カテゴリー「ThinkPad」の24件の投稿

【ThinkPad】 X240FHDの液晶がまた死んだ

昨年4月。液晶に縦線が入っていることに気付き、保障が切れた直後だったためタッチパネルAssy(FRU 00HM111)を個人輸入し、交換したことは以前書きました。
「その後は至って順調」と続けたいところですが、実は昨年11月、また縦線が入っていることに気付きました。
前回同様、左から4センチくらいのところに。

我が家のX240FHDの使用頻度からすると、前回も今回も、延べ2週間程度の使用で縦線が出たことになります。
なんともついてない(´・ω・`)

実は、AmazonのリファービッシュらしきX240(HDモデル)のレビューには、購入直後から液晶に縦線が現れたとの報告が多数挙がっています。
私のX240FHDも初期が00HM111、交換したのも00HM111とどちらもX240用のものでしたから、もしかするとこの病気に該当しているのかも知れません。
ちなみに別の情報によれば、X250からは改良版液晶を使っているらしく、X240の縦線問題は解消されたとか何とか。
交換するならそっちが良かったなぁ・・・と今さら。

というわけで、X240FHD@縦線を何とかしなければ行けないわけですが、交換するにしてもまた25000円とか掛かりますし、交換したところで二度と縦線が出ない保障はありません。
しかも以前の投稿でも書いたように、そこらで売ってるX240の液晶は何故か画像がYogaのもので、本当にX240用が届くのかすら怪しいモンです。

そこで、

X250fhd

キコキコキーン!
X250FHD!しかもi7モデルー!

いやだって、時同じくして36%OFFの大バーゲンが始まるんだもの。
乗り換えですよ、乗り換え。

X250FHDの購入により、X240FHDは液晶不良のジャンクで売却するつもりでしたが、

X240fhd

結局、タッチパネルAssyを交換し、完全復活w
だってほとんど使っていないのにジャンク扱いで二束三文ってのは勿体無いんだもの・・・

ちなみに今回購入したタッチパネルAssyはFRU 00HN747で、これはX250のものと同一です。
お値段は送料込みで15000円。
前回が22000円でしたから、7000円近く安いことになります。

前回はフロントストラップベゼルをlenovoから購入しましたが、今回は再利用することにしました。
ボッタクリ手数料+送料込みで5000円近くになり、非常に勿体ないのでねぇ。

その浮いた5000円はというと、作業時の配慮不足でテッカテカになってしまったトップカバーの新品交換で、あっと言う間に飛び去りましたとさorz

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

【ThinkPad】 大改造!!劇的ビフォーアフター ~X240FHD改~

■タッチパネルAssy■

Img_1253_r

Img_1255_r

Img_1256_r

購入したのはFRU「00HM111」です。

購入はAliExpressの業者さんから。
込み込みで約22,000円。
レノボの見積もりが約80,000円なので、1/4程度ですね。

安っ!

今回タッチパネルAssyを購入するにあたり、苦労した点を簡単に書いておきます。
今後購入される方の参考になれば幸いです。

今回私がlenovoから受理した見積もり書には、「FRU 00HN747へ交換」と書かれていました。
そこでまず、このFRU「00HN747」をネット上で探してみたのですが、在庫終了なのか一般流通されていないのか、ほとんど見かけません。

やむなく互換品を探すに至ったわけですが、ヤフオクやeBayで見かける「X240用タッチパネル」は、

00hm745_2

ほとんどがこの形状のものばかり(FRU「00HM745」と読み取れる)

FRU「00HM745」はX250パーツリストに掲載されていますし、X250とほぼパーツの互換性のあるX240でも使えないわけが無いと思いがちですが、実はそこに落とし穴があります。
この画像はX240用ではなく、Yoga S1用のタッチパネルなんですよ。
しかもAssyに含まれるはずのタッチパネルPCBすら見当たらないと来たもんだ。

商品説明に「X240用」と明記されていても、送られてくるものが画像と同一のものであるなら、当然X240では使用できません。
画像は単なる使い回しで、実際はX240用を送ってくれることが保障されるのであれば良いのですが、個人販売はその辺がイマイチ信用できません。

じゃあ、そもそもどれを買えば正解なのさー?

X240とX250のパーツリストとネットで販売されているものをにらめっこした結果、

 ・FRU「00NM111」
  X240パーツリストに記載あり。
  ウチのX240FHDに実装されていたのはこれ。

 ・FRU「00HN747」
  X240パーツリストに記載あり。
  入手困難?

 ・FRU「00HN748」
  X240パーツリストに記載あり。

 ・FRU「00HM745」
  X250パーツリストに記載あり。
  ヤフオクやeBayで良く見かける。

こんな感じにまとまりました。

FRU「00HN747」はほとんど見かけない。
FRU「00HM745」は商品画像がYoga S1用なのでちょっと避けたい。
そんなこんなで最終的に購入となったのが、AliExpressで売られているものだったわけです。

購入の決め手は、画像的にX240用タッチパネルであること、商品説明にもX240と書かれていること、且つFRU「00HN748」はX240パーツリストにも掲載されていることでした。
さらに販売者からも使用中の機種を聞かれたので、これでX240用タッチパネルが届かなかったら何かの悪い冗談ですw

そして届いたものは此方が求めるものでした。
画像通りにタッチパネルPCBも付属していますし、形状もX240のそれです。
細かいことを言えば、届いたものはFRU「00HM745」ではなくFRU「00HM111」だったことくらいかな?

いよいよ交換作業ですが、保守マニュアルに従って分解・組立をするだけです。
ええ、ホントそれだけですw
上半身を外すこと無く交換することも可能なので、配線類を取ったり付けたりが面倒な人は挑戦してみても良いかも知れません(ソースは私)

分解にあたっては、保守マニュアルに記載されていない手順が必要になります。

まず一つ目。
タッチパネルPCBに接続されているコネクタを外す必要があります。

Img_1261_r

コネクタは↑の赤丸部分に接続されています。
実はこれ、X250の保守マニュアルには記載されているのですが、何故かX240のものには記載がありません。

二つ目。
取り外したタッチパネルAssyから、金属製のステーを取り外す必要があります。

Img_1262_r

↑の赤丸部分の両面テープで固定されているので、ステーを変形させないように丁寧に剥がします。
外したステーは新しいタッチパネルで再利用します。

■フロントストラップベゼル■

Img_1273_r

FRU「04X4004」です。

このパーツは一体何ものか?ですが、タッチパネルAssyの裏に貼り付け、液晶カバーにタッチパネルAssyを固定するためのものです。
非タッチパネル搭載モデルの、フロントベゼルに相当するパーツと考えればOKです。

両面テープが再利用不可能のため、保守マニュアルでも新品への交換を要求しています。
まあ実際のところ、代替両面テープさえ何とかなれば再利用できるんですけどね。
テープの強度とか厚さとか考えるのが面倒だったので、大人しく購入しました。

レノボパーツセンターで購入しました。
込み込み約4,700円也。

高っ!

つか、レノボパーツセンターは送料手数料をボッタ過ぎ。1,600円って・・・

Img_1275_r

タッチパネルAssyにベタっと貼り付けて作業完了です。

補足すると、保守マニュアル上はこれともう一つ、「I字型ベゼル」(FRU「04X5362」)の交換も必要と書かれています。
しかしパーツセンターにも既に在庫が無いらしく、交換したくても購入が不可能という現実です。
とはいえ、交換が必要になる理由ってのが固定用の両面テープにあり、そもそもこのパーツ自体が爪でちゃんと固定されるものなので、実際は再利用可能でしたとさ。

■WWANカード■

N5321

購入したのは「Ericsson N5321」です。
以前購入した「GOBI5000」はNGでしたが、今回は大丈夫でしょう(技適マークもあるし)

購入元はこれまたAliExpressの業者さんで、込み込みで約5,500円也。
「GOBI5000」の時の半値以下だよ、こりゃ・・・

取り付けですが、ボトムカバーを外せばM.2スロットが目に飛び込むので、そこにカードを挿したら赤と青のアンテナ線を接続して終了です。
(既にアンテナ線があること前提)

Img_1278_r

こんな感じに。

あとはSystemUpdateで自動的にドライバが適用され、問題無く電波を掴むはずです。

■独立3ボタン式トラックパッド■

Img_1265_r

Img_1267_r

左がそれ、右がパコパコパッドです。

eBayやAliExpressでも良かったのですが、他のパーツに比べて発注タイミングが遅くなり、送料とか到着日数とか考えたらヤフオクでもいいんじゃないの?と妥協しました。
込み込みで約9,000円。
妥協したので高くも安くもなく。

ネットでは、キーボードまで分解してからの作業を推奨している方もいれば、ボトムカバーとフロントバッテリーのみ外して交換に成功している方も見受けます。
私は基本めんどくさがりな人間ので、とりあえず後者で試行し、ダメなら前者という方針にしました。

結果、
 ①ボトムカバーを外す
 ②フロントバッテリーを取り去る
 ③ロールケージの黒いフィルムを剥がす
 ④さらにもう一枚黒いフィルムを剥がす
 ⑤フレキをコネクタから外す
 ⑥キーボードとパッドの間のパームレストを指で押さえる
 ⑦⑥と同時に内側からパコパコパッドを押し上げる
 ⑧出来た隙間に何か(指でOK)を突っ込む
 ⑨ゆっくりとパコパコパッドをパームレストから剥がす
 ⑩新しいトラックパッドにフレキを接続する
 ⑪両面テープでパームレストに固定する
 ⑫元通りに組み立てる
で行けました。

Img_1279_r

組み付け完了の図。

注意すべきは③④を慎重に行うこと、⑥を忘れないこと、フレキの扱い(破損注意!)くらいかな?
⑩はコツさえ掴めば簡単です。
とにかくイライラしないことが大切。

⑪で両面テープを貼る場所ですが、パームレストの形状(凹)とパッド底面形状(凸)が結構異なるため、元の位置に貼ってもイマイチ安定しません。
どれくらい違うかというと、

X240_x250

これだけ違います。

そこでパームレストの凹の平面部分に、すこし厚めの両面テープを貼り付けると良いでしょう(パームレストをパッド底面形状に合わせて削るとか、いっそX250のパームレストに交換するとベストなんでしょうけど)

Img_1267_r_2

このあたりに来るように貼る感じで。

あと、⑨でベキベキッ!と剥がさなければ、破壊することなく取り外せます。
勿論再利用も可能です(再利用するとは言ってない)

Img_1283_r

外観はこんな感じです。

ドライバはこちらを適用しました。
マウスのプロパティに

Trackpad

こんなタブが表示されていたら成功。
これで独立した3ボタンとパッドが全て使用可能になります。

いや、ホント、マジで独立ボタン最高です(*´∀`)
これでこそThinkPadです。

■おまけ■

どうせ捨てるからと、壊れたタッチパネルのフィルムを剥がしてみたら、

Img_1284

光沢パネルが出てきた。
保護フィルムで非光沢にしていたのね。

剥がし方のコツですが、カッターなどの鋭利な刃で角を浮かせ、後はゆっくり引っ張って行けば剥がせます。
力を入れるとタッチパネルを割ったり、タッチパネルと液晶パネルを剥離させかねないので注意を。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

【ThinkPad】 X240FHD復活、そして”改”へ

タッチパネルAssyの交換がきっかけとなったX240FHD”改”化ですが、

20150604_01

先程無事完了しました。

タッチパネルは勿論のこと、

20150604_02

X250のトラックパッドも

20150604_03

3G通信もキッチリ動作します。

これだけやっても総額にして約40,000円。
タッチパネルAssyの交換のみで約100,000円掛かることを考えれば、半値以下でプラスαは大きいです。

ビバDIY!

購入パーツや交換作業についての詳しい話は後日書きます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

【ThinkPad】 X240FHDの液晶が死んだ模様

それに気付いたのは新潟・佐渡旅行の直前でした。
旅先でタブレットを使っての艦これ@春イベは無理があると思い、どうせキャリーバッグだし多少荷物が重くてもいいやと、X240FHDを久々に起動してWindowsUpdateを始めました。

それから数分後。
液晶の左から4センチほどの場所に、何やら水色のノイズっぽい縦線が走っているではありませんか。
最初はドライバかな?と思ったんですが、起動時のlenovoロゴのところでもそれが確認できるため、ドライバでは無さそう。
試しにLCDケーブルの抜き差しをしましたが好転しないため、こりゃ液晶パネル故障の可能性が高いなぁ・・・

ちなみにウチのX240FHDの保証期間は、今年の3月で切れています。
つまりギリギリアウト!w
ソニータイマーならぬレノボタイマー発動ってところでしょうか?(´・ω・`)

旅行から帰り、早速lenovoに修理を依頼したところ、渡された見積もり額はなんと「101,218円」!!
これってあと8万も足せば、割引き適用価格のX250FHDフルスペック仕様が買える額ですよ?
さすがにこれは無いなぁ。

この際だからX240FHDはジャンクとしてオクに出し、その売却金を足してX250FHDフルスペックをとも考えましたが、そもそもX240FHD自体がほとんど未使用品(外出時の持ち出しはタブレットがメイン)なので、ここで手放すのはちょっと勿体ない。
しかもこんな使用状況ですから、たとえX250FHDを入手しても、”第二の宝の持ち腐れ”は確定です。
しかも完動品のオク相場を考えると、30,000円になれば御の字というレベル。

こりゃ色々勿体ない。

ということで、液晶パネルを自分で交換することにしました。
オクで送料別24000円と、この程度の額なら許容範囲です。
あとどうせバラすので、1年前に断念したWWANカードの搭載にも再挑戦しようかと企んでいます。
(あの時は海外仕様カードで、ピクトは立っても電波が掴めなかった)

修理のキャンセル料(7,120円)は故障箇所の特定の費用と諦めます(´・ω・`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

【ThinkPad】 T61pのWindowsUpdateがかなり前からコケていた

液晶パネル交換の一件以来、久々に立ち上げたついでにとWindowsUpdateを実行を試みたところ、「現在サービスが実行されていないため、Windows Update で更新プログラムを確認できません」というエラーが出ます(ノ∀`)
こいつぁ手に負えないと判断し、

http://answers.microsoft.com/ja-jp/windows/forum/windows_7-windows_update/win7windows/3377d564-2426-40ff-a04c-d19c5e07e4e7

に書かれていることを全て実行しましたが、全く改善しません(´・ω・`)

とりあえずログ(c:\windows\Windowsupdate.log)を確認したところ、どうも昨年の11月から「0xc8000247」エラーでコケていたようです。
次に「0xc8000247」で検索してみると、「HDD交換」というキーワードがヒットします。

はて?HDD交換?

うーん・・・
確かにT61pのHDDは交換しましたが、それってオクで購入してすぐの事だから、昨年11月より遥か前のはず。
しかもWin7をクリーンインストールした直後のWindowsUpdateは動いていたから、HDD交換が直接の原因では無さそう。

ますます混乱してきたので、開き直って直球勝負の「T61p WindowsUpdate できない」で検索してみると・・・

おお!
T61pで同様の問題に直面し、解決された方がいらっしゃるではありませんか!

http://hey.air-nifty.com/blog/2011/01/windows-updatew.html

なるほど。「インテル ラピッド・ストレージ・テクノロジー」(Intel RST)のバージョンが古い事に起因しているのですね?
試しにAHCIドライバを削除してみると・・・

おお!WindowsUpdateのエラーが消えた!

原因もわかったことですし、早速Intel RSTの最新版をDLしてインストールしようと試みたところ、今度は「プラットフォームが対応していない」とか文句言われます(´・ω・`)
やむなく最終リリースバージョンから遡って行き、「Ver.10.1.0.1008」のインストールが正常終了した事を確認した後、WindowsUpdateも正しく行えることを確認!

以上を以て、本件は一件落着ですヽ(´ー`)ノ

結局諸悪の根源は、lenovoのSystemUpdateで勝手に落ちてきた、「マトリクス・ストレージ ・マネージャ」(Intel RSTの前身)って事なんでしょうね。
SystemUpdateに任せてインストールし、行き着いた先がこれじゃあねぇ・・・

疲れた(´・ω・`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

【ThinkPad】 T61pが壊れた

昨年10月のことでした。

自社でT61pを使って仕事中、なんか徐々に液晶の輝度が落ちて行ってるような気がするなぁと思っていたら、ついには蛍光灯を点けない夕暮れ時の部屋のような暗さに(´・ω・`)
「あー、バックライトが寿命かな?」と思いつつそのまま作業を続けていると、しばらく後、ついに完全な真っ暗闇になってしまったではないですか(ノ∀`)

これは久々のバックライト交換かー!?
はたまたインバータ交換かー!?

とりあえず故障箇所の切り出しの意味で、インバータの交換から始めました(バックライトの交換が面倒だからなんて事はw)
T61pのインバータは、ヤフオクでは中古しか出回っていない上、その中古ですら送料別で1,000円前後もします。
対してebayでは、新品が送料込みで900円程度で買えます。
海外からの発送になるので、国内で買うより到着日数は掛かりますが、ここは無難に新品をチョイス。

注文から1週間程度でインバータが到着し、早速交換しましたが、液晶は真っ暗なまま。
うーん。
これはバックライト交換コース確定ですねw

さて。
T61pの液晶パネルはLG製とSamsung製があり、輝度はLG製の方が輝度や精細さで若干優れているそうです。
我が家のT61pの液晶パネルはSamsung製でした。
そこでバックライトの交換ではなく、LG製に丸ごと交換する事にしました(バックライトの交換が面倒だからなんて事はw)

早速楽オクでLG製「LP154WU1-A1K1」を購入したわけですが、実際に送られてきたのはSamsung製「LTN154U2-L03」でした。
出品者(中国人)曰く「互換があるから試して下さい」。

いやそうじゃなくてね?
「LP154WU1-A1K1」と商品説明に書かれていて、こっちはそれを指定買いしたはずなのに、何故「LTN154U2-L03」送られて来るの?って話をしているの。

しかも「LTN154U2-L03」は光沢パネルで、私が欲しかった非光沢パネルではありません。
非光沢なら妥協しても良かったんですけどね。
それを伝え交換を要求すると、1週間ほどで交換品が届きました。

ま た S a m s u n g 製 が。

更なる交換を要求したところ、「LP154WU1-A1K1」は欠品しているとの事で、全額返金で対応しますとの事。
結局、T61pをバラしてから約1ヶ月。ただ時間を無駄に使っただけ・・・

気を取り直し、検索で見つけた「denchi.org」という店で、注文し直すことにしました。
勿論LG「LP154WU1-A1K1」です。

01

↑は商品ページです。
「LP154WU1-A1K1」と書かれていますよね?

届いた商品も、

02

箱に「LP154WU1-A1K1」と書かれていますね。

03

って、おいいいいいぃぃぃぃ!

中身がちげええええぇぇぇぇ!ヽ(`Д´)ノ

これは何かの冗談だろうと思い交換を要求すると、

> we sincerely hope you can accept the item
> becuse it is compatible
> pls try to install it on your laptop
> If it doesnt work, we will resend or refund
> If you insist on sending it back, the shipping cost is payed by the custome

こんな返事が来ました。
要は楽オクの出品者と同じく、「互換性があるから試して」ってこと。

は?

楽オクの出品者といいこの販売元といい、どうして揃いも揃って適当思考というか、お気楽極楽な脳みその持ち主なんでしょう。
国内の店なら、互換品を送って上等!な売り方しませんよ。
まあ実際「中国人はいい加減な人が多い」と、会社の中国人女性も言っていましたが・・・

「送料負担するから送り返せ」と書いてあることですし、とっとと送り返すことにしました。

商品が相手先に届いたのは、それから2週間ほど後。
最初の購入から数えると、35日程度経過した頃でした。
paypalのクレーム対応期間が45日ということを考えると、交換品の発送を待たずに返金要求を上げる事も考慮すべきです。
とはいえ、散々「LP154WU1-A1K1」と交換しろと伝えた事ですし、さすがに次はキッチリ送ってくるでしょう・・・と考えた私がバカでした。

> yes we have received your item yesterday
> and it is being tested in the factory
> after testing, we will resend or refund

「工場でテスト」って何言ってやがるんでしょうね?
初期不良交換というならともかく、完全に商品管理上のミスにより発生した交換だから、工場でテストとか不要だと思うんですが。

それから2週間近く経っても音沙汰が無いので、さらに問い合わせてみると、

> sorry for that
> pls just wait for a few days
> because this is the New Year season
> lots of items need to be dealt with

どうやら何としても工場でテストをするつもりですね?

それだけではなく、

> So sorry to say we can not afford the returning postage or provide a free
> post label. According to our company policy, when we received your returning
> item, then we will have a technical check about the item, after that we
> can make a replacement or a refunding for you. Please don't worry about it,
> send it back please, so that we can deal with the issue earlier.

へ、返送費用は払えないだとっ!?

ちょっと待てーい!
交換を要求したのはこっちの都合ではなく、おまいらが送る商品を間違えたからだろーがwww

大体返品ポリシーに、

04

こう書かれているし、今回の一件が店側の責任に因るものならば、初期不良と同じ扱いになって然りのはず。
そのように以前のメールにもって、あー・・・
ここに来てようやく「the shipping cost is payed by the custome」の意味がわかりました。
この店が「LP154WU1-A1K1」を発送する際の費用を指してた訳ね?

ふ ざ け ん なwww

以降、私が負担した費用を請求しても「ごめんなさい。払えません」の一点張り。
paypal口座番号を教えても一向に入金しない。
その内こちらからのメールに対して、数週間前に送って来たものと全く同じ内容のメールを送って来た挙げ句、既に荷物が届いているにも関わらず、

> pls send it back so that we can resend or refund

「荷物を送れ」とまで言い出す始末。

駄目だこいつ・・・早くなんとかしないと・・・

とはいえ、これ以上は個人の力だけでは、埒が明かないことが明白です。
かと言って既に購入から50日以上が経過しているため、paypalは何の助け船も出してくれません。
実際、「45日以上経過しているため対応出来ない」と断られましたから(ノ∀`)

そこで最後の頼みとばかり、カード発行会社に相談すると、すぐさま調査しますとの返答を頂きました。
さすがカード発行会社。困った時は頼れる存在だなぁ。

それから2週間ほどが経過し、何やらスウェーデンから荷物が届きました。
身に覚えのないスウェーデンからの荷物の正体は「LP154WU1-A1K1」、つまり交換品が届いた訳です。
さてはカード会社が調査に動き出したから、慌てて発送したな?w

結局、私が負担した返送費用(約2,000円)は返って来ないままになり、掛かった費用は総額で約9,000円になりました。
しかし元々の購入価格が送料込みで7,300円と言うことと、国内で買っても9,000円程度掛かることから、実は大損したって訳ではありません。
さらに、ヤフオクや楽オクあたりで送料込み9,000円程度で売られている「LP154WU1-A1K1」のほとんどが、実はSamsung製の互換品である(実際に問い合わせた)ことを考えれば、確実に「LP154WU1-A1K1」が買えたことで良しとしましょう。

とまあここで終わったら「終わりよければ全て良し」なのですが、実はこれにはまだ続きが。

嬉嬉として新しい液晶パネルに変えたのですが、まだ真っ暗なままです。
当然インバータも交換済みです。
なのに何故か真っ暗(´・ω・`)

うーん・・・

ここで、あることに気付きました。
LEDインジケータが無線LANと無線PANのみ点灯し、それ以外が消えているんですよ。

つまり、

05

↑の部分が全滅なんです(図は死ぬ前)

それだけでありません。
Bluetoothまで認識しなくなっているじゃないですかw
正しくは、インバータとBluetoothカードへの電源供給が、一切行われていないんです。

こうなると考えられることは一つ。
チップヒューズの断線です。
実際に分解して確認したところ、液晶ケーブルのコネクタの傍のヒューズが1つ、断線していることがわかりました(実はこれ以外にもあるかも)
これじゃあ液晶パネルやインバータを交換しても直るはずがありませんね。

しかし困りました。
いくら電子工作が好きとは言え、長さ2ミリ、幅1ミリ程度のヒューズをハンダ付けする技を、私は持ち合わせていません。
しかも強烈な乱視のせいで、細かいパーツなんぞルーペでも無ければ満足に見ることすら出来ません。
さらに言えば、そんな細いコテ先のハンダゴテも持ち合わせていません。

ダメだこりゃあ・゚・(ノ∀`)・゚・

結局、無難にebayで中古のシステムボードを購入(送料込み約11,000円)し、

06

全バラシからの改修作業の末、

07

液晶の復旧に成功!(*´∀`)
ちなみに今回買ったシステムボードは、T61pの持病であるGPU周りのトラブル対策品(44C3930)なので、中古といえどもこれでしばらく大丈夫でしょう。

何だかんだで、あと少し足せば、中古のT61pが丸々買えるだけの出費をしちゃったというオチ\(^o^)/
色んな意味で、このT61pへの愛着が増しましたw

最後になりますが、「denchi.org」はショップなので、安いからと飛びついたら痛い目を見ますよ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

【ThinkPad】 X240FHDが届いた

注文から約2週間でした。

X240_01

X240を手にとって最初に感じたのは、今までのThinkPadらしさはどこ?でした。

私が現在所持しているのはX41、T60、T61p、X200、X201です。
これらはlenovoロゴを付けてはいても、いかにも「これぞIBM。これぞThinkPad」という機種でした。
X240にはそれが無いんですよね。

アイソレーションキーボードもそう。メタリック調のパームトップもそう。液晶のラッチが無いこともそう。
なんかこう何から何までThinkPadらしさが失われている感じです。
良く言うなら今風?

一番”らしさ”が無くなったと思ったのはトップカバー。

X240_02

何と伝統(?)のピーチスキン加工が施されていないとわ!
これには「えええ!?」でした。

あの手触りが好きだったのに・・・(´・ω・`)

X240_03

「あ、これThinkPadなんだ」と思える瞬間は、この赤ポチを見た時くらいですね。

それでも、いかにもビジネス向けノートという、まっ黒で飾りっ気のない佇まいは、間違いなくThinkPadである証です。
なんか安心しましたw

今回フルHDを選ぶにあたり、私が一番気にしていたのは文字の大きさでした。
強烈な乱視の私にとって、15インチWUXGA(1920×1200)のT61pのモニターですら、目を細める事が多々あったので。

しかしそんな不安もどこへやら。

X240_04

全然見える!

むしろLEDのバックライトが明るいので、T61p以上に見やすい!
しかもドットが細かいので、画像が綺麗なこと綺麗なこと!

1366×768のX240を慌てて買わなくて良かったと、心底思った瞬間でしたw

X240_05

ネタついでに付けたキーボードバックライトも、明るくて真っ暗闇の中でも操作がラクチンそうです。
バックライトは二段階に明るさを調整できます。

次に16000円以上も掛かったタッチパネルについてですが、私はこれを付けずしてどうする!?と言い切りましょう。
場合にもよりますが、それほどあると無いとでは、操作性が段違いなんです。

特にブラウジング。
Android同様の操作が可能なので、マウスやタッチパッドを操作する必要がありません。
片手でひょいひょい操作する事ができるので、ベッドで寝ころびながらとか、新幹線の中で椅子にふんぞり返りながら操作するのには最適です。

勿論、艦これも捗ります(結局そこかwww)

当たり前ですが、Core i7-4600U+RAM8Gなんだから、サクサク動きます!

ダブルタップで拡大・縮小するから便利ですね。
勿論スワイプやピンチイン・アウトが可能なので、Androidスマホ同様に直感的に操作できます。

やべ。
ますますWin8タブが欲しくなってきた。

そんなわけで、冬のボーナスが一気に消し飛んだ買い物になりましたが、その分の見返りは十二分にありました。
やっぱX240FHD買って良かったわ(*´∀`)

惜しむらくは、国内版にはSIMオプションが無いことですね。
X240のWWANカードは、まだ国内では流通していないようですし、安SIMを使えるようになるのはまだ先ですね。

さて。
良くわからないWin8.1のUIとしばし格闘した後、とっととSSDに換装しました。

今回購入したSSDはこちら。

X240_06

東芝のHDTS225XZSTA(バルク品)です。

X240は9mm厚のHDDが搭載できること、東芝製SSDが評判良いという理由で、これに決めました。
お値段は17480円也。

今回初めてのWin8.1ということで、WinXPやWin7とは勝手が違い、色々試行錯誤がありました。
そこで自分への覚え書きと、同じように悩む方たちへの参考の意味で、何点か書き残しておきます。

■リカバリメディアの作り方

http://support.lenovo.com/ja_JP/research/hints-or-tips/detail.page?AliasID=SF12-D0247

 

あと、Win8以降は何度でもリカバリメディアを作成できるんですってね。
いちいち設定ファイルを書き換えなくても良いから便利ですこと。

■フロントバッテリーの無効化

結構落とし穴でした、これ。
バッテリーを外して、ACアダプタを抜いて、それでOKかと思いきや、実はそうではないと言う。
フロントバッテリーの無効化は、BIOSから行う必要があります。

「Config」→「Power」→「Disable Built-in Battery」と辿り[Enter]キーを押し、「Setup Configuration」のワーニングダイアログで「Yes」を選択します。

■ところが[F1]キーでBIOSに入れない!

どうやらWin8のシャットダウンの仕様に因るものらしいです。

詳しくは↓
http://support.lenovo.com/ja_JP/detail.page?LegacyDocID=SF13-T0025

■SDカードからブートができない!?

リカバリメディアはSDカードにも作成できるのですが、何故かX240内蔵のSDカードスロットからのブートができません。
別途、USB接続のメモリカードリーダの準備し、そこからブートする必要があります。

【1/20追記】

エクスペリエンスインデックスの結果と、SSDのベンチ結果を貼り付けておきます。

X240

X240_ssd

SSDの速度、メインPCの1.5倍以上速いジャマイカ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

【ThinkPad】 ムラムラして買った

後悔なんて、あるわけない。

ってことで、ThinkPad X240のフルHD版をポチってしまいましたよ。
本当はDELLのVenue 8 Pro(Win8.1タブ)を買うつもりだったんですけどね。

艦これ用に。

しかし、DELL直販(SIMリーダー付きはここでしか買えない)でちーっとも受注が開始されないし、そんな矢先にX240のフルHD版が30%OFFで買えることを知ってしまい、こりゃ買わなきゃ後悔するでしょー、と。
元々X240のフルHD版は買うつもりだったので、これはこれで正しい選択!
し、衝動買いじゃないよ!

ちなみに、Venue 8 Proをスルーしたからと言って、Win8.1タブを諦めたわけではありません。
今狙っているのは、Z3770+フルHD+USB3.0+LTE/3G SIMスロット搭載という、現時点での最強スペックを持つThinkPad 8です。
1月末にも国外で販売開始らしいので、個人輸入してやろうかと考えています。

艦これ用に。

つまり、先日の新幹線での安SIMテストは、この為の布石だったんだよ!
な、なんd

話を戻して、X240の話。
注文したのは1月5日で、今日現地工場からの出荷完了メールが届きました。
あと1週間前後で我が手元にヽ(´ー`)ノ

注文したX240のスペックは↓

CPU インテル Core i7-4600U プロセッサー (2.10GHz, 4MB, 1600MHz)
OS Windows 8 (64bit)
ディスプレイ 12.5型FHD液晶 (1920x1080 LEDバックライト 光沢なし IPS) マルチタッチ
メモリ 8GB PC3-12800 DDR3L
HDD 500GB 7200rpm
キーボード 日本語キーボード(バックライト付き)
WLAN インテル Dual Band Wireless-AC 7260 + Bluetooth 4.0
指紋センサー あり
フロント・バッテリー あり
バッテリー 3セル
内蔵カメラ あり
スマートカードリーダー なし

どうよ?かなり盛っているデショ?
ディスプレイはマルチタッチを選択しましたが、本当に必要なのか?と問われたら、実はかなり微妙なところです。
まあ折角買う以上、後になって「あー・・・あの時」とならないように、勢いでツケチャッタ感じですねw
HDDが控えめなのは、後々のSSDへの換装を前提としているからです。

ここまで盛っておいて、何故スマートカードリーダーは乗せなかったのか?
答は、全く使わないからです。
というのは建前で、実は付け忘れただけなんて言えない(;・∀・)

そして気になるお値段ですが、この構成で21万円のところを、なんと30%OFFの15万円程度!
30%OFFって偉大デスネ(;゚∀゚)=3

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

【ThinkPad】 WWANカードと無線LANカードを変更した

先日、X200にMod BIOSを適用しました。
その理由は、純正BIOSが認めているWWANカードや無線LANカードを実装すると、”1802エラー”が発生してしまい、OSが立ち上がらなくなるからです。
これを回避するため、”1802エラー”回避BIOSを適用しました。

では、なぜ!1802エラー”を回避する必要があるか?
それはしばらく前に書いたように、

> F3507gは、SMS対応SIMでのみデータ通信が可能で、IIJmioのSIMはSMS非対応だからダメー。

である事が最大の理由です。
一旦は

> まあGPSは問題なく動くし、F3507gはGPSオンリーということで割り切れば、特に問題はないんですけどね。

などど書いたはものの、やっぱりモヤモヤしているんですよw

そこで最適解と考えたのが、X201と同じQualcomm製Gobi2000の実装と、その為の”1802エラー”の回避BIOSの適用!すでのな
これでIIJmioのSIMをX200でも使えるようになり、モヤモヤが消えるという寸法です。

実はGobi2000にするメリットはもう一つあります。
エリクソンのF3507gとは異なり、SIMが挿されていない状態でも、GPSが使えるということです。
そもそもThinkPadのGPSを使う事自体がレアなので、どうでもいいメリットとも言えますがw

というわけで、”1802エラー”が回避できるなら、ついでにWiMAX/WiFi Link 5350もCentrino Advanced-N+WiMAX 6250に変更することに。

001

画像でSSDの上に乗っているのが6250です。
手前の5350に比べたら小さいですね。

これによりウチのX200は、Centrino Advanced-N+WiMAX 6250とGobi2000という、X201と同じ無線環境になりましたヽ(´ー`)ノ

ところがここで問題が発生。
なんとWin7の起動に、ものすごーい時間が掛かるようになったんです。
しかもやっとWin7が立ち上がったと思えば、今度はマウスカーソルがカクカク止まり、HDDランプが点灯しっぱなしになる事があります。
それだけならまだしも、青画面すら出るように(´;ω;`)

これは変だなと思いベンチを回したところ、どえれぇ時間を掛けて表示された結果は、

 Seq READ Ave 57.32MB/s
 Seq WRITE Ave 8.506MB/s

などという数字(´・ω・`)

このタイミングでまさかのSSD破壊!?

まさかと思いながら、今度はセーフモードでベンチを回したところ、

 Seq READ Ave 250.1MB/s
 Seq WRITE Ave 157.3MB/s

この結果に。
何度回してもこれに似た数値になります。
SSD問題ないじゃん(;´Д`)

となると、犯人は6250かGobi2000だなーとさらに調べていくと、犯人は6250でした。
正しくは、6250のドライバ。
それがSSDに悪さしていたんです。
まさか無線LANカードがSSDに影響を及ぼすとは、思いもよりませんでした。

仕方がないので、WiMAX/WiFi Link 5350とGobi2000という構成で妥協です。
6250せっかく買ったのになぁ(´・ω・`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

【ThinkPad】 X200のWWAN(F3507g)のこと

しばらく前にIIJmioのSIMを入手し、これでウチのX201、X200にはワイヤレス通信の死角はないぜ!と意気込んでいたら、X201はすんなりHSPAもGPSもOKなのに、何故かX200はHSPAもGPSもNGという有様orz

ちなみにX200のWWANカードは「Ericsson F3507g」。
所謂SIMロック品ではなく、れっきとしたIBM(lenovo)純正のSIMロックフリー版です。
なぜ・・・?(´・ω・`)

状況としては、そもそもSIMカードを認識していないっぽいです。
デバイスマネージャ上ではF3507gをきっちり認識しているのに、何故かSIMカードだけが認識されていない。
しかも、WWANインジケータまで点灯しないから不思議。

色々調べていくと、こういう事でした。

■SIMカードを認識しない理由■
単純にSIMスロットの端子が、SIMに接触していなかっただけ。
何故そうなのかについては至って簡単。
私がSIMを取り付けていないSIMアダプターをスロットに突っ込んで、それを取り出す際に端子を曲げちゃったから(ノ∀`)
針でちょいちょいと端子を起こして事なきを得ましたが、X200ってSIMスロットがシステムボードに直付けなので、もしSIMスロット破損ともなると、システムボードを交換ってことになりかねないんですよねぇ。
おっかないおっかない。

■インジケータが点灯しない理由■
SIMカードが挿されていないと、インジケータはウンともスンとも言わないようで(´・ω・`)
X201のGobi2000はSIMを挿していなくても点灯したのに、F3507gは違うんですね。

まあ何にせよ、これで無事SIMカードを認識し、WWANのインジケータも点灯するようになりました。
GPSもHSPAも動・・・あり?
GPSは動くのに、HSPAだけ動かないんですががが。

基地局は認識するのに、接続時にやれプロバイダーが見つからないだ、やれアクティベーションが済んでいないだと、エラーになってしまいます。
恐らくこうなんだと思います。
F3507gは、SMS対応SIMでのみデータ通信が可能で、IIJmioのSIMはSMS非対応だからダメー。

まあGPSは問題なく動くし、F3507gはGPSオンリーということで割り切れば、特に問題はないんですけどね。
そもそも外に持ち出すのはX201の方ですから。
まあどうしてもとなったら、1802エラー回避BIOSを入れて、Gobi2000への入れ替えを考えましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|