« 【艦これ】 新妻感 | トップページ | 【WoWs】 はいふりコラボトークショー in 三笠 »

【シン・ゴジラ】 蒲田くんの足取りを追う(地元ゆえ)

今週の頭にBlu-rayが届いたので、蒲田くんの足取りを追ってみることにしました。
”自分の足”ではなく”Google先生”頼みで。

20170321_00

手がかりはこれ。

20170321_01

20170321_02

多摩川から呑川に入った蒲田くんは、一路蒲田を目指します。
手始めに東糀谷の橋をぶっ壊し、

20170321_03

20170321_04

国道131(産業道路)の手前まで進みます。

20170321_05

ここまではこんな感じです。
(赤矢印が蒲田くんの侵攻ルート、白矢印+白数字はカメラ目線)

20170321_06

20170321_07

蒲田くんは蒲田市街近辺で上陸します。

蒲田五丁目の交差点を突っ切り、

20170321_08

20170321_09

そのまま駅に向かってズルズル進みます。
(画像中のケンタは私が愛用する店舗)

20170321_10

20170321_11

汁ばしゃー!はパチンコ屋の近く。

20170321_12

蒲田市街地の侵攻ルートはこんな感じでしょう。

20170321_13

20170321_14

蒲田市街地の後、池上通りを北上する姿が映されます。
場所は品川歴史館の傍ですね。

20170321_15

次に「南大井三丁目」と書かれた交差点を通過しますが、実はこの交差点は実在しません。あるのは「南大井三・六丁目」、そしてそこにファミマは無し。
アドリブですかね?

20170321_20

20170321_21

その直後がとんでもなく謎。
なんと旗の台の近くを”南下”する姿がw

20170321_22

距離的に環七でしょうね。
が、その方向に逃げ遅れた家族ごと倒壊するビルが見当たりませんし、これもアドリブかな?

20170321_30

いよいよ品川(私の勤務地)です。

20170321_31

20170321_32

蒲田くんは北品川で品川くんに進化します。

ちなみにこの近くにあのマリカーがあります。

20170321_33

20170321_34

品川くんは京急沿線を北上し、

20170321_35

”UST(浦賀サイドターン)”で有名な八ツ山跨線橋の手前へ。

どうでもいい話ですが、雨天時は品川駅の手前で信号待ちが多く発生し、橋の上で品川方面の列車が停まるんです。
すると橋の向こう(品川くん側)にある踏切を防ぐ形になり、さらに品川からの浦賀方面列車の通過も重なり、結果的に開かずの踏切となります。
運転手からすれば「この急いでいる時に!」でしょうねぇ・・・

20170321_36

またまたどうでもいい話。
飛翔するAH-1Sの向こうに私の勤務先のあるビルが!

20170321_37

20170321_38

チラっと背中を見、「背中めっちゃ熱っ!!」と叫んだ(ように見えるw)品川くんは、海へと逃走を図ります。

20170321_39

が、実はその方向に道路は無く、あるのは駐車場のみ。
ここもアレンジということで。

20170321_40

そして無事海へ逃げ延びることができました。

20170321_50

品川での一連の動きです。

最初に目撃されたカメラポイント①の後、何故か別ルートで北上する姿が映ります(カメラポイント②)
カメラポイント②の付近で品川くんに進化し、八ツ山跨線橋の近くまで進み、ビルぶっ壊して天王洲アイル付近から東京湾に脱出、と。

20170321_100

一連の動きを正直ベースでまとめるとこうなります。
なんかもうメチャクチャw
破線のところは・・・シラネ('A`)ノ

環七から池上通りへ進んだと仮定したのは、騒動の翌日にJRが通常運転していたことによります。つまりJRのレールは破壊されていないというわけです。
JRのレールを踏みつけずに池上通りへ抜けるには、環七の高架を渡るしかありません。

うーん。巨災対の提示した侵攻ルートは間違いだらけだな!

|
|

« 【艦これ】 新妻感 | トップページ | 【WoWs】 はいふりコラボトークショー in 三笠 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109943/65061124

この記事へのトラックバック一覧です: 【シン・ゴジラ】 蒲田くんの足取りを追う(地元ゆえ):

« 【艦これ】 新妻感 | トップページ | 【WoWs】 はいふりコラボトークショー in 三笠 »