カテゴリー「音楽」の12件の投稿

【I've】 Bizarrerie Cage

今年の正月に武道館で行われた『I've in BUDOKAN 2009』で、MELLさんが初披露したあの曲です。
エロゲの『真説 猟奇の檻 第2章』の主題歌で、久々に”昔の”I'veの曲って感じがしてオススメです。
I'veの作る陵辱系の主題歌って、まさにこういうノリだったじゃないですかー。

そんなわけで、ありがたいことにゲームDVD(の入手経路は聞かないでw)に「主題歌」というフォルダがあり、そこにちゃっかりFull Ver.とShort Ver.が転がってました。
謎の「BGM.lpk」ファイルの中に格納されてなくて良かった良かった。
(このファイルの展開ツールもあるにはあるんですが、ウェストサイドってとこで買うしかないんですよねぇ)

で。
今更エロゲはやるつもり無い・・・あー、でも横田守氏だしなぁ。
ちょっとだけ遊んでみようかなぁ。


『Bizarrerie Cage』

 作詞 : 松島詩史
 作曲 : 井内舞子
 編曲 : 井内舞子
 唄 : MELL

取り繕う現実 取り戻せぬ蜜月
奪われていた真実 与えられた満月
(この痛みを)

逃げ場の無い闇と (行(ゆ)き場の無い)
その祈りすら引き裂くこの猟奇の檻で

(愛を)
明日さえ夢見ぬなら 信じぬなら
(何時も(いつも))
全てを そう 無くしても
(いつか)
この手で犯せるなら 殺せるなら
(あなたを)

引き返せぬ運命 引き裂かれた人形
囁いていた睦言 償(つぐな)われた贖罪
(この嘆きを)

行(ゆ)き場のない愛と (逃げ場の無い)
その祈りすら切り裂く この狂気の檻で

いつか あなたを

(愛を)
罪さえ許せるなら 望まぬなら
(何時も(いつも))
全てに 身を 委ねても
(いつか)
この手を穢(けが)せるなら 誇れるなら
(あなたを)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

【I've】 とったどー!

『I'VE in BUDOKAN 2009 ~Departed to the future~』先行予約チケットの抽選に当選したぞー!!

運が良ければ先行予約分。ハズしたら一般販売。それにしてもかなりの競争率になるんだろうなぁと思っていたので、先行予約分でスンナリ取れたことは素直に喜ばねばヽ(´ー`)ノ
いや~、良かった良かった。

『I've in BUDOKAN 2005 -Open the Birth Gate-』の時とは異なり、今回は東京在住の身。
前回はそれのためだけに豊橋からわざわざ上京し、交通費だの宿泊費だのグッズ購入だのでチケット代込みで5万以上すっ飛んだんですが、今回は戸越の自宅から出撃ということで交通費は微々たるもの、宿泊費は一切掛からず!
その分、1月1日のグッズ販売に投入する弾薬を多く確保できる!
まさに東京在住万々歳ですな(笑)

ところで。
チケットが1枚余っているので、誰か一緒に行かないかい?
必要なら連絡ぷりぃず。

※ チケット代は自腹です(´・ω・`)

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

【I've】 PSI-missing



ご存じのように、『とある魔術の禁書目録』のOPです。

久々にI'veらしい、いかにもエロゲで使われてそうな曲だな~と思いました。
例えるなら、陵辱系のテーマソングのような。
うむ、実にカッコイイ曲!

ところで最近のI'veって、KOTOKOさんによる電波系ソングばかりだと思いません?
数年前のI'veなら電波系はほとんど無かったのにね。
まあそれが今のI'veといえばI'veなんでしょうけど、昔の曲(特にAKIさんの曲)を聴いていると、そのあまりの変貌ぶりになんか寂しい気持ちに・・・
歌姫がメジャーデビューをしたこと、昔ながらのI'veスタッフが抜けてしまったことが最大の原因なんでしょうね。

何はともあれ、GENEONの意向?のせいで、今のI'veはKOTOKOさん+電波系ばかりで、正直お腹一杯。
『SHORT CIRCUIT II』なんかは、KOTOKO嬢のアルバム?と勘違いするほどKOTOKO嬢ばかりでしたもん。
『SHORT CIRCUIT』は良かったのになぁ。

誤解無きように補足しますが、私はKOTOKOさんも好きです。
ただ昔からのI'veファンとしては、「I've=KOTOKO」になりつつある今の状況を、受け入れられないだけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

アリプロ好き!

『コードギアス 反逆のルルーシュ』のOP『勇侠青春謳』は聞きました?
曲調はアリカさんご自身が仰っているように『愛と誠』に通ずる物がありますが、私は『亡國覚醒カタルシス』の”色”もかなり混じっているような気がしました。

かなり良い曲なのデス!

ところで、『ローゼンメイデン オーベルテューレ』のOPもアリプロなんですね。
タイトルは『薔薇獄乙女』とか。
”薔薇”、”獄”そして”乙女”。
う~ん、タイトルからして、また(良い意味で)考えさせられる曲に違いない(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

iTunes7がああああああ

先日、iPodの新型の発表と同時にiTunesが7にバージョンアップしました。
そこで早速インストールしてみたんですが、曲を再生すると音飛び(継続的なノイズ?)が酷く、曲が満足に再生されません。
なんじゃこりゃあ!と思い検索してみると、↓のページにまさにその不具合に対する記事を発見しました。

http://www1.atwiki.jp/itunes/pages/23.html

どうやらサウンドドライバを最新版にするか、iTunes6に戻すと良いらしいです。
ふむふむ。
しかし新しいもの好きな私が、わざわざiTunes7を6に戻すなんてするわきゃない(笑)
ってことで、早速ONKYOのホムペから最新ドライバを拾い、インストールしてみました。
するとさっきまでの状況が一変し、正常に再生されるようにヽ(´ー`)ノ
良かったのう。

それはそうと、iPod5G持ちのくせにiPod5.5Gが欲しい!
5G売って買い換えるのもメンドクサイし、5.5Gだけ買い換えるお金もないし、ファーム更新で我慢しておこ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

COLLECTION SIMPLE PLUS (ALI PROJECT)

このCD、限定版と通常版の2種類があり、限定版にはミュージッククリップDVDが同梱されており、通常版には追加トラックとして『亡國覚醒カタルシス [orchestral crowd ver.]』が収録されています。
む~ん・・・どっち買うべきか悩みますよね?
私はDVD観たさに限定版を買いましたが、宝野アリカさんがご自身のHPでこの『亡國』について、

  ティンパニーやホルンなども入った総勢40名、男性コーラスあり
  これまでで最大となる「亡國オーケストラ」である。
  もちろんボーカルも録り直し、絶好調のMyマイクの成果か
  さらにパワフルな「亡國」

  いや~、ちょっと、なんか、凄いかも。
  聴いたあと、あまりに凄すぎて笑っちゃう人続出。
  くふふふ。
  絶対的に一聴の価値アリ!

と書かれているのを見てしまい、我慢出来ずに通常版まで買ってしまいました(笑)
それで聴いてみた感想ですが・・・

自分の耳で聴いてみよ~

とだけ言っておきましょう。
いや、ホント、マジでスゴイっす!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

I've in BUDOKAN 2005 ~Open the Birth Gate~

数日前に買ったまま放置だったので、今日昼から通しで観ました。
私って、ライブ映像(ビデオなりDVDなり)を観ることに関しては好きでもないし嫌いでもないしな人間で、たとえ観ることがあっても本腰を入れて最後まで見続けることが出来ないんですよ。
途中で飽きるというか、ね。
このDVDは違いましたね。
あの日、あの瞬間、あの場所に私がいたこともあるんでしょうけど、最初から最後までディスク交換以外では一度も止めず、ぶっ通しで観てしまいました。
映像を観ながら手を振り上げたり、拍手をしたり、そして感動のあまり涙を流したり。
あの時の感動が呼び戻される、まさにそんなDVDです。
チケットを買えずに涙した人も、時間とお金が無くて行けなかった人も、是非購入して観て下さい。
これが、我らがI'veの新しい軌跡なのです。

最後の「大I'veコール」には本当に泣けて来ましたよ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

Red fraction

「う・・・歌えない・・・orz」

歌詞を目で追えない時点で、私には到底無理(ノ∀`)
『Hello、VIFAM』(銀河漂流バイファム)とか『ガリアン・ワールド』(機甲界ガリアン)とか『DOPO IL SOGNO ~夢のあとに~』(GUNSLINGER GIRL)とか、外国語オンリー(もしくは外国語だらけ)でも”歌詞を目で追える曲”は大抵フィーリングで歌いきるんですが、『Red fraction』だけはぜ~~~ったい無理と判定(笑)
それにしても、やっぱりMELLさんスゴイです。
ユーロビートのボーカルをしているだけのことはあります。
I've歌姫と言えばKOTOKOさんや川田まみさんが有名ですが、私はダンゼンMELLさんです。
この方の歌唱力は、I've歌姫でもグンを抜いています。
I've&MELLさん最高!!

ところで。
話は変わりますが、『DOPO IL SOGNO ~夢のあとに~』と言えば、元ネタの『Après un rêve/夢のあとに』(フォーレ)です。
アリプロスキーは既にご存じかと思いますが、この『Après un rêve/夢のあとに』という曲、アリプロも『夢のあとに APRÈS UN RÊVE 』としてカヴァーしています(アルバム『Wish』に収録)
んで、アリプロの『夢のあとに APRÈS UN RÊVE 』を一度聴いてみて下さい。
マジで背筋がゾクゾクしますよ?

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

波紋広がるアニメイトの姿勢

まあI've sound explorerさんの特設掲示板を見て下さいな。
I'veの武道館ライブのチケット販売、かなり大騒ぎだったようです。

http://www.ivesound.jp/cgi/board/board.cgi?no=1

東京の店舗では数千人並んで、しかもTBSが取材に来たとか。
名古屋店も開店前に整理券が無くなったそうですし、こういうときは適度に都会で適度に田舎の豊橋っていいですね(笑)
13時頃にまだ購入出来たそうです(スタンド2Fの後列らしいですが・・・)

しかし今回のチケット販売、アニメイトの不備がかなり目立ちましたね。
アニメイトtv通販による注文受け付け後の一方的なキャンセル、一部店舗の徹夜黙認、従業員への先行闇販売、店舗毎の販売枚数の差(店舗によって4枚とかもあったらしい)など・・・
一連の不備に対する今後のアニメイトの動向が気になります。

そうそう。
私が購入した内の一枚は、当日買えなかった(開店時間は寝ていたらしい・・・)みのさんに買われていきました(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

I’ve武道館チケット買えた!

豊橋店は余裕でした。
開店前(9時55分頃)に30人ほど並んでいただけ。
私が整理券を貰った時点で誘導係の店員が手に持つ整理券にまだ余裕があり、開店後は整理券無しで列に並んで買える状況でした。
パッと見、豊橋店の販売枚数は80枚くらいあったかも。

ま、無事に買えて良かったですよ
こういうときは田舎だと楽です(笑)

ちなみに、通販ページ未だに繋がらず(;・∀・)

Image1

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧