出張がついでなのか、旅行がついでなのかについてはノーコメントですw

あと、今回もデジカメとスマホの写真が混在のため、それぞれで解像度が異なります。
予めご了承下さい。

【11/21(月)】

Imag0145

この日は出張先から呉への移動です。

思いがけず出張先を早々に解放されたことで、呉には予定より4時間以上早く来ることが出来ました。
とはいえ、既に15時を過ぎており、主要な観光施設はあと2時間もせずに店じまいです。
要は中途半端な時間。

そこで、

Imag0165

Imag0168

「かたおか」の佐世保バーガーをゲット(要予約)することと、

Imag0159

呉中央桟橋まで出向き、明日からの船券をゲットするのみにしました。

購入したのは2DAYクルーズというチケットです。
3500円のこの船券さえあれば、呉-江田島航路、江田島-宇品航路、宇品-宮島航路が2日間乗り放題というスグレモノ。
今回の旅行の場合、船賃だけで7000円を超える計算ですから、めちゃくちゃオトクです。
むしろこの船券の存在を知ったお陰で、宮島まで足を伸ばそうと考えたわけですけどね。

で、その日はそのまま夜遅くまで艦これをやったことは言うまでもない(E-3甲突破)

【11/22(火)】

火曜日は大和ミュージアム、てつのくじら館、艦船めぐりなど、呉の多くの観光施設がお休みです。

Imag0172

そういう時こそ江田島観光です。

しかもこの日は第四火曜日。
第四火曜日といえば、術科学校で陸奥の四番砲塔を間近に見学できる日です。
もはや行くしかありません。

ちなみに術科学校には2年前にも訪れていますが、その時はまだ団体さん(またはそれに便乗)のみ陸奥の砲塔が見学可能で、その日は団体さんが居なかったためにそれが叶いませんでした。
それが今年から「第二、第四火曜日は陸奥の四番砲塔見学」「それ以外は教育参考館の館内見学」に変わりました。
その結果、この日は陸奥の砲塔、翌日は教育参考館館内というプランが立てられた訳です。

せっかく江田島に来たのですから、術科学校の見学時間まで寄り道をします。
ということで、まずは2年振りの大淀慰霊碑から。

Img_4584

大淀慰霊碑までの道順ですが、小用港からバスで江南橋まで行き、そこから湾に沿って5分ほど歩きます。

Img_4586

すると↑のような案内が道路の左側にあるので、

Img_4587

道路を挟んだ反対側のこの堤防へと進み、さらに3分ほど歩くと、

Img_4590

大淀慰霊碑に到着です。

Img_4591

まずは合掌(-人-)

2年前と何も変わらず、何故か一安心。

Img_4595

模型も2年前と変わりなく何より。

Img_4596

大淀が大破着底したのはこの辺りですね。

Img_4603

大淀慰霊碑から道端の案内まで戻り、その近くの停留所「山田」からバスに乗ります。

Img_4605

「海上ロッジ前」でバスを降り、これも2年振りとなる軍艦利根資料館を目指します。

Img_4608

まずは利根公園で合掌(-人-)

Img_4613

軍艦利根資料館に。

Img_4614

いきなり何スかこれwww

Img_4615

利根ちゃん、大淀ちゃん缶バッジが気になるw

私はこのゲームのこと全く知らないので、利根ちゃんだとか大淀ちゃんだとか言われてもピンと来ません。

Img_5614

だから買う。

Imag0187

Imag0186

おー、なんだか懐かしい。

Img_4619

Img_4623

Img_4643

Img_4646

Img_4616

2年ぶりとなる今回は展示物を軽く見るに留め、

Img_4624

資料関係を読むことに時間を割きました。
前回は駆け足過ぎて、満足に読んでいなかったので。

Img_4648

模型の下にふと見つけたこのハシゴ。
実は利根のラッタルだったりします。
あまりに無造作に置かれているので、てっきりなんでもないハシゴかとw

次は術科学校です。
「海上ロッジ前」から直接「術科学校前」へ向かうバスはあるのですが、時間の都合で乗れません。

Img_4651

そこで今回も、遙か向こうに見える中町桟橋から出る、大君経由(江田島の南端)のバスに乗ります。
術科学校までは約1時間のバス旅です。

と、ここで事件が発生しました。
この日は天気が良く気温も高めということもあり、「術科学校前」まであと少しの所でうとうとしてしまい、車内アナウンスの「○○学校前」ってのが聞こえて慌てて飛び降りたところ、二つ前の「江田島小学校前」でしたw
2年前も同じルートで術科学校に向かっているはずが、まさかの大失態です。

バスが停まった瞬間、「あ、ここじゃない!」ってすぐに気付いたんですよ。
ただ「あ、間違えました」の一言が、変なプライドに守られて口から出なかっただけ・・・
何という無用なプライド。

バスを降りたのは10時21分です。
そして術科学校の受付の締め切りが10時30分です。
なんと残り9分しかありません。
バスで2駅3分の距離を、死にものぐるいで走った走った(;´Д`)

結局、受付終了1分前に滑り込みセーフでしたが、汗が止まらないわ腰が痛いわ膝が痛いわで大変でした。
膝にいたっては旅行の間中痛みと違和感が残り続け、階段の上り下りに影響が出る始末。
年は取りたくありません(ノ∀`)

Img_4657

とまあ一悶着ありましたが、今回は陸奥の砲塔を間近に見られる日ということもあり、そんな事件なんてぺぺぺのぺ!です。

Img_4666

まずは大講堂から。

Img_4675

Img_4667

NHKドラマ「坂の上の雲」のロケ地としても有名です。
ドラマの中で本木雅弘演じる秋山真之が、下士官らに艦隊戦術を教えていましたよね。

Img_4680

次に幹部候補生学校庁舎(旧海軍兵学校生徒館)

Img_4687

ここもドラマやアニメでご存知の方も多いかと思います。

Img_4690

そしていよいよここからが今回の目玉。
前回とは違う見学ルートです。

Img_4696

まずは表桟橋。

海上自衛隊(旧海軍)の場合、海側が正門になります。
海上自衛隊の将官は此方から上陸します。

そして、

Img_4700

三年式45口径40センチ砲キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

これですよ!これ!
大和ミュージアムの前で砲身だけは何度も見ましたが、砲塔ごと見られるなんてこの瞬間だけですよ!

Img_4703

Img_4708

Img_4717

Img_4709

大艦巨砲主義の象徴、是非間近で見て下さい。
写真じゃ何も伝わりません。

砲塔の傍には他に、

Img_4701

Img_4705

Img_4704

12.7センチ高角砲、

Img_4702

Img_4719

安式四十口径六吋砲、

Img_4712

Img_4716

Img_4715

Img_4711

九二式四連装魚雷発射管も置かれていました。

感無量であります!

Img_4726

見学もいよいよクライマックス。
教育参考館前の展示物を見学します。

Img_4728

大和の九一式徹甲弾と三景艦の主砲弾、

Img_4740

Img_4755

Img_4750

甲標的(真珠湾から引き揚げられたもの)、

Img_4752

Img_4753

海龍、

Img_4733

Img_4735

Img_4734

九三式酸素魚雷、

Img_4736

Img_4737

九二式魚雷、

Img_4738

Img_4739

九一式航空魚雷、

Img_4730

Img_4731

雪風の主描、

Img_4745

ガ島への砲撃で使用されたとされる一式徹甲弾、

Img_4747

Img_4749

安式四十口径六吋砲(陸奥砲塔の傍らにあったものと同じ)を見て、言葉には表せないほどの充実した見学は終了です。

この後は一路宮島へ向かいますが、その前に。

Img_4802

江田島クラブの2Fに立ち寄ります。

Img_4769

Img_4774

Img_4766

Img_4781

Img_4764

ここも凄い空間だった!

Img_4811

宮島へは小用港→宇島港(広島)、宇島港(広島)→宮島と船を乗り継ぎます。

Img_4820

宮島に着いたのは15時過ぎ。
帰りの船の時間の関係で、結構早歩きでの見学です。

Img_4821

え?鹿!?

宮島は普通に野生の鹿がいるんですね。
知識が無くて何事かと思いましたw

Img_4824

Img_4826

見渡す限りの人!人!人!
この日は祝日前の平日ですよ?
さすが日本を代表する観光地だなぁ。

Img_4828

おー!大鳥居だ!

Img_4832

早速参拝します。

Img_4841

Img_4843

Img_4837

Img_4844

Img_4857

荘厳とはまさにこのこと。
心が洗われます(洗って落ちる汚れかはさておき

Img_4865_3

傷む膝を庇いつつ(ここ重要)階段を登り、五重塔も間近で見学します。

Img_4869

傍には千畳閣(豊国神社)があります。
中を見学することも可能ですが、ここに来て疲労がピークになったため断念しました。

Imag0261

そう言えば朝から何も食べてないのも疲労の原因かもなぁと、宮島名物「ねり天」を食すことに。
ベーコン大好き人間の私は迷わずアスパラベーコンをチョイス。

この後、宮島港→宇品港、宇品港→小用港、小用港→呉中央桟橋と移動し、ホテルに戻りました。
この日は結構頑張ったなぁw

で。
夜遅くまで艦これをやったことは言うまでもない(E-4甲削り。しかも酎ハイ片手)

-その2へつづく-

|
|

« 【雑談】 ”耳貧乏”な私ですら抜け出せない罠 | トップページ | 【雑談】 出張がてらの呉、江田島、そして宮島(その2) »

呉・江田島」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109943/64743815

この記事へのトラックバック一覧です: 【雑談】 出張がてらの呉、江田島、そして宮島(その1):

« 【雑談】 ”耳貧乏”な私ですら抜け出せない罠 | トップページ | 【雑談】 出張がてらの呉、江田島、そして宮島(その2) »