« 【雑談】 出張がてらの呉、江田島、そして宮島(その2) | トップページ | 【雑談】 ”最速”の嫁 »

【雑談】 出張がてらの呉、江田島、そして宮島(その3)

【11/24(木)】

旅行最終日は大和ミュージアム、てつのくじら館、呉艦船めぐり(2日連チャンw)です。

Img_5090

ということで大和ミュージアムから。

Img_5093

Img_5096

Img_5101

一昨日陸奥の砲塔を見たばかりということもあり、屋外の展示物も「ふーん」な感じw

Img_5128

ちょうど「呉の人びとと戦艦大和の記憶」という企画展が開催されていました。
が、写真撮影禁止とのことなので、

Img_5130

出口付近の記念撮影用セットのみw

この企画展の見所は、呉海軍工廠で撮影された、多くの軍艦の写真だと思います。
改修前であったり、修理前であったり、何れもネットでも滅多に見られないものばかりでした。
これのために+300円を出す価値はあります。

Img_5131

企画展の後は常設展示を見学します。
まずは1/10 大和。

Img_5135

Img_5136

Img_5140

Img_5148

Img_5152

Img_5360

Img_5365

Img_5362

Img_5370

Img_5377

大和ってつくづく美しい船ですね。
心底そう思います。

Img_5165

Img_5161

石坂浩二氏が寄贈した長門の軍艦旗が展示されていた場所に、今回はミズーリの主砲塔カットモデルなどが展示されていました。
そう言えばしばらく前に、戦艦ミズーリ記念館と姉妹館協定を締結していましたね。

ミズーリと言えば、映画「バトルシップ」ってお馬鹿映画ですよねぇw
ああいった映画を素で作れるのがアメリカの凄いところだと思いますw

以後、館内の写真を適当に貼り付けて行きます。
(2年前の投稿で散々貼り付けたので、今回は端折り気味で)

Img_5182

まず「呉の歴史」から。

Img_5188

Img_5189

Img_5198

Img_5200

Img_5213

Img_5222

Img_5255

Img_5246

Img_5248

大和潜水調査に関する展示物がやや変更されていました。
前回見た、海底の大和の状態を再現したジオラマが無くなっていました。

Img_5332

次は大型資料展示室。

Img_5277

Img_5281

Img_5324

Img_5327

Img_5330

Img_5302

Img_5283

零式艦上戦闘機六ニ型(爆戦)と栄三一型エンジン、

Img_5294

Img_5295

Img_5323

海龍、

Img_5284

Img_5285

Img_5288

46センチ九一式徹甲弾、同三式弾、41センチ九一式徹甲弾など。

Img_5309

そう言えば前回来た時に甲標的の撮影用カットモデルが置かれていた場所に、一式陸攻の火星二一型が展示されていました。
つい半年前に山本五十六記念館で翼端を見たばかりということもあり、感無量でした。

Img_5321

回天は遺品関係が撮影禁止(だったはず)なので、遠目に。

Img_5338

2Fの特別展示コーナーでは観艦式に関する展示が行われていました。

Img_5341

Img_5343

Img_5352

その傍らには艦船模型がずらっと展示されていました。

Img_5375

大和シアターは今年行われた潜水調査の映像が上映されていました。
実はこの映像、1Fの○○コーナーでも同じものが観られます。
ですから此方は時間によって石坂浩二氏ナレーションのあの映像を流して欲しかったですね。

Img_5387

大和ミュージアムを後にし、てつのくじら館へ。

Img_5390

ここも2年前の記事で多くの写真を掲載したので、今回は端折り気味に掲載します。

Img_5392

2年前と大きく変わっていたのは、エスカレーターを上がってすぐのペルシア湾で回収された機雷が撤去されていたことでした。
見ての通りスッキリしています。

Img_5393

Img_5396

Img_5400

Img_5401

Img_5406

それ以外は2年前から変化無し(だと思う)

Img_5428

Img_5431

Img_5434

Img_5451

Img_5456

Img_5458

3Fの展示物も変化は無いようでした。

Img_5474

いよいよ潜水艦あきしおの艦内見学です。

Img_5478

Img_5483

Img_5481

Img_5485

Img_5484

Img_5490

Img_5496

Img_5497

Img_5498

Img_5508

Img_5511

艦内見学って何歳になってもワクワクしますねw

Imag0337

最後に1Fの売店。

ここである異変に気付きました。
なんと帽子のところに貼り付けられていた、艦娘のイラストが一切無くなっているじゃありませんか。
さらに、てつくじきゅんグッズも全くありませんでした。

一体何が!?

Img_5524_2

なんだ、新たなオリキャラ推しに変わっただけかw

Img_5537

最後は呉艦船めぐりで〆。

Img_5540

Img_5543

Img_5549

Img_5554

Img_5555

Img_5568

Img_5575

Img_5579

Img_5581

Img_5582

Img_5591

Img_5604

横須賀、舞鶴、そして呉と艦船めぐりを体験して来ましたが、やはり呉は別格ですね。
迫力が違います。
しかも停船をしたり、微速前進でゆっくり見る時間まで与えてくれますから、もはや言うことありません。
オススメです。

呉艦船めぐりへの乗船を考えている方にアドバイスです。
夕呉クルーズですが、往路は左舷に陣取って下さい。
何故なら、往路のみガイド付きでゆっくり見学が出来るからです(復路はガイド無しで全速力で桟橋に戻るだけ)
船が自衛隊の桟橋前で転進を始めたら、今度は右舷に移動して下さい。
船は右舷を桟橋側に向けて停船し、その状態で自衛隊旗降納を見学することになるからです。
つまり往路は左舷、自衛艦旗降納の瞬間は右舷が正解です。

対して、夕呉クルーズ以外(つまり日中帯)は、終始右舷が正解です。
往路は左舷ばかり優遇されてんじゃん!と思いがちですが、自衛隊の桟橋前で船が転進した後は右舷が桟橋側になり、以降はそのままゆっくりと桟橋を舐めるように進みます。
空いているなら往路は左舷、復路は右舷と席を移動するのもアリです。

Img_5613

最後にお土産晒しです。
「大和の人形焼き」、「大和ラムネ」、「間宮羊羹」、「デフォルメ大和」は大和ミュージアムで購入、兵学校カレー(スプーン付き)、布バッグ(写真なし)は術科学校で購入しました。
あ、あと海上ロッジで大淀ちゃん、利根ちゃん缶バッジねw

|
|

« 【雑談】 出張がてらの呉、江田島、そして宮島(その2) | トップページ | 【雑談】 ”最速”の嫁 »

呉・江田島」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109943/64744249

この記事へのトラックバック一覧です: 【雑談】 出張がてらの呉、江田島、そして宮島(その3):

« 【雑談】 出張がてらの呉、江田島、そして宮島(その2) | トップページ | 【雑談】 ”最速”の嫁 »